■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ツアーバイト その後
張り上げてから2週間経ちました。
使用に際して大きな変化は感じず
安心感のある球の引っかかり感は健在です。


しばらく使っての感想です。

打球音は「カキーン」でも「ボヨーン」でもなく
「パイィーン」というか
薄い板を叩いたような軽めの音で
正直爽快とは言えません。

音だけで判断すると硬いと感じるかもしれませんが
ポリの中では柔らかい打球感だと思います。
 (そもそもユルく張っているので信頼性の低い感想ですが…)


ストロークだけでなく
ショット全般に高い安心感を与えてくれる独特の引っかかり感とともに
乗っかる感じもあります。


ボレーも違和感なくいけるポリは
私が使った中では4Gとコレくらいです。

他のポリだと程度の差はあるのですが
ボレーの時だけ捉えた感じと球の飛び出しに違和感があって…
ユルく張っているせいかもしれませんが。



4Gは打球感やスピン性能に特筆すべき点がなく
全体的に違和感がない。

ツアーバイトは
独特の引っかかりが高い安心感となって
違和感なく使用できる。

どちらも違和感なく使えて素敵なのですが
これといった特色のない4Gと特色のあるツアーバイトと
どちらが試合において有利なのか
判断がつきかねています。

使っていて楽しいのはツアーバイトのほうですが。


幸い試合のシーズンは終っているので
のんびり判断しようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
ストリング関係 | 11:35:33 | Trackback(0) | Comments(2)
新しい何かを習得するのではなく
元々持っているモノを出す

新しい何かを付け加えるのではなく
余計なモノをそぎ落としていく

元々持っているモノの精度や純度を増していく


そういう方向性が正解なのではないかと
思うようになりました。


テニスも対人支援も。


これは謙虚さを失って
ただ傲慢になっただけなのかもしれません。

自分の殻に閉じこもって
未知のものを受け入れない自己正当化なのかもしれません。


『そうじゃない』
という思いと
『その通り』
という思いがあって
でも迷っているわけではなくて
静かな確信のようなものがあったりする。


でもこの確信のようなものは脆くて揺れていて
より正確な表現に近づけるには
もう少し考察なり実践なりを深めないといけません。

人気blogランキングへ 個人的なメモですが、よかったらクリックをお願いします。



雑記 | 19:57:13 | Trackback(0) | Comments(0)
WAVEX AD2011 さらにその後
現時点では最高です。


デカ厚ラケットなのにツアー系みたいなしっとりとした打球感
でもラクはさせてくれるし
実重量もソコソコあるので
軽すぎて相手に球に弾かれてしまうようなこともありません。

スペックからダブルス専用ラケットに見えてしまいますが
シングルスで使っても違和感なくプレーできました。

特にしなるフレームから繰り出すスライスが気持ちよくて
使っていて楽しいです。


・・・


ラケットを見せるとほぼ全員がバカにしたような目になりますが
そんな所も私の気持ちをくすぐります。

確かにフレームはウネウネしているし
スカッシュラケットみたいな形状のフェイスも美しいとは言えません。

でも塗装素材や深みのある赤色には高級感がある、ような気がします。
 (プレステージクラッシックみたいな、と言ったら言い過ぎ?)

左手でスロートを握ると
塗装の重厚感とこのウネウネがしっとりと指に重なり
このラケットでしか感じることができない
「あぁ、WAVEXを使っているなぁ…」
という気持ちになるのです。


もう言い切ってしまいます!

「こんな 気持ち悪い ラケット

 私が使うしかないじゃないか!」

そんな使命感を抱いてしまうのです。
 (メタリックス6を使っていた時もそんな気持ちになっていたような…)



こんな素敵なラケットにも唯一難点があります。

グリップエンドのマークが「N」だか「~」だかわからないのですが
上下の違いがわからなくて
試合前のラフorスムースができないのです。

試合前には
「すいません。コレ、フィッチができなくて…」
と説明して相手の方に回してもらうのですが
たいていそこで苦笑されます。

そんなところも
「私が使うしかない!」
という使命感をかきたててくれる
素敵なラケットです。

人気blogランキングへ 素敵さが伝わったでしょうか?よかったらクリックをお願いします。

関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4 


ラケット関係 | 19:35:49 | Trackback(0) | Comments(0)
ソリンコ ツアーバイト125

単純に試してみたかった訳です。

AD2011に43Pで張りました。

ショップの方も『スピンがすごいそうです』と話していて
否が応でも期待が高まります。



で、無謀にもいきなりシングルスとダブルスの練習試合で使ったのですが

とてもよかった

です。



スピンがすごいとは思いませんでしたが
確かな引っかかりを感じます。

この引っかかり感のおかげで
フォアのループ、アングル、フラットドライブの使い分けと
バックの滑るスライスと山なりのスライスの使い分けがしやすくて
すごく安心感がありました。

ボレーも当たりと球の出方に違和感がなくて
安心して使うことができました。


なぜかサーブだけは難しく感じて
こするような打ち方だと球が死んで浅くなってしまいました。

変な表現ですが
一度フラットで捉えて
そこからスライスなりスピンなりの回転をかける。
そんなイメージで打たないと生きた球になりません。

サーブだけは慣れるまで時間が必要だと感じました。



あと気になるのはゆるみ加減や性能維持の期間です。

しばらく使って問題なければメインにしようと思っていまが
はたしてどうなることやら。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 19:27:37 | Trackback(0) | Comments(0)
テニスメモ

前記事に関連して。


先日のレッスン(というかゲーム)では
技術面の課題も明らかになったので
メモ代わりに記載します。


○サーブ&ボレーの際、前に動きにくい上に余裕を持って止まれない
→サーブで体重移動を使っていない。
固まった状態から動き出す形になるため
動き出しに負担がかかって
その先の余裕が無くなる。
→サーブで体重移動を使ってみると
スムーズに動き出せるかもしれない。

○フォアのクロスやアングルは割と良いが、ストレートに強い球を打てない
→基本的にフォアで左肩が入らないので
クロス打ちはごまかせるが
ストレートに力を込めにくい。
→左肩を入れる
もしくは体側をストレートに向けると
力を入れやすくなるかもしれない。

○ポーチに挑戦するのはいいが、出るタイミングが早くてバレる
→スタートが早い。
バウンドする前にスタートを切っている。
→バウンドしてスイングに入るまでスタートを我慢すると
ちょうどいいかもしれない。


極々私的な備忘録でした。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 11:04:21 | Trackback(0) | Comments(0)
一本遅い

先日のスクールはバッチバチにやるメンツが揃ったせいか
ダブルスのゲーム形式がいつもより多かったです。

しかも最後は1セット丸々やったのですが
終わりまで競り続ける緊迫した試合でした。


ペアの方の好プレーが光って最終的には勝ったんですが
終盤の勝敗がかかる場面でつい引いたり守ってしまう自分がいて
自分の課題が浮き彫りになりました。


大事な局面でつないでしまう


途中で気づいて修正できたのはよかったのですが
修正までの間、こちらから仕掛けるのが一本、もしくは二本遅くなってしまいました。

本来なら一、二本早くこちらから仕掛けなくてはいけない。


仕掛ける場面で引いてしまったと気づいて
今攻めこまれたらイヤだな
と感じる場面で
相手が攻めてこなかったからよかったのですが
付け入るスキを与えてしまいとても危険でした。



前にも書きましたがダブルスは苦手です。

勝負所で引いたり守ったりしてしまう自分の姿勢を乗り越えないと
ダブルスを楽しめるようにはならないだろうと感じています。

そこが変わればシングルスも変わってくると思うのですが…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 22:42:26 | Trackback(0) | Comments(0)
とりあえずメインに
AD2011です。


団体戦ではチームのみんなから
「何これ?」
「ウネウネが気持ち悪い」
「面がデカすぎじゃない?」
と散々な評価でした…。

でも試合で使い続けたところ違和感なくプレーできたので
とりあえずメインにすることにしました。

なかなかいいですよ、コレ。



2本のうちの1本は4G125を43Pで張りました。
しっかりさとやわらかさのちょうど真ん中くらいで
いい感じに使えました。
球の速さは求めにくいのですが
回転とコースの制御がしやすくて安心感があります。


もう1本はファイヤーストーム(でしたっけ?比較的新しいヤツ)を
48Pで張りました。
4Gより球の速さを求めたのですが
 (ついでにこのストリングを使ってみたかったのですが)
ストリングを変えるよりも同じものを硬くしたほうが
よかったのかもしれないと思いました。

球の速さは出やすくなりましたが
回転と深さの制御が難しかったです。
その割にボレーの弾きが微妙で…

私には難しいストリングでした。


懲りない私は
とりあえず4G125をメインにして
よりよいストリングを求めて
いろいろ試してしまおうと企んでいます。

ツアーバイトとかポリツアースピンとか…

物欲は膨らむ一方です。

人気blogランキングへ とりあえず脱ラケット迷子か?よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 17:46:36 | Trackback(0) | Comments(2)
試合雑感
完全に個人的な忘備録なので読みにくいかもしれません。


<雑感その1>
先日の試合の最後のゲーム。

ベンチのアドバイス通りに腹をくくって
いいポーチを2回決めることができた。
やるべきことをやって、結果もついてきた。

でももしポーチに出て、失敗していたら。

例えばストレートを抜かれたとか
ポーチで捉えたけどミスした、もしくは切り替えされたとかして
結果が伴わなかったら
自分はこのプレーをどう考えるだろうか?

理想としては
「結果は悪かったが、やるべきことはやった」
と考えて
やるべきことをやったという点は評価し
結果が伴わなかった点を練習課題にしたい。


でもそう考えることができるだろうか。

「無理して出なきゃよかった」
と考えてしまうのではないか。

無理しないことがいいことだと考えてしまわないだろうか。

今回はチームのボスのアドバイスがあったから腹をくくれたが
もし自分でポーチを選択して結果が悪かったら
ペアに対する申し訳なさから
選択自体を間違いとみなしてしまうのではないか。
(注:組んでいただいたSさんはそんなことで文句をいう方ではありません)
(私が勝手に委縮するという話です)


もしそうであるなら
私はテニスに結果を求めているのであって
するべきことを選択して実践したという過程は
まったく評価しないということになってしまう。

自分のプレーの結果だけを評価するということは
他者のプレーもそのように評価することになる。

これでは私が求めるテニスプレーヤーから
遠く離れたモノになってしまう。

このあたりがダブルスを好きになりきれない原因で
自分のこういった傾向を乗り越えることが
メンタル的な課題になるのだろうと考えている。



<雑感その2>
我々が並行陣を作って相手が厳しめのロブを上げて
それをフォアのハイボレーでつなぐ時に
セットを顔の前あたりにして
小指あたりから面を入れるだけで返した。

スイングはほとんどなく
いい場所で球を捉えただけで
つなぎのハイボレーにしては生きたいい球を返せた。

結果そこから守勢になることなく並行陣を維持できて
攻勢のまま続いたラリーからチャンスを作ってポイントを取ることができた。

攻勢に出ている状態を崩さないショット
少なくとも守勢に回らずに済ませられるショットであり
個人的には価値の高い一打だったと考えている。

高い精度で実践できるように意識したい。

人気blogランキングへ 試合でしか気づけないことってありますよね。よかったらクリックをお願いします。


試合など | 00:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
団体戦
○6‐2 / 1‐6 / 6‐4

外テニス自体が久々なのにフルセット。
しかも会場はハードコートでした・・・

終わって気づくと体中の筋肉がバリバリになっていて
つりそうだからしばらく着替えもできませんでした。

勝てたからいいものの、我ながら情けない・・・



今回はD5での出場で
以前にも組んでいただいたSさんがペアでした。

1stセットは緊張していましたが
Sさんの積極的なプレーが光って比較的簡単に取れました。


問題は2ndセット。

『なんだかわからないうちに』
と表現するしかない感じで簡単に落としました。

相手ペアは年配の男性で
ハードヒットはありませんでしたが
ポジション取りやボールコントロールに優れていました。

1セット落として、相手がギアを上げたのもありましたが
私も私で
自分で決めようとしてミスを増やしてしまったのと
プランを曖昧にしたままプレーしたことで
こんな結果になったのだと思います。

なんで簡単に落としたのかプレー中は全然わかりませんでしたが
団体戦だからベンチコーチOKで
チームの方々にアドバイスをもらって修正することができました。


といってもファイナルは最初から最後まで息が詰まりそうでした。
4‐3で回ってきた自分のサーブをどうやってキープしたのか
必死すぎて覚えていません・・・。



ところで
今回の試合で改めて確認したことがあります。
 (素人レベルのダブルスの一般論として)

①雁行陣よりは並行陣の方が有利
②ポーチに全く出ない前衛よりは出すぎる前衛の方がいい
③ポーチに出る時は躊躇してはいけない
 (≒ストレートは捨てる)
④ロブを上げすぎると慣れられる

②と③はかねてからの課題です。


特に今回は久々の外テニスで迷惑をかけたくないとか
いろいろ考えてしまって
いつも以上に消極的になっていました。

ファイナルセットの後半でベンチに入ってくれたチームのボスから
『ハードヒットのない相手だからポーチに出放題だろ』
『行くときは躊躇せずに行け』
とアドバイスをもらってやっと腹をくくることができました。


言われる前も
甘い球が来たらポーチに出るよう意識していましたが
さすがにそんな球はなかなか来ません。

抜かれても出るくらいの勇気が必要でした。


ファイナルセット5‐4のサービスゲームで
ポーチに2回出てゲームを決めることができたのですが
そのポーチこそが
相手が打つ直前にスタートを切る(ストレートを捨てた)ポーチでした。

この光景を記憶して、この先も実践し続けないといけません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 21:33:23 | Trackback(0) | Comments(2)
準備を早く、できればシンプルに
プレーの頻度は減っていますが
割と調子はいいです。

頻度が少ないから
自分のプレーに多くを求めない。
そんな姿勢がいいのかもしれません。

今はひとつだけ、強く意識していることがあります。


テイクバックはできる限り早い段階で終えておく。


以前に単発のレッスンで教わったことです。

中級程度の我々レベルにおいて
ミスの多くは準備の遅さが原因である。

ひどい時には
相手の球が自分のコートに弾んでからテイクバックを開始したりしている。
(私のことです)

だから早すぎる準備を意識するだけで
ミスヒットの多くを改善できる。
(もちろん全部ではない)

ミスヒットを減らして
いいポイントでヒットできれば
生きたいい球を打つ確率が上がる。





自分がどのタイミングで準備(テイクバック)を始めているか
たまにチェックしてみると面白いですよ。

自己チェックする手段がない方は
他者のプレーを見るのもいいかもしれません。

意外と準備の遅い方が多いです。

それは
自分にもそういう傾向がある
ということと≒だと思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 13:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。