■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
グラファイトミッドプラス
昔懐かしい台湾製<N>が格安で売っていたので
買ってしまいました。
(ボロボロだったけど)

グラファイトなのにオーバーサイズじゃなくてミッドプラスってところも
偏屈な私の好みに合います。


ストリングも昔懐かしの?ミクロスーパー16を47Pにしました。


フェイス:93平方インチ
平均重量:322g(G2)
パターン:M14×C18
バランス:310mm


確かな重さを感じますが
重量的にはメインの2000RIMツアーと変わらないので
使う上で困ることはありません。

面の小ささとストリングの目の荒さからか
振り抜きがよくて気持ちいいです。

空気抵抗が少ないのでしょうか。


硬めで弾くストリングを張ったのですが
ラケット自体の弾きが少ないので
ちょうどよくマッチしているように感じます。


フレームは硬めなんでしょうが金属的な硬さではありません。
硬いと言うよりはむしろしっかりしていると表現した方が
いいかもしれません。

例えるなら金属の棒ではなくて硬い木刀みたいな感じがします。
硬さの向こうにしなやかさを感じるというか
言語化するのは難しいのですが。


そんなグラファイトMPですが
フォアハンドストロークが特に気持ちよく使えました。

パターンの荒さで回転がかかるのか
叩いても飛びは控えめで
でもかかりすぎて浅くなることは少ない。

こすって弾道を高くしたフォアも
イメージ通りに行ってくれます。


サーブもヘッドを回しやすくて
スピードを捨てた回転系しか打てない私には
使いやすかったです。


ただバックのスライスで球を乗せるには
独特のしっかり感に対する慣れが必要だと感じました。
あとボレーでスピードを出すのも難しい。


総じて言うと
難しさはあるものの意外と使えて
慣れれば慣れるほどなじんでくる
そんな印象です。


例えばフォアハンド。

真ん中~少し下側を使ってループ的なスピン
真ん中~少し頭側を使ってアングルを狙うスピン
といった使い分けがイメージしやすいのです。

もちろん他のラケットでもできるんでしょうが
このラケットだとなぜか意識しやすく
打球の制御がしやすい。

硬めだけど硬くない独特のしっかり感のせいか
ストリングパターンの荒さのせいか
理由はわかりませんが
この独特な打ち味にハマる人はいるだろうなぁと感じました。


面の小ささからくる弾きのシビアさを
荒いストリングパターンで相殺する。
かかりすぎによるコントロール性の低下は
面が小さいから目立たない。

で、振り抜きの良さと使いやすさを両立する。

そういうラケットなのかなぁと感じました。
(私にとっては十分シビアかラケットですが)



とりあえず私の課題が振れないフォアなので
矯正のためにしばらく使ってみようかと考えています。

人気blogランキングへ 

スポンサーサイト
ラケット関係 | 20:00:10 | Trackback(0) | Comments(0)
ハイブリッド考その2

『縦ナチュラル/横ポリ』 のハイブリッドを試してみました。


昨年の市民大会は 『縦ポリ/横ナチュラル』 のハイブリッドでのぞみました。

振り切った時の安心感と
ロブやアングルボレーのコントロールがつきやすい。
けど球の伸びがなくなる。

そんな印象を受けました。


大会後から縦横ナチュラルを試してみると
なかなかよくって続けてきましたが
暑いこの時期になると飛びすぎが気になるようになりました。



という経緯で試してみたのですが
第一印象は

バラつく


球がどう出るのか掴めなくて
しばらく困りました。

そのまま使い続けると
すごく回転のかかりがよいことがわかりました。

かかりすぎるから普通に打つと球が浅くなります。

フラット → フラットドライブ → スピン
というのが普通としたら、コレは

フラット → スピン → もっとスピン
という感じがします。


ラケットヘッドだけを走らせる打ち方を意識すると
すごくしっくりきました。

でも私の技量でそれをやるとコントロールは
だいたいあのへん
という感じになります。
 (だれ?いつもそうじゃん、とか言うのは)


押すような運ぶような古風な打ち方をする私には
正直合わないのですが
シングルスの課題である角度をつけた配球をするには
いいかもしれません。

また打球感は縦ポリに比べて格段にいいので
使っていて楽しい部分もあり。



縦ナチュラルのハイブリッドは邪道だ
という意見も聞きますが
私個人が使った印象だけでいうと
個性が強いけどコレはコレでアリではないか。

そんな風に感じました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 09:27:14 | Trackback(0) | Comments(0)
エアロジェル 4D 200 18×20(海外版)

いつもの病気です。
またやってしまいました…。


2000RIMツアー(とN)の在庫が乏しくなりました。
 (RIMシリーズの宿命です…)
SL3が中古市場になかなか出てこないので
テニスが上手い知り合いに相談したらコレを勧められたので…。

ストリングの目が細かいコッチは海外版だそうです。
(そのせいか国内版よりも安かったです)


フェイス:95平方インチ
重量:平均322.5g
バランス:320mm
パターン:M18×C20


国内版(パターン:M16×C19)
よりも目が細かくて重いので心配もあったのですが
全てコミの総重量は350gちょっとで
2000RIMツアーより10g以上軽く
振ってみても取り回しはラクだと感じました。


話は変わりますが
2000RIMツアーSL3の重量表記は
320~334gとあり
差がありすぎてびっくりします。

320gのラケットと334gのラケットって
もはや別物ですよね。

ちなみに私が所有している2000RIMツアーでいうと
総重量350g少々が1本あって
残りの数本は365gくらいです。

ちょうど表記の最小と最大が集まってしまったようで…。



さて、本題の4D200ですが
X‐ONEバイフェズ1.24を40Pで張りました。


さすがに400iや2000RIMツアーと比べると
フレームに硬質感というかしっかり感があります。

でも最近のラケットの中ではしなやかな気がして
違和感が少ないです。

ストリングの目が細かいから厳しいかと思っていましたが
案外スピンはかかります。
スピン系だけでいえば400iや2000RIMツアーよりも
深さの制御をしやすい印象です。


さすがに助けてくれる感じは少ないけれど
そこまでシビアでもないし
安心して振れるように感じています。



正直なところ
2000RIMツアーに縦横ナチュラルは
振り回すのが怖い部分もあってハイブリッドを検討しています。

4D200でその心配が無くなるなら
こっちをメインにしてもいいかもしれません。

悩むところです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 21:00:35 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad