■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
フラナイ
このまま400iを使えばいいんじゃないかと
思うようになりました。


フォアハンドでは
ちょっとでも厳しい球はフォアスラでお茶を濁して
打てる球が来たときにキッチリ振っていく。

バックはいいスライスがいくから
深さだけ調整できるようにがんばる。
(たまにドライブ?フラット?も打ってみる)

ことさらスピンにこだわらず
球の軌道にいくらかの変化を出せればよしとする。



400iは面が小さいから難しい。
それは間違いないです。

でも多少大きくして助けを得る代わりに
フォアが振り切れないなら本末転倒。

『(打てる球は)きちんと振り切る』
ことを目標とするなら
それ以外の要素は捨てていいのかもしれません。



そういえば
フォアの不調からいろいろやってみて
『振り切る』ということへのイメージが
少し変わってきました。

ブンブンに振り回すのではなく
むしろ『振らない』

結果としては振るんですが
意識は『振らない』


うまく表現できないのですが
・流す
・ヒジを放る
・力は込めない
・-1から0まで
みたいな感じです。



『ニギラナイ、ヒラカナイ』
の呪文に
『フラナイ』
も加わりました。

もう呪文を覚えるだけで大変です。


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
テニス・技術面 | 13:02:57 | Trackback(0) | Comments(0)
古いラケット
フォアハンドがどうにもならなくって仕方がないので
いったんリセットする意味で
400iを使うことにしました。
(85平方インチ!!)

しかもグリップはレザーのまま。


ボレーなんかで真ん中を外すと
すごく手が痛いです。
ボレー以外は大丈夫なんですが。
(あまり痛くないという意味で、真ん中はよく外します)



実は
このラケットでシングルスができるようになることを
密かな目標にしていました。

今こそ、その時か!



ホントにいい球が行くんですよー。

たまに。


バックのスライスなんてゆったりまっすぐな
素敵な弾道を見せてくれます。

まれに。


挑戦中のスピンサーブでも
すごいのが行きました。

一度だけ。



たまにでもまれにでも一度だけでも
できたことに変わりはありません。

そのうち高い頻度でできる日が
やってくるかもしれません。


夢はふくらみます。


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 20:45:16 | Trackback(0) | Comments(2)
スピンが鬼門

たまに振り替えでお世話になる
理論派ながらもガッツリ体育会系なコーチが

『スピンサーブとバックのドライブを打てずして
上級を語ること無かれ』

と、まるで私をピンポイントで狙ったかのような爆弾を投下してきたので
(まぁ、当然な話なんですけど)
スピンサーブとやらに挑戦しているのであります。

フォアが壊れてるのに。


いただいたアドバイスは3点
①体の向きは横向きのまま
②右上の方向にヒジからラケットを振り抜く
③グリップが薄すぎなので普通のコンチで
(ややバック寄りだったので)


うまいこと捉えると確かにいい球が行きますが
たいていは引っかけてこするだけか
フレームに当たって周囲に危害を加えることになります。


バックのドライブは言うに及ばず…。
(せいぜい、どフラットがいいとこだよ)



最近の私には『スピン』が鬼門になっています。


そこまでしてスピンが必要なのか!

開き直ってそんなことを言ってしまいたくなります。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 07:25:15 | Trackback(0) | Comments(0)
不器用なのに
シングルスの練習試合を何回かやりました。

で、今より上を目指すには
軌道の高い球を意図的に使えるようにならないといけない。
そんな事を感じたのでいろいろ試してたら
フォアハンドがわからなくなりました…。


ダメじゃん。


元々不器用な上に週1~2回程度でしか練習できないんだから
新しいことに手を出したらこうなることくらい
予想がつきそうなものです。


今はラケットを変えてみたり
グリップを変えてみたりして
ジタバタしてますが
フォアハンドが振り抜けない
もしくは
振り抜いても制御できない
そんな状態が続いています。



とりあえずフラットドライブに限定すれば
そこまで壊れきってないのでまだマシですが
(でもよくフカす)
それ以外の球種は全くダメ。

相手が前に出てきても沈めるという選択肢がありません。
それくらいヒドくなってます。

そもそもラリーがあまり成り立たない。

自分の打球が制御できないと
相手の返球が予測できない。

打たれてから動くことになるので
相手ペースで事が進んでしまい
大変疲れます。


果たして、解決する道はあるのでしょうか。

人気blogランキングへ
テニス・技術面 | 19:27:56 | Trackback(0) | Comments(2)
タフじゃなかった…
そういえば以前に書いた
パシフィックのタフガットですが…





一ヶ月で切れました。


バチバチのハードヒッターだったり
毎日のように練習していたら
諦めもつきます。

でも週1.5日程度の
フラットスライス主体のおじさんテニスで一ヶ月ですから
耐久性に難ありと判断していいかと思います。

ナチュラルに耐久性を求めるのは間違いですが
にしても、チト弱すぎかと。



繰り返しになりますがインプレ (注:超主観) としては
球が張り付くようなしなやかさや
打球の飛び出しの強さを感じることができました。
これを制御できる方にとっては
素晴らしいガットなんだと思います。


正直、私には難しいと感じました。
加えて、ナチュラルで一ヶ月だとさすがにつらい。


素晴らしいガットですが
今回だけのお試しでいいかなぁと思いました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 10:20:13 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad