■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ
すいません。
完全に個人的なメモです。


サイドステップ ~ オープンスタンス ~ 踏みかえ

おへそは前向き

ふんわり大きなステップ
 (頑張って走らない)



どうでもいい話ですが
とうとうAKプロCXを張ってしまいました。


初打ちの感想は

まあまあ?
というかプレーに集中して意識してなかった

というものですが
今までを振り返るとこの感じは
すごく危険な香りがします。

気に入っちゃうかも…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。




スポンサーサイト
テニス・技術面 | 21:31:50 | Trackback(0) | Comments(0)
その神経じゃ調子わるくもなりますよ
先日のシングルスはフォアとサーブがダメダメで
試合どころではありませんでした。

テニスという相手とのゲームを楽しみたいのに
自分のプレーだけに気を向けないといけない。

試合をやる以前の問題です。



で、何が悪かったのか、何が原因だったのか
ジクジク考えていたのですが
どうやら『不調→反省』のラインでは
この問題を解決することは難しいみたいです。

そんなことが書いてある本を読みました。


『その神経じゃ調子わるくもなりますよ』
小林弘幸著/青春新書


コレによると
不調の原因に技術的なことを求めるのは
枝葉の部分をいじっているだけで
肝心の幹や根に抱えた問題を解決することができない
のだそうです。


この幹や根をいかにいい状態にするか
そういう内容の本ですが
不調時への対処法も書かれていて
そちらも興味深いです。


ミスは5つの状況でしか起こらないそうです。

①余裕がないとき
②自信がないとき
③想定外のことが起きたとき
④体調が悪いとき
⑤環境が悪いとき

いつもこれに当てはまらない状況にするのは現実的ではありませんが
今の自分がどれに当てはまるか意識するだけでも
全然違ってくるそうです。


そしてミスから否定的な感情が起こり
それに囚われてしまうとなかなか抜け出せない。

そこから抜け出すには
・口角をあげて
・ゆっくり動き
・ゆっくり呼吸する

そして
こういう場面になったらこう考え、こうプレーする
という準備をして
それを実行する。


つまりメンタル云々ではなく
テクニックと準備の問題なのだそうです。
(それらを含めてのメンタルなのかもしれませんが…)


その他の記載も興味深く
丸坊主ジャッジでは健康系の新書のなかで一番良かったです。

よろしければご一読あれ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
やっぱりフォア

先日のシングルス練習試合は
調子が悪いまま戻すことができず
カカトに靴ズレまでできて散々でした。


ここ最近ずっとよかったフォアが
全然振れなくなってしまいました。

しかもファーストサーブの確率が5割程度。
(コレは調子の問題ではない)

これでは勝てるはずもありません。


調子が悪いなら悪いなりのプレーができないといけません。



この日のフォアハンドは
早すぎる準備を意識しても準備が遅れてしまいました。

構えの問題か
スタンスの問題か
グリップの握りすぎか





この問題を解決するヒントになりそうな
素敵な本を見つけました。

もう少し読み込んでからご紹介します。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 19:04:44 | Trackback(0) | Comments(0)
TRUSOX 追記
このあいだTRUSOXを履いてシングルスをやったら
足首のカカト側に靴ズレができました…。


靴も比較的新しいモノだったので
靴下だけのせいにはできません。

が、靴ズレの形がTRUSOXのゴムの形にぴったりだったので
原因の一つであることは間違いなさそうです。


ソロパッズは靴下のなかで足が動きやすいので
私は靴紐をがっちり締めます。
TRUSOXでも同じようにがっちり締めすぎたから
合わなかったのかもしれません。


にしても
それくらい足と靴のズレを無くす効果が高いので
ご使用の際は気を付けた方がいいかもしれません。

関連記事1関連記事2 

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


買ってみた。 | 09:56:57 | Trackback(0) | Comments(0)
4Gラフ

スピンがよくかかるから楽しくなって
振り回しすぎて自分のスイングを壊してしまう。
そんなツアーバイトは諦めることにしました。
 (あくまでも私のせいであって評判通りいいストリングだと思います)


で、4Gを張りにいつものお店に行ったら
店員さんが
『4Gの新しいのが入りましたよ』
と言うではないですか!

当然試しちゃう訳です。


4Gラフ125

冬季なので今回は40Pにしました。
(前回のノーマルな4Gは43P)



…が



どこか違う?


正直私には
ノーマルな4Gとの違いがわからなかったです。

あえて言うなら
ラフのほうが若干飛ぶかなーというくらい。


118平方インチに40Pなんて緩さで張ってるから
何張っても違いはわからないかもしれませんが。

以上、信頼性が全くないインプレでした。



実はAKプロの新しいヤツが気になってます。

ポリじゃないのに飛びが抑えめという話なので
AD2011にはぴったりなんじゃないかと思ったりして。

このパターン
危険なにおいがします。

人気blogランキングへ 深い森に迷い込まなきゃいいのですが…。よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 18:49:28 | Trackback(0) | Comments(0)
反省させると犯罪者になります

何気なく買ってみた本ですが
すごくよかったです。


『反省させると犯罪者になります』
岡本茂樹著/新潮新書



無理矢理まとめると

反省を強要しても意味がないだけでなく
本音を閉ざして自分の内面と向き合う機会が奪われる。
抑圧された否定的な感情は後になって災いをもたらす。

ということだと思います。
(たぶん)



おそらく著者は親子関係が抑圧的でなく
受容的になることを願ってこの本を書いたと思います。

でも私は
対人支援において支援者が陥りやすい罠を指摘し
それにハマらないための指南書だと読みました。


悪いことをしたら反省させる
支援者がこの呪縛にとりつかれて
しかもそれに気づいていない
そういうケースはよく見受けられます。

もちろん私も例外ではありません。

一見正論に見えるからそれを疑うことはマレで
でも『何か違う感じ』を抱いている。

それを掘り下げることなく放置して
見ないフリをしていた私には
衝撃の一冊でした。



読んでもらうのが一番ですが
印象に残るフレーズをいくつか。

○本音を語らないかぎり、受刑者は自分の内面と向き合うことはできません。

○私は子供の問題行動を歓迎しています。
なぜなら問題行動とは、『自己表現』の一つだからです。

○真の反省は、自分の心のなかにつまっていた寂しさ、悲しみ、苦しみといった感情を吐き出せると、自然の心のなかから芽生えてくるものです。

○皮肉なことに、幸せを感じれば感じるほど、それに伴って、苦しみも強いものになっていきます。



読みやすくていい本なので
職場の仲間に配ってしまおうと考えています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
TRUSOX その後

偶然だと思いたいのですが…


練習ではソロパッズにしています。
(それでも十分贅沢です)

で、何度かTRUSOXを使ってからソロパッズにすると
カカトの抜けが気になってしまい…


ソロパッズは高いクッション性とムレの無さが特徴ですが
最初のインプレでも書いたように
靴下の中で足が動いたりズレたりする感じがします。

だからギッチギチに靴紐を締める必要があるのですが
TRUSOXと比べてしまうと
カカトの安定感に難点が…



いやいや、そんなことない。

今回はたまたま靴紐が緩めだったから気になっただけで
しっかり締めれば抜けるはずがない。

きっとそうに違いない。


けど…

人気blogランキングへ 物欲が目覚めそうな予感が…。よかったらクリックをお願いします。


買ってみた。 | 14:45:45 | Trackback(0) | Comments(0)
もうひとつ登った?


いつも負けてばかりのテニス仲間M氏に
6‐2というスコアで勝ったことは
前回記事にしました。

いぇ~い 
 (本気でうれしいです)


このM氏はハードヒットこそありませんが
ライン際を狙うコントロールと
 (特に両手バックから繰り出すフラットの狙い場所がエグいです)
プレーの引き出しの多さが武器で
私の弱点を確実に攻めてきます。

M氏は私の練習課題を明らかにしてくれる
すごく大事な存在なのです。


M氏と定期的にテニスをさせてもらった初期の頃は
武器である両手バックを柱に
フォアの中ロブっぽいループボールで翻弄され
手も足も出ませんでした。

数試合を経て
私がライジング気味に打ち込んだり
ロングボレーでカットしてアプローチできるようになると
今度はバックにアプローチしてネットで決めるプレーに切り替えてきました。

バックへのアプローチに対して
私の選択肢がスライスで沈めるかロブしかないことを
見切られていた訳です。

で今回、片手バックのドライブを諦めて
以前やっていた両手バックに戻して
アプローチに対する選択肢を増やしてみました。

いくらスライスを打つのが好きとはいえ
毎回沈める技量はないですし
球の速さにも限界があります。

相手はいいロブだけ警戒していればいいので
普通に考えるとポイントを取られる確率が高い。

私が両手バックのドライブを混ぜると
相手がネットで想定する選択肢を増やせるので
その分ポイントを取られる確率を下げることができます。

今回はその通りの展開で
M氏の出足を止めることができました。

そこからは
フォアハンドの展開からアプローチできる球を作って攻撃
という私の形に持って行って
押し切ることができました。

今回M氏の調子は悪かったんですが
ラッキーだけの勝ちではないと自分では思っています。


露骨なくらい私の弱点を突いてくれるM氏のおかげで
私のプレーは確実に広がっています。

とりあえずバックのアプローチをドライブで返せるようになったので
きっとまた何か考えてくるでしょう。

そしてまた私の課題が明らかになるのです。

人気blogランキングへ オールラウンダーへの道は果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。


試合など | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
TRUSOX
新しい靴下を買ってみました。

TRUSOXというもので
有名なスポーツ選手が使っているようなことが
アートスポーツさんのブログに出ていました。

足と靴のズレを無くすことでフットワークが効率よく行える。
そんなうたい文句(たぶん)に惹かれてしまいました。


靴下の足裏に小さい長方形のゴム的なモノがいっぱい付いていて
それが足と靴のズレを無くしてくれるそうです。

ちなみに私の靴のサイズは26.5㎝。
MサイズとLサイズのちょうど中間で迷ったのですが
お店の方の勧めでMサイズにしました。

あと、薄目と厚めがあり
普段はソロパッズを履いているので厚めを勧められました。



履いてみた印象としては
このゴム的なモノの存在感がかなりあります。

慣れれば問題ないレベルでしょうが
すごくペタペタするし多少ゴツゴツするので
気になる人は気になるのかもしれません。
(私は数分で慣れました)

で、問題のフットワークですが
確かに足と靴の一体感があってクセになりそうです。

動きがよくなったというよりは
動きやすくなったと表現するのがより近い気がします。

主観としてはすごくいいけど客観的な効果が出ているのかどうかと聞かれると…

まっ、素人レベルのテニスですし
主観としてよければそれで十分なんですけど。



性能面で不満はなくむしろいいと思いますが
問題はお値段。

一足(一組?)で五千円弱かかります。
ソロパッズなら二足買ってお釣りが出ます。

このくらいのよさに対して私の乏しい小遣いをはたけるかと言われると…


あと耐久性は未知なので
そちらがグンとよければソロパッズから代えてしまうのもアリかもしれないと考えてみたり。
(ソロパッズの耐久性は、悪くはないですがいいとも言えないので)


いい靴下ではあるのでお試しで買ったとしても
大失敗ということにはならないと思います。

耐久性がよければ選択肢としてオススメできるし
お金持ちな方なら今の段階でも問題なくオススメできます。

また悩みが増えてしまいました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

続きを読む >>
買ってみた。 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
地面とつながる感じ

リターンの時は高い確率でこの感じを掴めるようになりました。

サーブを待つ間に
両足を開いてちょっとだけヒザを曲げて
つま先はまっすぐ前向きか少しだけ内股。
前屈みにならないように注意しながら
足裏をユラユラと左右にゆすると
足裏から腰までの下半身が地面とつながって安定するような感じがします。

この感じになると
対応できる範囲内の打球がよく見えて
主観としてミスショットはかなり減ります。

変な表現ですが
足から腰までが作り物になったみたいにしっかりと固定されて
上半身を自由に動かしても下半身はビクともしない。

固まってるから遠い球への反応は鈍りそうな気もしますが
意外とスムーズに動ける。
(守備範囲を客観的に比べたことがないので
正直違いはわかりませんが…)

そんなイメージです。


そういえば意識しなかっただけで
ランニング中にも時々この感じを掴めたことがありました。

下半身が乗り物みたいに勝手に進んで
上半身はそれに乗ってるだけ
というような感覚です。



ボレーやストロークの時もこの感じを掴めるときがあって
その時は余裕を持ってプレーできます。


この感じだと最小限の力しか使ってない気がするのですが
後日モモの裏側や内側が筋肉痛になるので
そのあたりの筋肉を使っているのだろうと
勝手に解釈してます。


いわゆるパワーポジションというヤツなんでしょうか。



最近めっきり寒くなったので
久しぶりにCW‐Xを履いてプレーしたら
この感じが全く掴めなくて大変困りました。
(途中から脱いで、しばらくしたら感覚が戻ってきました)

こういう筋肉の動きを助けてくれる系のモノは
助けてくれる分全体的なバランスがいつもと変わってしまい
うまく調整しきれなかったのかもしれません。


自分の身体意識が向上したように感じているので
この先に何があるのか突き詰めてみたいと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ストリング迷子
ツアーバイトは使っていて楽しいです。

特にフォアのスピン系が楽しくて
ついつい振り回してしまいます。

それだけに自分のスイングを崩してしまいかねないと
考えるようになりました。


あとショートクロスのコントロールに
やや難しさがあるように感じるところもあり…
 (私の技量に対するご意見は受け付けません)



そう考えると
使っていて楽しさは感じないし違和感も特色も感じない
そんな4G125が
試合で使うのはちょうどいいのかなぁ
と思ったり
にしても、使っていて楽しいほうがいいなぁ
と思ったり…。

この二つ以外のストリングにまで手を出したら
今回のストリング迷子は重症化しそうな予感がします。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ストリング関係 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ひとつ登る

先日、全然勝てない方とシングルスをやって
やっぱり負けました。
(4‐6)


スコア的に惜しいというのは今までもありました。
けど、今回は試合運びもいい感じで
課題であるフォアハンドからの展開がよく機能しました。


○フォアハンドの展開からアプローチできる球を作って攻撃する

この形でポイントを重ねることができました。



4‐3で迎えた私のサービスゲームから
相手の方がバックハンドのラリーを主体にしたり
私のバックにアプローチをしたりして
私のやりたい展開を防ぎにきました。

今回はそれに対応できずに負けた訳です。


改めて文章にするのも腹立たしく悔しいのですが
単純ながらもフォアハンドからの展開は通用した。
その分、ひとつ階段を登った感触があります。


次は
○バックハンドのラリーからフォアハンドで打てる球を作ること
もしくは
○バックハンドの展開にさせない工夫をすること
が課題になります。

技術的には
○バックハンドでのループボール
 (最終的にはパスを打てることが目標)
○サーブの球威向上
 (1から作り直している最中)
が課題になります。


試合はいろんなことを教えてくれます。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



試合など | 19:25:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad