■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
FOX TARGET210plus インプレ編

購入時にストリングを張り上げなければならず
知らないところでナチュラルをお願いするのもハイリスクかと考えて
無難にミクロスーパーにしておきました。
テンションは46P。


TARGET210plus
フェイス:102平方in
重量:363g
グリップ:3
バランス:320mm


まず元グリがレザーってところでテンションが上がります。

特徴的なカクカクしたフレームですが
手にしてみるとあまり違和感はありません。


早速連休テニスで使ってみました。



重さとバランスからみて取り回しが難しいのかと思っていましたが
意外とそんなことはなく
まあまあ使えました。

と言ってもズッシリ感はあるので
余裕のない状況でのスマッシュやハイボレーは
さすがにキツかったです。


以下、思いつくままに感想を。

○『ココ!』というスイートスポットはわかりにくいけどスイートエリアは広く、多少外しても面ブレが少ない
○少しでも振れると球の乗りが良いけど、当てるだけだと飛んでしまう
○回転はかけやすく、スライスも乗せて打てる
○打球音はカンカンしているが硬質感はない
(音はストリングのせいかも)
○太めのナチュラルを45Pくらいで張るとしっくりきそうな気がする



最近は打球感の柔らかい厚ラケも出ているみたいです。
そう考えると
その系統のラケットに重量を100gくらい足したら
似た感じになるのかもしれません。

少なくともちょっと前のような
球離れが早くて無軌道にすっ飛んでしまう厚ラケとは
だいぶ違った打ち味です。



幸い今はオフシーズンですし
コレの後で2000RIMツアーNを使うと軽く感じるので
しばらくマスコットバット的に使ってみようかと思っています。

ちょうどフォアハンドで
ラケットの重力を借りるスイングを練習中でして
重みを感じられるラケットはちょうどよいのです。

単なる観賞用じゃなくて
使えるラケットでラッキーでした。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
ラケット関係 | 08:43:09 | Trackback(0) | Comments(0)
神とひとつになること

ヒキました?

たぶんあやしくはないので
少々お付き合いを。


「神とひとつになること」
ニール・ドナルド・ウォルシュ著
吉田利子訳
サンマーク文庫


本屋で見つけて立ち読みしたのですが
目次だけ見て即決で購入しました。

私個人の感想ですが
「これは禅の入門書である」


禅について何か言えるような身ではないのですが
私が今まで読んだ禅関連の書籍の中で
一番わかりやすかったです。


そもそもこれは禅の世界とは違うのでしょうが
前出の「弓と禅」から鈴木大拙さんの本をあたりまして
なんとなくわかるような気がするけど
なんとなくでしかなくて
自分のような素人にはよくわからなくて当然なのかなぁ
なんて思っていました。

そんな私みたいな人がいたらおススメです。
しっくりくると思います。


>あなたがたは、文字どおり
 「この世にありながら、この世のものではなくなる」
 必要がある。
>人間たちはどこか深いレベルで
 この幻想を捨てるわけにはいかない
 捨ててしまうと何かとても大切なことが失われると感じていた。
 その感じ方は正しかった。
 だが、ここでも彼らは過ちを犯した。
 幻想を幻想と見抜いて
 それを本来の目的のために活用するのではなく
 欠陥をつくろわなければならないと考えたのだ。



通勤電車内で読んでいるとなんとなく
「あぁ…、そっち関係の丸坊主なんだぁ…」
みたいな目で見られているような気がするのが
難点と言えば難点です。

人気blogランキングへ カバーをかけるのはなんか苦手で…。よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 12:00:32 | Trackback(0) | Comments(0)
FOX TARGET210plus


またやってしまいました。


ラケット全体



コレ、わかります?

FOXのラケットで
ボスワースのデザインみたいなことが書いてあります。

ラケット細部


思わず買っちゃいました。




事の始めはウィンブルドン。

たまたまステファネックという選手の試合を見まして
すぐファンになってしまいました。

フラットドライブの古風なフォアハンドに
綺麗な弾道のスライス。
両手バックは新旧優劣の判断ができかねますが
ガンガンに前に出るプレースタイルと
ネット付近のテクニックがすごい。

私が見たのは対ジョコビッチ戦でした。
凌いで粘ってやっと得たワンチャンスをものにして
1stセットを取ったまではよかったけど
ギアを上げたジョコビッチとの地力の差はいかんともしがたく
 (特にラリーから自分の形にもっていく力量に差が…)
以降は順当に進んで敗退。
という試合でした。

それでも格上を相手に自分のプレーを貫く強さと
なんとか相手を崩そうとする賢さやメンタルの強さ
それなのに悲壮感はなくどこかユーモラスで
全英本戦という大舞台なのにテニスそのものを楽しんでいるように見える。
不思議な魅力のある選手だと感じました。

そのステファネック選手が持っていたのが
カクカクした珍しいフレームのボスワースのラケット。


それ以降なんとなく気になって調べたりしてたら
表題のラケットと出会った訳です。

そりゃ、買っちゃうでしょ。
 (以上、長い言い訳でした)


ちなみに形は似てますが
ステファネック選手が使っていたモデルではありません。

それよりももっと古いラケットみたいです。



TARGET210plus
フェイス:102平方in
重量:363g(すべて込み)
グリップ:3
バランス:320mm


今回は浮気目的ではなく
あくまでも骨董趣味的な意味での購入であって
使えたらラッキー程度の気持ちでした。

とはいえ
2000RIMツアーNはいい感じだけど
もうちょっと面が大きいといいなぁ
だけど軽いのはイヤだから
そういう意味ではちょうどいいかもなぁ…
なんて思いもあり。

ホントはもうちょっと軽いと
イジる余地があってよかったんですが。


詳しいインプレは次回に。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



ラケット関係 | 10:24:20 | Trackback(0) | Comments(2)
弓と禅
すごい本を見つけちゃいました。

こういうの、ずっと探してたんです。


『弓と禅』
オイゲン・ヘリゲル著  稲富栄次郎・上田武訳  福村出版


ドイツから来日した哲学者が弓道の師範に弟子入りし
弓道を入り口にして禅の世界に分け入っていく…
そんな感じの内容です。

内容は日々の鍛錬の報告書みたいな体裁ですが
すごく深くて
読み返すたびに新しい発見があるような気がします。



「弓道はいわゆるスポーツとは違う」
それは禅とつながりうる弓道の性質を根拠にしているんですが
私はテニスにだってつながると思っています。

そういう意味ではテニスだって
「いわゆるスポーツとは違う」


そんな意識で読み進めると
意外とすんなり『落ちて』きます。

内容的にはかなり難しい気がするんですけど。



テニスにおける
いや、スポーツ全般における精神性について
ヒントを探している方にはぴったりな本だと思います。



「悪い射に腹を立ててはならないということは
 あなたはもうとっくにご存じのはずです。
 善い射に喜ばないことを付け足しなさい。
 快と不快との間を右往左往することから
 あなたは離脱せねばなりません」


ここに到達するためには
「うまずたゆまず錬磨せねばなりません」
だそうです。

道のりは果てしなく遠い…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 18:13:09 | Trackback(0) | Comments(0)
グリップの怖さ
あけましておめでとうございます。
年末は全くテニスをさせてもらえず
年明けからカゼを引いてテニスどころではなくなった
新年早々、残念な丸坊主です。
 (たぶん元気だったとしてもさせてもらえなかったと思います…)


先日、と言っても去年のことですが
シングルスの練習試合をしまして、どうにもこうにもしっくりこない。
何を打っても球が抜けるというか、フワフワしているというか
制御できない感じがしました。

結果、ひどいスコアで負けたのですが
家に帰ってグリップを巻き替えるとしっくり感が戻りました。


私はボウブランドのグリップテープを使っているのですが
この試合前に巻き替えていて
今回はあまり引っ張らず、厚めに巻いてみたのです。
冬だし、ちょっと試してみようかと思って。

家に帰って、いつものように引っ張りながら巻いてみると
しっくり感が戻ったのです。
 (なぜ試合中に気づかなかった…)


先日紹介した本「わかったと思うな」より

<ほんと、センチミリミリの世界なんですよ、これは。
しかしこれがわからない。
それが練習に行って、ちょっとグリップを握ってみて
あれっ、ちょっと違うな、これが原因だったのかって
この繰り返しなんですよね、ゴルフって。
だから、怖い>


テニスも、怖い。

こんな時に再発する「ラケット変えたい病」も、怖い。

人気blogランキングへ センチミリミリってなんか素敵ですよね。よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 12:22:27 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad