■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
技術です
先日のレッスンではストロークの調子が最悪でした。

球が乗らずに弾いてしまってどこに飛ぶのか制御できない。
乗らないから回転量の調整もできない。


リキみが原因になっている

プレー中にそこまでは理解できたのですが
どうやっても戻らない。


振り替えクラスのコーチだったからか
自己調整力の修行中だと察してくれたのか
その日のコーチはあまりアドバイスせずに見守ってくれました。

ありがたかったです。


で、レッスン終わりに
『リキみが原因、まではわかったんですが、戻せませんでした。
こういう時、コーチはどうやって戻しますか?』

と聞くと

『球への入り方の問題。
遅れるとリキむ。
遅れたままインパクトでムリヤリ合わせようとするからリキむ』

と教えてくれました。


この日はずっと
強い球を打ちたい気持ちを抑制しようとしたり
深呼吸で力を抜こうとしたりして
上手くいきませんでした。

リキみも技術の問題であって
メンタルの問題と捉えていたのが間違いだったと
気づかされました。


また、リキみそのものを取り扱うのではなく
その前に何が起きているか
それに目を向ける必要がある。


仕事も同じです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・技術面 | 17:56:25 | Trackback(0) | Comments(2)
レッスンは難しい
先日のレッスンはとても難しかったです。


腕を振るのではなく
肩胛骨を使うスイング
ラケットヘッドを走らせるスイング
というのを集中的にやったのですが
アドバイス通りにやろうとすればするほどうまくいかない。

元々肩周りが硬いらしく動きに違和感がある。

たまにすごい球が行くけど
それ以外の球が制御できない。

上体に意識が向きすぎて他が疎かになる。

コーチの言葉がキャパオーバーになり処理しきれない。



メンタル的な負荷が強いレッスンでした。


レッスン中に珍しくイライラしたりしたのですが
(もちろん表に出してはいませんが)
ここで難しいのが
だからといってこのレッスンが悪い訳ではないところにあります。


極論ですが
レッスンでいい球を打つ必要はない。
(のかもしれない)


後日の外テニスでいいスイングができたのは
このレッスンのおかげなのかもしれません。



うまく言えませんが
放っておくとどんどん固まってしまうスイングの自由度を上げる
あるいは器を広げるためのレッスンだった。

なんて感じたりもします。



レッスンで気持ちよくプレーして
なんとなく『やった感』で満足すると
後でロクなことにならない。

それを知っているので
自分の課題をもって臨むことを意識しているのですが
それとは別に
自分をカラの状態にして素直にレッスンを受けることも
大事なんだろうと思っています。


今回は自分の課題にこだわりすぎて
カラになってレッスンを受ける姿勢に欠けていたかもしれません。

難しいものです。


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



テニス・メンタル面 | 12:44:39 | Trackback(0) | Comments(2)
遊んでいるように
相変わらずフォアは壊れています。
特にクロスに返らなくて困っています。
(主に困るのは組んでくれたペアの方)


『ニギラナイ、ヒラカナイ、フラナイ』

ブツブツ唱えながらプレーしているのですが
どうも不審者感がハンパないみたいです。

周りからはヒカれていますが
こっちはそれどころじゃありません。
(特に『ヒラカナイ』が難しい…)



『調子が悪いときほど重心は低く』

と部活時代に言われ続けまして
結構最近まで律儀に守っていました。

でもコレ、ホントなんですかね?


ヒザを曲げすぎると動きにくい。

テニス雑誌からパクった
スタンスを広くとって結果として重心が落ちる
というのも試してみたのですが
これも動きにくい。


スタンスは肩幅程度にして
動いてもその間に重心が入っているようにすると
だいぶラクに感じます。
(遠い球は仕方ありません)

端から見たら棒立ちに近いのでしょうか?


さらにラクちんで余裕を持った感じ
遊んでテニスをしているようなイメージで立つと
スムーズに動ける気がします。


棒立ちで遊んでいるみたいな立ち姿。
加えて
『ヒラカナイ、ニギラナイ、フラナイ』





一生懸命感はまるでありませんが
しっくりきています。


足腰が弱ってきたせいか
効率の良い動きに変化したせいか。


人気blogランキングへ 体が弱っただけな気がしますが、よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 16:36:07 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad