■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
コーチとシングルス
いろいろなラッキーが重なって
先日アドバイスをいただいたコーチと
1セットのシングルスをやってもらいました。

ありがたいことです。

当然のように0‐6で負けたのですが
学んだことは多かったです。



<課題>
高さか角度を使う
 (回転量の変化)
球が落ちた場所で何をするか決める
 (攻撃、操縦、守備の判断)
アプローチを狙える球を作るためにどうするか
 (特に操縦のラリーで)
サーブに力が乗らなかった
 (なぜ?)

<よかった所>
きっちり振れたフォアはそれなりに通用した
ストロークでいつもより振ってみたが精度は悪くなかった
 (良くもなかったが…)
アプローチ~ネットの展開はそれなりに通用した



当然のことですが
フォアでの展開を増やすことと
その精度を上げることが
シングルスのレベルアップには欠かせないようです。

その上で
プレーの引き出しを増やすという意味での
『いやらしさ』
を加えたい
とアドバイスをもらいました。


なんとなく求めるスタイルが見えてきた気がしますが
なかなかプレーに反映できず…
といったところです。

はたして夏の市民大会に間に合うでしょうか?

人気blogランキングへ 完全に忘備録的な記事ですが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
試合など | 21:49:57 | Trackback(0) | Comments(0)
私のテニス5ヶ条 本編
ようやく本編です。

あれから考えたことと今まで得たコツをまとめて
試合にのぞむ上でのテニス5ヶ条にしてみました。

自分用のテニス日記から転記しているので
読みにくいところはご容赦ください。


<私のテニス5ヶ条>
第一条:コートにいる人はみんな好きって決める
第二条:すばらしい勝負にしよう
 →上二つは序盤のビビり対策
第三条:ミスしたら感謝する
 →これと第五条は自分の中心を保つ対策
第四条:『ニギラナイ、ヒラカナイ』でリズムが合うまで待つ
 →詳細は下記
第五条:酸素が足りないとイライラして集中が切れる。だから深呼吸を忘れない


序盤は『ニギラナイ、ヒラカナイ』を意識して
相手のリズムに合わせられなくても
焦らずに硬くならずに自分のリズムに合うのを待つ。
自分のリズムに合うのが早いか
相手が押し切るのが早いか
そういった勝負に持ち込んで中盤から終盤に勝負をかける
そういう心づもりで序盤をプレーする。

序盤から引き離すことを目指すより
中盤から終盤に勝負をかけるほうが自分の人格に合っているように思う。


勝ちたいのはもちろんだがそもそも試合をするのは
試合という場において自分のプレーをしたいからである。
自分のプレーをするために自分のリズムに持っていきたい。
特にフォアハンドを安心してスイングできるようになっていたい。
それができないで勝っても「不思議の勝ち」でしかない。
それは自分が望むものと違っている。

先の市民大会がいまいち自信につながらないのは
フォアの出来が原因と思われる。
(悪い中でどうにかしたという粘りはよかったが…)



以上、テニス日記からの転記でした。
今後の練習試合で持っていって
使えるかどうか試してみます。

なぜ
「コートにいる人はみんな好きって決める」「すばらしい勝負にしよう」
が序盤のビビり対策になるのかといいますと
また長くなるので
どこかで機会があったら掘り下げてみます。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
私のテニス5ヶ条 前置き編
なかなか勝てなかった相手にようやく1回勝てた
という記事を前回書きました。

