■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
久々テニス

セキとハナが長引いて体調がすぐれず
仕事が忙しい時期ということもあり
そのあい間を縫ってまでテニスをしたいという気になりませんでした。


で、体調が戻ったので久々にスクールへ。


調子はあまりよくなかったのですが
高望みはせず
球への入り方と足捌きだけを意識したところ
それなりにいい感じでプレーできました。


やはりフットワークが大事なんですね。



構えや準備を間に合わせるには
球への入りを間に合わせること。

足さえ間に合えば上体はどうにかなる。


生きた打球にするには
上体の流れを止めるなど足捌きを正しく行うこと。

足捌きさえ適切なら腕の振り方はどうにかなる。



何よりも
高望みをしないでプレーしたことが
一番よかったのではないかと思ったり…

難しいものです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・技術面 | 21:48:17 | Trackback(0) | Comments(1)
高校レベル

『読書の技法』(佐藤優著)
という本を読みました。

いろいろ参考になったのですが
なかでも

一般教養の基礎としては高校レベルの知識で十分

との記載があり
教養の欠如を深く自覚している身として
早速行動を起こしてみました。


現代文は学生時代に使っていた
『新釈現代文』
を押し入れから引っ張り出しました。
(ついでに古文と漢文の参考書も)

社会は
『詳説 政治経済研究』

数学は
『忘れてしまった人のための高校数学』

英語は
『all in one Re-Start』

を買い揃えて
勉強をやり直しています。



意外にも国語はあんまりサビついてなくて一安心。
得意科目だったので劣化も緩やかだったんでしょう。

政治経済は興味があってチョコチョコとつまんでいたから
負担感なく楽しくやり直しができています。



問題は英語と数学…

『all in one Re-Start』
の対象は中学卒業程度の力の持ち主とあるので
私程度でもまだなんとかなります。
(それでもツラいですが…)

が、
『忘れてしまった人のための高校数学』
はそもそも忘れるようなモノを持たないまま学生を終えた私にとって
学んでて大変苦しいです。

数学に関しては中学レベルからやり直すべきなのかも。



上記だけでも主観としては盛りだくさんですが
この後には世界史と日本史が控えています。

ホントは英語と数学をトバしてしまいたいのですが
英語と数学こそが大事なのだそうで…。

やれるところまでやってみようと思っています。

人気blogランキングへ 大々的に宣言しないと三日坊主になりそうで…。よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 10:27:28 | Trackback(0) | Comments(0)
フォアハンドでの右足


サイドステップと早い準備を意識していたら
フォアハンドの調子がだいぶよくなりました。

それはいいのですが
我ながら気になる点がひとつ。


外側に振られた時のフォアハンドで
オープンスタンスになるのは自然です。

ですが
余裕のあるときのフォアハンドでも
右足を踏み込んでインパクトを迎えると
体のひねり戻しがスムーズに行えて打ちやすく感じるのです。



普通に考えると左足を踏み込むのが自然なはずです。
それが逆になるだけでなく
オープンスタンスとして考えてみても
左足より右足が前に出る極端なオープンになってしまいます。



私のフォアの欠点は (いろいろあるのですが) 肩が入らないことです。

練習しても直らないのは
肩を入れると前が見えにくくなるからだと考えています。
 (その感じはあります)

それが
この右足前の入り方にすると肩を入れられるのに
しっかり前を見ることができる。



という訳で
可能な限り意識して右足を前にしているんですが
やはり見た目が変なのか
相手に微妙な顔をされることがあります。

このまま続けるつもりなんですが
果たして体の使い方として正しいのか正しくないのか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 18:15:17 | Trackback(0) | Comments(0)
継続決定…
まだ内示の段階ですが
主任代行の継続がほぼ確定となりました。

同じ建物に複数の施設が入っているのですが
ウチじゃないほうの施設の人事がバタつき
全体のバランスを考えると
私がもう一年代行を継続すれば職員体制が落ち着く
というのが打診された理由です。

個人的にはイヤですが
利用者さんが困るのが目に見えているのにヤダヤダいうのも大人げないですし
職場に恩を売っておくのも悪くないので
やむを得ないです。



さて、今やっている主任代行は

とりあえずなんとかして半年間を乗り切る

というスタンスでやってきました。
だから現場のみんなも助けてくれましたが
年度頭からの一年間をそんなスタンスで乗り切ることはできません。

代行とはいえ仮にも現場の長となる以上
一年間を乗り切るには何らかの目標なりビジョンなりの
ともに働くみんなの道しるべ的なものが必要になります。

適切な道しるべを提示するには
ウチの現状を正確につかまなければいけません。


ウチの職場の強みは何で、足りないものは何か
身近なことだけに改めて考えると難しいです。


それは人が人を支援するという意味とか目的とか
そういった我々の仕事の根本を問うような何かがヒントになると思うのですが
言語化しようとするとどうしてもありふれて陳腐な物言いになってしまう。

事務仕事に追われている時期ではありますが
こちらも急いで作らなくてはいけません。

頭が痛いです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

福祉の仕事 | 20:22:18 | Trackback(0) | Comments(0)
アプローチできる球を引き出す

シングルスではなんとかして前に出てポイントを終えたい。

だから
アプローチできる浅い球や死んだ球を相手から引き出すにはどうしたらいいか
と考えている訳です。


で、ゴチャゴチャやろうとして
先にミスる。

試合ではそんなことを繰り返していました。


最近単発のレッスンを受けまして
相手のバック側にループボールのワンパターン
でいいのかもと思うようになりました。

コレはもちろん極論ですが
高い打点のバックハンドをきっちり振り切って
いい球で返せる素人はあまり多くないです。

さらに
高い確率で叩き込める素人は
ほとんどいないと言ってもいい。
(それができる人はもはや堅気の人とは言えない)



そう思ってからしばらく
明らかに攻めるべき球と明らかに守るべき球
それ以外の球のほとんどをバック側へのループボールにしてみたところ
意外といい確率でアプローチできる球を作ることができました。

それがポイントにつながるかは
別の問題なんですが…



私の持ち球(特にフォア)はフラット気味なんですが
この球は強くスピンをかけたい。

深く行けばいいのですが
浅くなると打ち頃の球になってしまいます。

強いスピンをかけられれば
多少浅くなっても押し込むことができる。



来年度の市民大会で生かせるよう
修行あるのみ、です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 16:35:27 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad