FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2000RIMツアー
お久しぶりでございます。


週1テニスですが定期的に試合に出ることで
それなりに充実したテニスライフを送れているような
そんな気がしてます。


そんななか
全日本ベテランでかなり上位に行った
という方のラケットを
格安で譲ってもらいまして。

それが題名の
2000RIMツアー
です。
 (SL3です)

フェイス:95平方インチ
重量:320~334g (SL)
バランス:300mm
パターン:縦16×横18


事の真偽は別として
懐かしの名品が格安で手にはいるなら
と即決で購入。

試しに打ってみると意外に使いやすくて
最近はもっぱらコレを使っています。
試合もコレで出ています。


総重量は350gを越えるんですが
手前すぎるバランスのおかげか
取り回しはラクちんです。

コーチから常々ダメ出しされている
押すような、持って行くような打ち方をすると
とても気持ちがいいです。

さらにバックハンドのスライスが
異常に気持ちいい。

元々のセッティングに準じて
ストリングを緩く張っていることもあるのですが
ラケットフレームから感じる
 (ような気がする)
柔らかさのおかげで
フラット面で球を押すスライスが
すごくイメージしやすいです。


実はこのラケットのフレーム自体は
特筆するほど柔らかい訳ではない
という話も聞いたことがありますが
打った感じだけで判断すると
間違いなく柔らかく感じます。

ゆったりとしたスイングでも
球を一度掴んでから放す感じがするので
弾きすぎてアウトする怖さがありません。

緩く張っているのも関係しているでしょうが
他のラケットで同じセッティングにしても
きっとこの感じにはならないと思います。



一方で問題もありまして。

しばらく使いこんだところ
フレームの真ん中付近に薄い亀裂ができました。

ただの塗装割れならいいのですが
場所が場所ですし
 (スイートスポット付近)
RIMシリーズはフレームが脆いという評判ですし
とても気になるところです。

あと、中古ラケットショップを探っても
なかなか出てきません。
 (たまに見かけても重さやグリップが合わない…)

すごく気に入ったから
コスメ違いの同モデルを2本買いましたが
 (後から出た中国製の青と銀のヤツです)
 (コスメ的には今使ってる台湾製の青緑っぽいほうが好き)
その次があるかどうか。


意地を張らずに
リバイバルモデルとでも呼ぶべき
neomax2000
を使えばいいのかもしれませんが
なんとなく引っかかるものがあり
手を出せずにいます。

それだったら後継モデルの
ダイアクラスターリム1.0
のほうがいいのではないかと
考えたりして。
 (コレもなかなか出てこないのですが)

悩ましいところです。

人気blogランキングへ おそらく誰の役にも立たないインプレになりましたが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



ラケット関係 | 21:41:56 | Trackback(0) | Comments(2)