■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
市民大会(予選②)
4R:2‐8

惨敗…
というか実力差がありすぎでした。


残念ではあるのですが
ここまで実力差がある方と対戦できたことで
自分の課題・弱点はもちろん
この相手にさえ通じた自分のいい部分
自分の武器もはっきりさせることができました。


熱いテニス仲間であるY会長がこの大会を総括して
『一年後のイメージが沸いた』
との名言を残していますが
私も激しく同感しています。
 (会長も私と同じく4Rでした)


実は試合前に相手の名前を検索して
かなりの戦績をあげていることを知っていました。
普通にやっても勝ち目は限りなくゼロ。
なので
自分の乏しい体力を省みず
普通じゃまずやらないウォームアップをして
最初のポイントの一球目から100%の状態で試合に入りました。

試合の方は11時すぎの受付だったので
ウォームアップとして
早朝にガチンコのシングルス練習試合を2試合。

どう考えてもやりすぎだし
普通なら絶対やらないですけど
このおかげで自分史上最高の試合の入り方ができました。


それだけに最初の相手サーブはブレークしなければならなかったのですが
デュースに持ち込むのが精一杯。
 (ノーアド方式だったらもう少しチャンスがあったかなぁ…)

次の自分サーブをキープしたまではよかったんですが
それ以降は順当にやられてしまいました。

こんな無茶な入り方をする以上、最初の相手サーブをブレークし
最低でも2‐0、できたら3‐0にして
『こんな相手に…ヤバい』
と思ってもらうのが目標でしたが
そう甘くはなかったです。

お互いキープの1‐1なんて誰であっても日常茶飯事。
プレッシャーのプの字もかけられません。

おまけに私サーブがブレークされてリードを許した1‐3あたりから
あきらかに攻撃的なプレーにシフトして
しかもその確率が悪くない。

スタートダッシュに失敗したという思いと
肉体的な疲れもあって
 (だから言わんこっちゃない)
正直なところ私の集中も弱まってしまい
あっと言う間に1‐6にされて万事休す。

そんな試合でした。


いろいろスゴいプレーはありましたが
一番キツかったのは
浅い球はフォアでもバックでも攻め込まれたことです。

オムニだしスライスだし
浅くなっても低く滑っていればひどいことにはならないだろう
と考えているのですが
ネットよりかなり低い位置であっても
浅い球は速いスピン系の球でエースかエース級で返され
確率もよい。

これを防ぐ方向で練習することはイメージできますが
自分がこういうショットを打てるようになるイメージは全く持てません。

これはキツかったです。


一方で、こんな相手にさえ通用したモノもありました。

自分のフォアは弱いと思いこんでいましたが
どうもナチュラルに早いタイミングで捉えているらしく
『あれはよかったですよ。結構食い込まれました』
と言ってもらえました。
さらにラリーをリセットする緩いループボール。
ファーストサーブの深さ。
角度を付けたショットの使いどころ。

試合後に聞いたらそんなアドバイスをくれました。

それらがバラバラに単発に出ていることが多いので
サーブと組み合わせるとか
より意図的に使えるようになるとよい、とのこと。

残念ながらこだわっているバックのスライスについては
一切言及されませんでしたが
サーブとフォアがそれなりに効くのだと知ってうれしかったです。


あまりに圧倒的だったので
今は悔しいというよりも茫然としているのですが
来年に向けた練習が楽しみになっている気持ちもあり
参加してよかったと思える大会になりました。


もっと練習機会を増やせればなぁ…。


人気blogランキングへ こればっかりは仕方ないのですが…。よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
試合など | 18:49:21 | Trackback(0) | Comments(2)
試合の準備
あまりに暑いこの時期に
シングルスの大会なんてやるほうがおかしい

なんて訴えても始まらないので
暑さ対策をしていくのです。
  (で、荷物が増える…)

元々暑さに弱くてすぐ頭が痛くなるので
暑さ対策には余念がありません。


帽子・サングラスは当然として
キャスターの付いたクーラーボックスの中に
水・氷をたくさん
ヴィダーゼリーとかアミノ酸とかそういう系いろいろ
吹き付けるとスースーするハッカ油スプレー
他いろいろを山盛り放り込んで
えらい大荷物で移動してます。


先の市民大会ではたまたま会った知り合いに
軽くバカにされました。
 (曰く『ピクニックかよ』と…)

確かに周りを見回しても
私くらいの大荷物を持ち混んでいる人は
ほとんどいません。


でも私は思うのです。

実力で負けるのは仕方ないけど
暑さや太陽のまぶしさで自分の力を出し切れなかったら
こんな悔しいことはない。
その可能性を減らすことができるなら
このくらいの準備は当然じゃないかと。


会場までの移動で疲れてしまったら本末転倒ではないか
とか言われたら
グウの音も出なくなるのがイタいトコですが。


そんな訳で私は
今度の予選4R以降も
大荷物を引きずって会場に乗り込むのです。

どうやら次にあたるシードは結構ヤバい方みたいなんですが
 (名前で検索してみたら戦績が出るわ出るわ…)
当然、3試合やっても十分足りる荷物を持っていきます。

勝ちあがるつもりでいるからです。



そういえば2Rで4‐6にされた時
こりゃヤバい
という思いもあったのですが
予選を突破する準備をしてきたんだから大丈夫
とヘンに落ち着けたというか
燃えられたというか
崩れかけたメンタルを支えられた感じがしました。

しっかりした練習が支えになるというのは聞いたことがありますが
事前に決めた目標や用意したモノという意味での準備も
メンタルの支えになるんだなぁと実感しました。

よかったらみなさんもお試しあれ。

人気blogランキングへ 見た目的には恥ずかしいかもしれませんが…。よかったらクリックをお願いします。



試合など | 10:19:12 | Trackback(0) | Comments(2)
市民大会(予選①)内容編
という訳で試合の内容です。

○1試合目:もともとBYE
この時期の大会だと
1つ試合がないだけでホントに助かります。
加えて受付時間も遅かったから
朝一に軽く練習していい形で会場に入ることができました。



○2試合目:8‐6
フォアはスピン、バックはスライスがメインの相手で
振れる時のフォアは球威がありました。

途中ブレークして4‐3でリードしたり
そこから連取されて4‐6でリードされたり
流れはイーブンな印象でしたが
終盤になるにつれて
入れにいくフォアが目立ってしまった相手のプレーが
勝敗を分けたかなぁという感じの試合でした。

私もフォアが振り切れなくなっていたのですが
悪いなりにショットの質ではなく
コースやポジションで攻撃するように切り替えられたのは
よかったかなぁと思っています。

印象に残るのが7‐6での自分のサービスゲーム。
ここで逃げ切りたいという勝ちビビりに囚われて
プレーが縮こまって15‐30になってしまいました。
そこから無心で打ったスライスサーブがセンターにエースとなり
メンタルを取り戻すことができました。

文章で表すと
「勝ちたい」 (というより「逃げ切りたい」)
から
「いいプレーをしたい」
と変わっただけなんですが
その後の身体の動きは全然違いました。

いい試合をするのは割と簡単ですが
勝ちきるのはすごく難しい。
そんなことを実感した試合でした。



○3試合目:8‐3
サーブはきちんとしたスピン。
フォアもバックもしっかりしたスピンの学生さんっぽい方でした。

やや速いスピンで私のバックを突いてくるのですが
この日はスライスの調子がすごく良くて
相手の球威を借りながら逆に相手を追い込んで
最後には相手がミスする。
おまけに振れないフォアから繰り出す死んだ球が
いい具合にペースを乱せたようです。

割と簡単に5‐0になり
そこから相手がつなぎのプレーに切り替えてきて
とてもキツくなりました。
でも元々の彼のプレースタイルとは違っていたようで
どうにか逃げ切ることができました。

この試合でも5‐1あたりから勝ちビビりのムシが出てきて
自分のフォアの振れなさ加減も合わさって
大変ツラい時間になりました。

今のフォアでできることに限定して
前に出たりスライスで揺さぶったり
そういうプレーに切り替えられたのがよかったと思っています。



まとめ:
なんといってもフォアの縮こまりがひどくて
サーブ・バックのスライス・ボレー・スマッシュ
というかフォア以外の全部が
マアマアだったり良かったからいいものの
普通ならとても試合を作れる状態ではありませんでした。

ものすごく暑かったのと風がやや強めだったのも
幸いしたのだと思います。

4Rは予選のシードと当たるので
このフォアをどうにかすることと
格上相手にどう戦うかちゃんと考えておかないといけません。

次回はそんな相手との3連戦になります。
(勝てればね)
目指せ、予選突破。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 12:16:12 | Trackback(0) | Comments(3)
市民大会(予選①)
いえぇぇぇぇぃぃ 


初日アップ 


いえぇぇぇぇぇぇぇぃぃ    









失礼しました。

ご無沙汰しております。
丸坊主です。


練習ペースは落ちたもののテニスは続けておりまして
市民大会 (男S・フリー) に参加してきました。

まだ大会は途中ですが
昨年の雪辱を果たし

初日アップ 

を達成してきました。


いえぇぇぇぇぃぃ 




私の地区の市民大会はかなり規模がでかくて
予選で6回勝たないと本戦に上がれません。

そんななので
近隣のテニス愛好家のなかでは

①初日アップ (予選3R通過)
→結構やる
②予選通過・本戦出場
→かなりやる
③本戦初日アップ
→かなりやばい
④それ以降
→別世界 
 (③と④は、同じコートに立てる機会がほぼない)

という認識になっています (たぶん)。

昨年は3Rのカベに阻まれて (  0‐8でね)
初日アップできなかったんで
すごくうれしいわけです。


でも私の目標は

予選突破・本戦出場

なので (あと3回… )
よろこんでばかりもいられないのですが。



次回はそんな私の
初日の勇姿を記事にしたいと思います。

えっ?
興味ない?

いいんです。
極私的なブログなんですから。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 22:33:19 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。