FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
パシフィックのタフガット
最近、ナチュラルだと切れるんです。

部活テニスを卒業してもう15年くらい経ちますが
 (早いなぁ…)
この間、プレー中にガット・ストリングを切ったのは
片手で数えるくらいだと思います。

それなのに
先の市民大会が終わってから立て続けに切っています。
週1~2回程度なのにナチュラルがほぼきっかり2ヶ月。


ショップの方によるとナチュラルやマルチは冬季に切れやすく
緩く張るとさらに切れやすくなる (ように感じる)
とのことでした。


このままだと春には切る計算なので
せっかくだから使ったことのないナチュラルを張ってみました。

パシフィックのタフガット
ちなみに42Pです


正直なところボウブランドのチャンピオンシップとの明確な差はわかりませんでしたが
使い心地はすごくいいです。

あえて違いをあげるなら
タフガットの方が若干しなやかで食いついてからグンと飛び出す感じがします。
 (ボウブランドは球の乗りも飛び出しも素直な印象です)

だから『えっ?』ってびっくりするくらいいい球が出
る一方で
ボール2~3個のちょっとしたアウトも増えてしまう
みたいな。

って言ってもムリヤリ比較してるだけで
ホントに『若干』ですけど。



このガットはマッケンロー選手が愛用していたそうで
そう考えるとこのしなやかさや飛び出しの強さは
史上最高にガットの性能を引き出すことができるこの方にとって
ホントにぴったりなんだろうなぁと思ったりしました。


コレに慣れたら最高なのかもしれませんが
今のところ私には難しいかなぁ
という印象を持っています。

ガットの性能に私が追いついていないというか。
私には球の乗りも弾きも素直なボウブランドの方が合っている気がします。

マッケンロー選手はこれを38Pとかで張っていたということです。
コレをさらに緩く張ってコントロールしてしまうなんて
ホントに神業だなぁと思います。





なんて能書き垂れてみましたがそんな違いがわかるかなんて怪しいので
使おうかと考えている方は参考程度に読んでください。



とりあえず私は切れるまでコレを使い込んで
それから考えようと思ってます。


切れると言えば
シングルスの練習試合を少々やったらはやくもコーティングに剥げが出てきました。
ナチュラルに求めることではありませんが
私程度のスイングでこうなるのだから耐久性は…だと思います。

ご参考まで。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



ストリング関係 | 22:22:56 | Trackback(0) | Comments(2)