FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
弓と禅
すごい本を見つけちゃいました。

こういうの、ずっと探してたんです。


『弓と禅』
オイゲン・ヘリゲル著  稲富栄次郎・上田武訳  福村出版


ドイツから来日した哲学者が弓道の師範に弟子入りし
弓道を入り口にして禅の世界に分け入っていく…
そんな感じの内容です。

内容は日々の鍛錬の報告書みたいな体裁ですが
すごく深くて
読み返すたびに新しい発見があるような気がします。



「弓道はいわゆるスポーツとは違う」
それは禅とつながりうる弓道の性質を根拠にしているんですが
私はテニスにだってつながると思っています。

そういう意味ではテニスだって
「いわゆるスポーツとは違う」


そんな意識で読み進めると
意外とすんなり『落ちて』きます。

内容的にはかなり難しい気がするんですけど。



テニスにおける
いや、スポーツ全般における精神性について
ヒントを探している方にはぴったりな本だと思います。



「悪い射に腹を立ててはならないということは
 あなたはもうとっくにご存じのはずです。
 善い射に喜ばないことを付け足しなさい。
 快と不快との間を右往左往することから
 あなたは離脱せねばなりません」


ここに到達するためには
「うまずたゆまず錬磨せねばなりません」
だそうです。

道のりは果てしなく遠い…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



本とか音楽とか | 18:13:09 | Trackback(0) | Comments(0)