■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
メイン決定、か?

インドアスクールでしか使えてなかった
WAVEXのAD2011ですが
ようやく外テニスで試すことができました。

スクールの時と使用感に違いはなく
いい感じでプレーすることができました。

しっとりとした打球感は外でも変わらず
デカ厚ラケットであることを忘れてしまいます。


控えている団体戦はコレで出ようと思っています。

そこで最終判断ができるでしょう。


滅多に出ないラケットですが
幸運なことにもう1本手に入れることができました。


コレが探していた魔法の杖であればいいのですが。

人気blogランキングへ 今までを振り返るとその可能性は低そうですが…。よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
ラケット関係 | 12:00:30 | Trackback(0) | Comments(0)
団体戦!
定期練習に全く参加できていないので
申し訳なさすぎて参戦表明しないでいたテニスチームの団体戦ですが
今回は人数が足りないということでお声がかかりました。

ありがたいことです。


S×3本、D×5本で対戦するので
人数合わせの私は当然Dの5番目になります。


といっても
私が参加しないでいるうちにチームが昇格してしまい
D5といえどもかなりハイレベルになることが予想されます。

しかも3セット…。


組んでくれる方にご迷惑にならないよう
最善を尽くすしかないのですが
ここ1~2ヶ月は
ほとんどインドアスクールだけのもやしっ子に
外テニス+団体戦+3セット
を戦いきることができるのでしょうか?

当事者的には甚だ疑問です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 21:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ラケット迷子
なかなかテニスできないし
デカ厚ラケットにしっくりきてるし
もう難しいラケットを使うことはないんだろうなぁ…。

と思ったらなんだか切なくなって
たくさん抱えた2000RIMツアーやその他を
売り払ってきました。
(練習用に少しとってあるけど)


そしてラケット迷子になっています…。


<メイン使用候補のラケット>
○パワーブリッジ1・フォルクル
→いろいろいじって重くして使用。
ポリに張り替えて概ねいい感じながら
打球の軽さが気になる。
軽量ラケットを重くしても限界があるのか?

○TARGET210・FOX
→この中ではカンカンした打球感。
実重量は350g程度あるが
バランスのせいかもっと重く感じる。
ストリングの動きを感じやすく
スライスを打つときに独特の安心感がある。

○RDS002・ヨネックス
→振りやすいがストリングを選ぶラケットという印象。
硬めの張りは合わないよう。

○AD2011・WAVEX
→オーバーグリップを巻く程度で
何も手を加えずに使えるデカ厚ラケット。
4G125を40Pちょっとで張っているが
打ち込むときもつなぐときもバランスよく対応してくれる。
まだ外テニスで使えてない。


今のところAD2011が最有力ですが
外テニスで試せていないのが不安材料です。



今や完全なラケット迷子ですが
ラケットを選ぶ上でハッキリしていることはあります。
①バボラは合わない。たぶんウーファーが合わない。
②プリンスのO3もなんとなく合わない。
③どういう訳かウィルソンには惹かれない。
④球離れの早い(≒硬い?)ラケットはイヤ。


どこかに私の技量を十分に引き出してくれる
魔法の杖があるに違いない。

そんな病にかかって十数年。
完治する日は来るのでしょうか?

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 21:12:39 | Trackback(0) | Comments(0)
WAVEX 2011その後

まだ外テニスで使う機会がなく
スクールだけでの感想です。

早く外でテニスをしたい…。



デカ厚ラケットなのにツアー系みたいな打球感
と前回書きましたが
その印象に変わりはありません。

すごく不思議で楽しいんですが
コレに慣れてしまうと他のラケットが使えなくなりそうで怖いです。



たぶんフレームは柔らかいと思います。
(宣伝でもそんなうたい文句でした)

ゆったりとしたスイングでフラットやスライスを打った時に
球の伸びを感じます。

逆にフルスイングをしようとすると
うまく力が乗らない気がします。

なので、無意識のうちにフォアを振り回しすぎると
『バックのスライスは伸びてるのに、思ったよりフォアが行かない』
なんてことになります。
(私の技量に対するご意見は受け付けません)

ボレーも回転をかけるより
フラット気味に厚く捉えるほうがいい球になる気がします。



私のざっくりとした理解だと
昔のラケット:フレームは柔らかくて、球は飛ばない
今のラケット:フレームは硬くて、球は飛ぶ
でしたが、このラケットは
フレームは(たぶん)柔らかくて、球は飛ぶ。

私の知る限りでは初めてです。


パワーブリッジ1もそうですが
デカ厚ラケットでもなんとかして打球感を柔らかくしようと
工夫をこらしているものはあると思います。

それらは確かに柔らかく感じますが
フレームそのものの柔らかさとは違う。
そんな気がしています。


果てしない遠回りを経て
ようやく自分にあった魔法の杖に巡り会えたのか。
単に珍しさに目を奪われているだけか。

早く試合で使いたいものです

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 14:47:20 | Trackback(0) | Comments(0)
WAVEX AD2011
すごく忙しくなった仕事のストレスを言い訳にして
またやってしまいました。

まぁ、残業代が増えたからいいでしょう
ということで。
(中古ラケットだし)



WAVEX AD2011
フェイス:118平方インチ
平均重量:290g
パターン:M16×C20
バランス:?たぶんちょっとトップヘビーくらい



WAVEXってほとんど聞かないメーカーですよね。
私も本物を見るのは2回目です。

一度はよく行くテニスショップの中古コーナーで見つけたのですが
買おうか迷っているうちに売れてしまいました。

で、次の機会は逃さず手に入れたAD2011ですが
このスペックにしてはずっしり感があります。

いわゆる軽量トップヘビーの重さとは違って
実重量のしっかり感があって
かつ取り回しに苦労することはない。
(注:ラクちんではない)

単に軽量ラケットを重くしたのとは違う、ような気がします。



飛ぶラケットだろうという見込みで
4G125を43Pで張りました。

まだスクールでしか使えていませんが
デカ厚ラケット感が全くなくて
ずっしり感と振り抜きの良さから
それなりのツアー系を使っているような気になります。

もちろん飛びや弾きはいいのですが
打球感がしっとりしていて
(かなりしなるフレームなのかも)
カンカンした振動は全くなくて
そういう所もツアー系な感じがする要因かもしれません。

すごく安心感があります。


ツアー系な安心感があるのに飛びや弾きが良いからでしょうか
『この感じなのになんで少しアウトなんだろう?』
と思うことがありました。

というか、今でもそう感じることがあります。
だけど安心感があるから
振れなくなるような怖さはない。

不思議、としか言いようがないです。


スピンがすごい
とか
めちゃくちゃ弾く
とかいうわかりやすい特徴は感じませんが
このスペックなのに振った感じと打球感がツアー系っぽい
そんな不思議さが楽しいラケットです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 09:24:34 | Trackback(0) | Comments(0)
フェイスの上のほう

先日のスクールにて。

初めて入ったクラスで
『フェイスの上のほうで捉える』
ことに重点を置いたレッスンを受けました。

手投げから始めて
最後は
・サービスボックスの内側だけ
・後ろ側だけ
・アレーだけ
というように
球を落とす場所を限定したラリーをする
というものでした。


しかしこれが難しいこと。

なんでもないチャンスボールなのに
狙った所に落とせない。


要するに
『フェイスの上のほうで捉えるとコントロールがしやすい』
ということなんですが…。


ストレスは高かったんですが
いい練習でした。



レッスン後の帰り道
うまくできなかったことをウジウジ思い返していたら
気づきました。


フェイスの上のほうで球を引っかけようとする意識が強くて
自然とスイングが速くなっていたのです。

私本来のゆったりしたスイングでこれを意識するには
『上のほうに乗せて運ぶ』
くらいのイメージでよかったのではないか。


そう気づくと早く試したくなるのですが
次のテニスはいつになることやら…。

っていうか、レッスン中に気づけないこの石頭。
課題は山積みです。

人気blogランキングへ 道は未だ遠く…。よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 08:01:56 | Trackback(0) | Comments(0)
ブラックヴェノム115

性能的にはすごくよかったRIPOSTですが
あっという間に切れてしまいました。

いろいろ考えた末
デカ厚ラケにユルポリ
という初心に立ち返ることにしました。


せっかくなら真逆にしたいと思い
ショップの方に『とにかく細いポリを』とお願いして
出してもらったのがコレ。


ブラックヴェノム1.15


デカ厚ラケ(パワーブリッジ1)に40Pで張ったので
情報としての信頼性はほぼ0ですが
(そんなセッティングでポリを使う人はまずいない)
一応感想など。


細さのおかげかフラットで捉えても
いい感じで回転がかかってくれます。
スピンをかければ確かな引っかかりを感じ取れます。

打球感はポリにしては柔らかめな方だと思います。

今まで使ったポリと比べると
・プロハリケーンツアー125のような面全体で球を掴む打球感ではなく
・ブラックコード128のようなスイングの力が何%か吸収される重さはなく
・ポリプラズマ124のような硬質な弾きはなく
・M2プロのようなスイングの速さ遅さで打球感が変わることはなく
・4G125のような硬さはない
といった感じです。

ポリっぽい人工的な感じが少ないので
4Gを引っかかるようにして打球感を柔らかくした
と表現したほうが早いかもしれません。


打ったなりの弾きで回転はしっかりかかる。
性能的に目立つところがない分自然に使える。

いいところばかりのようですが心配な点も。


ポリはナイロンに比べて球を捉えた後の戻りが遅いそうです。
それをデカい面のラケットに
しかもユルく張っているので
面圧はかなり下がっているものと思われます。

それで押し出すような打ち方をしているから
一打ごとの衝撃が普通のセッティングと比べて増しているのではないかと
考えるわけです。

もっともこれはブラックヴェノムのせいではなく
デカいラケットにユルく張っているせいだと思いますが。


そんな心配を別にすれば
今のところいい感じに使えています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



ストリング関係 | 17:16:12 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。