FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ブラックヴェノム115

性能的にはすごくよかったRIPOSTですが
あっという間に切れてしまいました。

いろいろ考えた末
デカ厚ラケにユルポリ
という初心に立ち返ることにしました。


せっかくなら真逆にしたいと思い
ショップの方に『とにかく細いポリを』とお願いして
出してもらったのがコレ。


ブラックヴェノム1.15


デカ厚ラケ(パワーブリッジ1)に40Pで張ったので
情報としての信頼性はほぼ0ですが
(そんなセッティングでポリを使う人はまずいない)
一応感想など。


細さのおかげかフラットで捉えても
いい感じで回転がかかってくれます。
スピンをかければ確かな引っかかりを感じ取れます。

打球感はポリにしては柔らかめな方だと思います。

今まで使ったポリと比べると
・プロハリケーンツアー125のような面全体で球を掴む打球感ではなく
・ブラックコード128のようなスイングの力が何%か吸収される重さはなく
・ポリプラズマ124のような硬質な弾きはなく
・M2プロのようなスイングの速さ遅さで打球感が変わることはなく
・4G125のような硬さはない
といった感じです。

ポリっぽい人工的な感じが少ないので
4Gを引っかかるようにして打球感を柔らかくした
と表現したほうが早いかもしれません。


打ったなりの弾きで回転はしっかりかかる。
性能的に目立つところがない分自然に使える。

いいところばかりのようですが心配な点も。


ポリはナイロンに比べて球を捉えた後の戻りが遅いそうです。
それをデカい面のラケットに
しかもユルく張っているので
面圧はかなり下がっているものと思われます。

それで押し出すような打ち方をしているから
一打ごとの衝撃が普通のセッティングと比べて増しているのではないかと
考えるわけです。

もっともこれはブラックヴェノムのせいではなく
デカいラケットにユルく張っているせいだと思いますが。


そんな心配を別にすれば
今のところいい感じに使えています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



スポンサーサイト



ストリング関係 | 17:16:12 | Trackback(0) | Comments(1)