FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
団体戦
○6‐2 / 1‐6 / 6‐4

外テニス自体が久々なのにフルセット。
しかも会場はハードコートでした・・・

終わって気づくと体中の筋肉がバリバリになっていて
つりそうだからしばらく着替えもできませんでした。

勝てたからいいものの、我ながら情けない・・・



今回はD5での出場で
以前にも組んでいただいたSさんがペアでした。

1stセットは緊張していましたが
Sさんの積極的なプレーが光って比較的簡単に取れました。


問題は2ndセット。

『なんだかわからないうちに』
と表現するしかない感じで簡単に落としました。

相手ペアは年配の男性で
ハードヒットはありませんでしたが
ポジション取りやボールコントロールに優れていました。

1セット落として、相手がギアを上げたのもありましたが
私も私で
自分で決めようとしてミスを増やしてしまったのと
プランを曖昧にしたままプレーしたことで
こんな結果になったのだと思います。

なんで簡単に落としたのかプレー中は全然わかりませんでしたが
団体戦だからベンチコーチOKで
チームの方々にアドバイスをもらって修正することができました。


といってもファイナルは最初から最後まで息が詰まりそうでした。
4‐3で回ってきた自分のサーブをどうやってキープしたのか
必死すぎて覚えていません・・・。



ところで
今回の試合で改めて確認したことがあります。
 (素人レベルのダブルスの一般論として)

①雁行陣よりは並行陣の方が有利
②ポーチに全く出ない前衛よりは出すぎる前衛の方がいい
③ポーチに出る時は躊躇してはいけない
 (≒ストレートは捨てる)
④ロブを上げすぎると慣れられる

②と③はかねてからの課題です。


特に今回は久々の外テニスで迷惑をかけたくないとか
いろいろ考えてしまって
いつも以上に消極的になっていました。

ファイナルセットの後半でベンチに入ってくれたチームのボスから
『ハードヒットのない相手だからポーチに出放題だろ』
『行くときは躊躇せずに行け』
とアドバイスをもらってやっと腹をくくることができました。


言われる前も
甘い球が来たらポーチに出るよう意識していましたが
さすがにそんな球はなかなか来ません。

抜かれても出るくらいの勇気が必要でした。


ファイナルセット5‐4のサービスゲームで
ポーチに2回出てゲームを決めることができたのですが
そのポーチこそが
相手が打つ直前にスタートを切る(ストレートを捨てた)ポーチでした。

この光景を記憶して、この先も実践し続けないといけません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



試合など | 21:33:23 | Trackback(0) | Comments(2)