■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
泥臭く
久々テニスなのに
またシングルスの練習試合をしてきました。

4時間3人で…


二人とも強くて全然勝てません。
しかも佇まいから体育会上がりと思われます。

2時間たたないうちに体力が切れてきて
さらにここでもマメが破けて
このまま時間が過ぎるだけか…

なんて時に急に思い出したんです。


学生時代は下手くそな似非シコラーとして
泥臭く格好悪くコートを走り回っていた自分を。


それから自分の体力も省みずに
似非シコラースタイルをやってみました。

するとそれまで勝負にならなかったのが
私の流れになってきて
最後の方にはいくつか勝てたりしました。

結果は別としても
やればやるほど闘志がみなぎってきました。

体力的にはホントにキツくて試合後は座り込んでしまうくらいでしたが
気持ちは勝手に盛り上がって
完全に学生気分に戻っていました。


あの頃に比べると体力は確実に落ちています。
体重増に比例してフットワークも悪くなっているでしょう。

だからこそ省エネテニスを目指してきたわけです。


ただやってみてわかったのですが
今の方が有利な点もありまして。


シコラー対策の『いろはのい』として
①自分が前に出る②相手を前に出す
の2点が知られています。

その点私は前に出るのが苦ではない。
というかむしろ好き。
(いいパスは持ってないから前に出られたら困るけど)


しかも学生時代には持ってなかったバックのスライスが
今は得意なショットになっています。

ムーンボール一辺倒のワンパターンではなく
ペースを変える選択肢があります。

シコラースタイルがうまくいかない時に
対処できる引き出しが増えています。

これは学生時代の私にはなかったモノで
今回のシングルス練習試合でも生かすことができました。

つまり似非シコラーの似非たる所に
広がりがでていると感じています。



私の住む地区の市民大会は真夏に3試合もやるので
(しかも1日では終わらない)
衰える一方の体力を考えて省エネなスマートなスタイルを手に入れようと
模索してきました。

それはもっともな判断ですが
そもそもシングルスは真剣にやったら疲れるものです。

結局はラクをして勝てるようになろうとしていた訳で
根本的に間違っていたのかもしれません。


今回の教訓から泥臭く走り回るプレーを基本にして
自分のシングルスを作り直してみようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
試合など | 15:53:19 | Trackback(0) | Comments(0)
はじめての精神科

『援助者必携 はじめての精神科』
春日武彦著


いい本を見つけました。


正論が通用しない対人支援の現場において
支援者である私たちはどう考えて何をするか。

そういうことについて実践的なヒントをくれる本です。



ケースは精神科関連ですが
内容は広く対人支援全般に適用できます。

さっそく同僚に紹介しようと思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 07:36:55 | Trackback(0) | Comments(0)
荒療治

2週間くらいぶりのテニスでしかも病み上がりでしたが
2時間シングルスの練習試合しかやらないテニスオフに
参戦してみました。

いろんな方と4G先取で6試合して勝ち負け半々でしたが
思っていた以上にプレーできて
調子としてはまあまあといったところでした。

荒療治もたまにはいいもんですね。


今回の反省点としては
①攻めるのが一本早かったこと
②前後左右に振られると体が流れてバタついたこと
の2点です。

①については試合勘の問題もありますが
基本的に①も②もフィジカルの問題だと考えています。

フィジカルに不安があるから
後ろでじっくり粘らずに攻め急ぐし
振られてバタつくのは完全に運動不足。

ここ最近はテニスの頻度も減っていたし
週2~3でやっていた帰り道のジョギングも
2週に1回程度になっていました。

そうなると
球を追うのはできても
止まって次を追って…を繰り返すと
グラングラン揺れてしまって
だんだん遅れてしまいます。


足を止めても
体中の余分な脂肪が慣性の法則で流れていき
それを食い止めるほどの脚力もない。

きっとスーパースローとかで見たら
丸坊主2号(脂肪)が外側にピョコンと飛び出しそうな
かなりみっともない画像になっていると思います。


それはさておき
やっぱりシングルスは楽しい。

人気blogランキングへ 手のマメが破けて出血しましたが…。よかったらクリックをお願いします。


試合など | 18:14:57 | Trackback(0) | Comments(0)
中学レベル

意外にも勉強のやり直しは続いています。

学生時代は
テストや受験というゴールと勉強そのものをつなげて考えることができず
能動的に取り組むことができませんでした。
(元々のオツムの問題も大きいのですが…)

でも今はテストも受験もありません。
物理的なゴールはなく
学びたいから学ぶという当たり前の進め方ができているから
あまり苦痛を感じずに続けられているのだと思います。


が、
やはり高校数学のやり直しはハードルが高すぎて…


中学数学に戻っています。


本屋さんで立ち読みして選んだのがコレです。

『大人のための中学数学勉強法』

数字が出る前に
そもそもの出発点である数学を学ぶ目的を
掘り下げて説明してくれます。

文系頭の私にはすごく入りやすかったです。


まだまだ序盤ですが公式の暗記はまったくなく
なぜそうなるか
という考え方や理屈をメインに教えてくれるので
今のところ順調にやり直しができています。


いつまで続くでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 19:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
望まない

最近はインドアスクールばかりで
しかも週1できるかできないか。

そんな環境だと
自分のプレーに多くを望まなくなります。


元々球威で勝負するスタイルじゃないし
ミスなんて言葉は知らないっていうシコラーでもない。

いい感じで振れなくても
あるいはミスが出ても
そういうものだろうと自然に受け入れられます。



振れなかったりミスがでてイライラできるような
うまい人じゃなかったでしょ。
もともと。

という境地です。



自己否定的もしくは虚無的に見えるかもしれませんが
現状を受け入れてしまって気持ちを次の球に向けると
気がついたらいい感じにプレーしてた
なんてことになったりします。

不思議です。



でも一方で
一生懸命練習して
絶対決める!
とか
絶対ミスしない!
なんていう強いメンタルでプレーすることに
強い憧れを抱いているのも事実でして。

たぶん試合で競ったり格上に向かっていく時には
そのほうが強いんでしょうし。



自分の現状を受け入れて肩の力を抜くのがいいのか
より高い場所を求めて肩に力を込めるのがいいのか。

両者の差は
プレーの頻度によるのかもしれません。



珍しくそんなことを考えてしまいました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 08:37:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad