■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
身体感覚
毎年秋に利用者の方々を連れて
宿泊活動をしています。

早い話が旅行なんですが。

割と人数が多い施設なので2回に分けて
今その準備にあたっています。


この宿泊は
利用者の方々に楽しんでいただくだけではなく
我々職員にとっても貴重な体験になると
私は考えています。


『楽しんでいただく』
なんて書きましたが
旅慣れしていない方
中には極端に変化に弱い方がいたりするので
宿泊中はいろいろ起こるわけです。

起こらないにしても
見守るだけでかなり気を使います。


そんな時に私が一番頼りにするのは
データとか障害特性ではなく
自分の感覚です。

『勘』とか『センス』に近い気もしますが
そう言い切ってしまうと
少しズレてしまうように感じています。

日常の支援においても頼りにしていますが
基本的に同じようなことをする支援の場よりも
こういった非日常の支援の場のほうが
頼る割合がグンと高まると思います。





この旅行で言えば
次のトイレ休憩では何かが起こりそうな気がする
この班はこのあと大変になりそうな気がする
今お土産コーナーで何かが起こりそうな気がする





こんなにはっきりしていませんが
文字で表すとこういうようなことを
なんとなく感じるのです。

それなりの集中が必要とされるのも
大事なポイントだと思っています。


この感覚がどれだけ当たっていたか
正確に確率を出したことはありませんが
この感覚に従ったことで大失敗になったということは
ないように思います。

むしろそういう何かを感じながら
今自分がやっていることを優先してしまい
大事になってしまったという経験はいくつも思い出せます。

その時自分がやっていたことは
他の誰かに頼めることだったりするので
余計に深く後悔するのです。



こういった感覚は
持っている人は持っているし
持っていない人は徹底的に持ってない。

ちなみに私自身でいうと
持ってなくはないけど人並程度
のレベルだと思っています。

人並ではありますが
自分の感覚を意識して利用者の方々と向き合うことで
鍛えたり研ぎ澄ましたりすることは
可能ではないかと考えています。



別にそんなモノを持ってなくても
ちゃんとした支援はできるのです。

むしろそんなモノを前提にしたような
それに寄りかかった支援など
あってはならない。

でも私は
この感覚を極めたい
極める必要があると感じているのです。



本来無くてもいいようなものに
なぜこだわるのか。
正直、自分でもわかりません。


無理矢理に言語化するなら
自分の意志を伝えることに大きなハンデを抱えている
重度の知的障害を抱える彼らに対して
その意志をくみ取ることが我々の使命のひとつであり
そのために感覚の鋭さが必要だと考えるから
かな?


彼らを『支援する』ことそれ自体は
目的ではなく
彼らの意志が受け止められ
社会の一員として暮らしていくための
手段でしかない。

であるならば、我々支援者には
支援を形作る力とともに
彼らの声無き声を聞き取る力が必要になるはず。


一見まとまっているようで
なんだかボヤケた表現にしかなりませんが
それこそ私の『身体感覚』が身体感覚を鍛える必要を感じているのです。


身体感覚

前にも書きましたが
丸坊主的バイブルに認定された
この本にはヒントが詰まっています。
『身体感覚』という表現やその説明が
私にはスッと胸に落ちました。


『邪悪なものの鎮め方』
内田樹著

よろしければご一読あれ。

人気blogランキングへ 結局よくわからない記事になりましたが、よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
福祉の仕事 | 10:05:10 | Trackback(1) | Comments(1)

FC2Ad