負けた初戦は
初めから振っていこうと決めて
ムリヤリ打ちにいってミスを量産。

全体的に固まっている感じがして
相手の球を見ようとしてもその余裕がなかった。

きちんと捉えても球は伸びない。
ムリヤリ前に出てもギャンブルにしかならない。

3-6で負けたのですが
やってる感覚からすると

勝てる要素がない

そんな感じでした。


で、2戦目の序盤に
『ニギラナイ、ヒラカナイ』
に気づくことができて
そこから安心してフォアをスイングできるようになりました。

不思議と球に伸びが出て
自分有利のラリーが増えました。

前に出ても有利な状態で出ているので
余裕をもってプレーできポイントにつながる確率も高くなる。

1-3から逆転して6-4で勝てたのです。

1-3あたりの段階で相手の方はかなり疲れていて…
というのは前回書いたとおりですが。


それを踏まえても
自分より格上なこの方に対して
自分のフォアをきっちり打てれば十分通用する
そういう手応えを得ることができました。

あんまり負け続けだったので
どうやったらこの方に勝てるのかいろいろ考えていました。

どんなショットを身につければいいのか
どういう攻め方をすればいいのか

今回わかったのは
今持っていない何かを身につけるのではなく
今持っているものを存分に出せるようにすることが
正解だったらしいということです。


これがこの先も通用するかはわかりません。
でも、かつてテニスマスターT氏に言われた言葉が染み入ってくるのです。

『負けから学ぶことはたくさんある。
 でも人は勝つことで強くなる。
 まず勝つこと』


自分のフォアは通用する
そういう自信を実感を伴って得ることができたのは
勝てたからだと思います。

競ったけどまた負けた…となっていたら
ここまでの実感をなかったでしょうし
また「今持っていないもの」を身につけようとして
あーでもない、こーでもないと
頭を悩ませていたかもしれません。


今回の勝利の後で
どうしたらこの感じで試合にのぞめるようになるか
自分なりに考えました。

前置きだけで長くなってしまったので
そちらは次回に回します。



テニスマスターT氏の言葉は誤解を招きかねないので
ちょっと補足します。

なんでもいいから勝ちゃあいい
ということではありません。

『もしもあなたが勝利と敗北に合ったとき 
 これら両者を同じように遇することができるなら』
 (チルデンのベターテニスより)
という境地を目指しています。

でも、その大前提として
勝つために最大限努力することが必要だと思っています。

これがあって初めて
勝利と敗北を同じように遇することの尊さが生じる。
そんなふうに考えています。

私はテニスマスターT氏の人格もテニスも知っているので
それを含めて理解できますが
文字だけだと心配になったので
付け足してみました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・メンタル面 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
ニギラナイ、ヒラカナイ
最近練習に誘ってくださる方がいまして
シングルスで勝ったことがなかったんです。
いつも競るのに負けてしまう。

苦節数か月にしてようやく1回勝てたんですが

打てる球は打つ
 (特にフォアは)

ことにしたのです。

で、やってみたら1戦目は3-6で負け。
打てないのにむりやり打ちにいってミス
もしくは甘くなった球から攻められるパターンでした。


練習をはさんだ2戦目になってようやく
プレー中にグリップを握りしめすぎていたことと
スイングに入るより先に体が開いていたことに気づき
「にぎらない、ひらかない」
と唱えながらプレーしました。

すると、振ってるのに乗っている感覚が得られ
安心して振り切ることができました。

そうなると打球にも伸びが出てくるから
不思議なものです。


フォアがふれると自然に前に出られるようになるし
9割9分スライスだったバックも
余裕をもって打点に入れたときは
ドライブ (ほぼフラット) を混ぜることができました。


初めて勝てたことはまぁいいのですが
 (ホントはすごくうれしいのですが)
 (2戦目は相手がかなり疲れてて、集中を切らす場面があったから勝てたのですが)
コレをいつでもできるようにするにはどうしたらいいか
という問題が残ります。

常に
「ニギラナイ、ヒラカナイ」
と唱えながらプレーすればいいのでしょうか?


せっかく何か掴みかけた感じがしているのですが
コレを維持できるかどうか…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 15:59:11 | Trackback(0) | Comments(2)
ガラにもないんですが
『自分はできる』
から
『同僚にもできるようになってもらう』
という方向にシフトしなきゃと
思うようになりました。
 (言うほど自分ができる訳じゃないんですケド)


どう書いても見る人が見たらわかってしまいそうなので
詳しい説明は控えますが…。

『困ったりわからなくなったらいつでも相談にのるから』
と言ってある以上
連絡が来ないなら担当者に任せるしかない
と放っておいた仕事がありまして
行事の当日にフタを開けてみたら
まー、えらいことになっていた訳です。

担当なんだから最後まで自力でやろう
という責任感だったのかもしれませんが
あまりの準備のズサンさに
どこから突っ込みを入れたらいいのかと
気が遠くなりました。

イライラメーターが振り切れそうになりながらも
『こりゃマズい』
と気づいた有志数名で
なんとかその場を乗り切り
キズは最小限で抑えました。


そして悟ったのです。


便り (=報告) がないのは悪い便り


一般的に言いまして
スキルの低い人ほど
経過報告や相談が苦手なことが多い。
 (スキルとは何か?という定義はチト置いておいて)

であるなら
任せてある仕事で連絡や相談がない場合は
こちらから出向いたり連絡を取って
経過の説明を求める必要があった。
 (言うまでもなく当たり前でしたな)


『何も言ってこない以上、担当に任せる』

と言うとすごくきれいな話みたいですが
心の中を探ってみれば
『口うるさい人だと思われたくない』
とか
『わざわざ自分から面倒を増やすこともない』
とか
そういう自己保身が見え隠れしている訳です。

今回のバタバタは
そういう私の考えが招いた
100%、とまでは言わないけど
85%くらいは私のせいで起こったのだと
納得したのです。


そういえば
かねてより歴代の上司たちから
『自分ができたってしょうがないでしょ』
とか
『仕事を振ることを覚えろ』
とか
いろいろ言われていまして
その都度
『自分がやるだけで精一杯です。
人に教える余裕なんかありません』
と反論していたのです。


間違っていました。


私自身が怒られたりするのは
正直慣れっこなのでどうでもいいのですが
先方や利用者にご迷惑をかけそうになった以上
変わらない訳にはいきません。

そんな中
人事考課の面談がありまして
不満でしかないリーダー業務についてブツブツ文句を言いましたら
『イヤだイヤだと言ってばかりいないで
どうしたらイヤでなくなるか考えましょうよ』
とたしなめられてしまいました。

なんだか繋がってるなー
なんて感じて
ガラにもなく
やらなきゃしょうがないかなぁ
なんて思ったりしたのです。

人気blogランキングへ 仕事関係はいつも『だから何?』って話題になってしまいますが、よかったらクリックをお願いします。

福祉の仕事 | 20:00:30 | Trackback(0) | Comments(0)
終盤にどうなっていたい?


先日、コーチと長めに話す機会があったので
試合の入り方で何を考えているのか聞いてみました。

そこで言われたことがずっと頭に残っています。


『試合の終盤にどうなっていたいか。
 そうなるために序盤をどうプレーしたらいいか。
 それを考えてみたら?』



で、考えているのです。



丸坊主の結論:安心してフォアを振り切れるようになっていたい
 (せめて試合の終盤には)
 (できたらもうちょっと早く)


ただでさえ苦手としているフォアハンドです。
調子がいい日ならともかく
序盤から振り抜くなんてなかなかできないのです。

せめて中盤から終盤には
フォアスラでお茶を濁すのではなく
球を置きに行くこともなく
フォアのスイングを
自分のコントロール下に置けるようになっていたい。


そのために序盤をどうするか?

安易に考えると
 ①多少のミスは気にせず大きく振っていく
 ②ともかくつないで球感を得る
の2択になるでしょうか。

あるいは③として
 基礎的なチェックポイントだけを意識する
なんてのも考えられます。


どれもたぶん間違ってないのでしょうが
なんだか表面的な
机上の空論的な印象が拭えません。

とりあえず練習試合で試してみるしかないのでしょう。

でもこういった視点で自分の試合を振り返ったことはないので
しっくりきてないのですが
途中経過ということで記事に残してみました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・戦術面 | 11:16:33 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad