■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フォアハンドの肩の入れ具合
何度も書いていますがフォアが苦手なんです。

テニスを始めた高校1年の時から
『バックはまあまあなのにフォアがねぇ…』
と言われていたので
筋金入りだと思います。
 (ちなみに当時のバックは両手打ちでした)


で、当時からよく言われてるのが
『肩をしっかり入れなさい』
というアドバイスなんですが
どうにも直らない。
なんか窮屈で。

これは私の悪癖なのか
私の体がそういう打ち方を求めているのか
わかりません。



例えばフォアのスライスだったら
肩なんて全然入れない訳です。

右足の付け根?右股関節?右腰?は入れますが
肩を入れてしまうと打ちにくくて仕方ありません。
 (ですよね?)
 (私だけ?)

そのイメージがあるのかも知れません。


いくら肩の入れ方が浅いと言っても
さすがにフォアスライスの時よりは肩を入れます。
でも私の場合は肩入れを強く意識すると
前が見えにくい。

首が硬いのか
入れた肩(上体)と顔の向きがリンクするようで
球が見えにくくなるのです。



このオフシーズンはフォアハンドの強化にあてるつもりなんですが
自分が打ちやすい『軽い肩入れ』を続けるべきか
今でもよく指摘される『しっかり肩入れ』の習得に努力すべきか
迷っているのです。


確かに『軽い肩入れ』だと
テイクバックの右ヒジが後ろに離れすぎて
上体から外れる感じになることがあります。
 (強く打ちたいと思ったときなんかは特に)

私のフォアが好調なときは
フォアに力強さを求めてない時がほとんどで
逆にダメになる時は力強さを求めて崩れます。

それもこのあたりと関係するような。



このままフォアに力強さを求めないのか
いつか強いフォアが打てるはずという信念を持って
違和感のある打ち方を続けるのか
そういう方向性の問題にまで発展してしまうのです。



直すように指摘された内容が
実は間違いだった。
自分の感覚の方が正しかった。
そんな経験、みなさんにもあると思います。

もちろんそれだって
自分の感覚にあったアドバイスを見つけただけのことで
どちらが真に正しいかなんてわからない訳ですが。



たかだか肩の入れ方ひとつで
ここまで内容が飛躍するのも
面白いと言えば面白い話です。

これもテニスの奥深さ、でしょうか。

人気blogランキングへ 単に私の屁理屈がひどいって話かも知れませんがよかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・技術面 | 10:32:43 | Trackback(0) | Comments(4)
ピタッと決まる
このあいだシングルスの練習試合をしまして
プレー中にフォアハンドのグリップが

ピタッ

と決まった瞬間がありました。

普段苦手としているフォアでなんでもできるような気がして
とても素敵な瞬間でした。


もちろんいつも同じグリップにしているつもりなんですが
ちょっとした角度とか握る強さとか
ホンのちょっとの違いなんだと思います。

驚くくらいピタッと決まっていたので
そのポイントが終わって
グリップから手を離してしまうのが
もったいないくらいでした。


この感覚はまだ残っていて
今でも通勤途中などで楽しんでいます。

思わず素振りなんかしちゃったりして
周りの人に白い目で見られたりします。


・・・


何度も書いていますが私は頭でっかちでして
技術本の類はよく読んでいます。
でも、それらはあくまでヒントであって正解ではない。
正解はこの感覚にある。

そんな風に感じています。

この感覚がまたズレて、いろいろ試してまた戻って・・・みたいな繰り返しで
少しずつ上達するのだろうと思っています。



さて、最近こんな本を読みました。

「わかったと思うな」
中部銀次郎著(ちくま文庫)

ゴルフは全くやらないのですが
ゴルフ関連の書籍には時々目を通しています。
プレーする姿勢や取り組むスタンスはすごく重なっているように思えます。

作家の村上龍氏は
テニスとゴルフは、どちらも恐ろしく奥が深いところが似ている
みたいな内容のことを書いていました。

心・技・体の中の「心」の占める割合が大きいところが
奥深さの理由なのかもしれません。

よかったらご参照あれ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 00:08:39 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。