■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
普通に暮らす


新しい年度を迎えてなんだかんだと慌ただしく
ようやく落ち着いてきたところで考えてみました。

重度の知的障害を抱える方々が
社会や地域で普通に暮らすというのは
どういう状態を指すのだろうか。


私は
ありのままの姿が理解されて
受け入れられている状態
と仮定してみました。


もちろん社会や地域で暮らすにあたっては
守らなければならないルールがあるし
守ることが望まれるマナーがあります。

ありのままの姿で許されるには当然限界があります。


でも、それらをすべて身につけなければならないとしたら
重度の障害を抱えた彼らの多くには
到達できないゴールになってしまいます。

それも厳然たる事実です。


いろんな条件を考慮しないでまっさらに考えると
地域で暮らす究極の形は
ありのままの姿が理解されて受け入れられることだと
私には思えるのです。


例えば
ウチに通う某さんのように大声をあげていても
また別の某さんのように大声で泣いていても
また別の某さんのように走り回ってピョンピョンしていても
また別の某さんのように悪態?をついていても

『またやってるねぇ。元気だねぇ』

くらいに受け止められる。


だいぶ先、果てしなく先かもしれませんが
そんな地域にしたいという現場職員の思いが
支援の場で形になりかけています。


今年度の事業計画にその思いを盛り込み
昨年度の事業報告にはその兆しが生まれた経過を記載しました。


ウチの職場のよいところは
上からああしろこうしろと押しつけるのではなく
現場のみんなからの発案で事が進んでいるところです。

果たしてどの程度形にすることができるでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
福祉の仕事 | 07:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
デビュー~初暴れ
一人っ子なので比べようがないのですが
ウチの子である丸坊主Jr(2才8ヵ月)は
育てやすい子だと思います。

親助けの子、とでも言うのでしょうか。


家のモノを破壊し尽くすこともないし
外で大暴れするタイプでもない。
散歩の時もどっかに行ってしまうことなく
だいたい近くにいてくれます。

逆に人見知り?が強すぎて
知らない子が公園に来ると早々に立ち去ろうとするので
そっちのほうが心配なくらいです。



そんな彼が生まれて初めて
外での大泣き大暴れを見せてくれました。


父母(要するに私たち)のあまりの下手さ加減に嫌気がさしたのか
家での散髪ができなくなって数ヶ月。

伸び伸びでもうどうにもならないので
床屋さんデビューさせてきました。


最近の美容院は子供用のイスがクルマになっていて
それを見た丸坊主Jrは大喜び。

目の前にDVDがセットされると
これまた大好きなしまじろうでさらにニッコリ。

やさしいお姉さんが手際よくカットしてくれて
無事にデビューをすませることができたのです。


…が


ご褒美に近くのデパートのゲームコーナーに連れて行ったのが運の尽き。

アレ乗るコレやると縦横無尽に駆け回り
お父さんの手持ちがグングン減り
そろそろ退出を…と促したところで始まりました。



それはそれは激しかったです。


泣く、わめく、床に寝ころぶ
おとうのメガネと帽子は放り投げられ
抱っこしたら噛まれ…

やれやれ。



私だって駄々をこねて泣いた記憶はありますが
私もこんなだったんでしょうか?


当分はデパートに連れて行かないようにしようと
心に誓いました。

人気blogランキングへ とうとうトッキュウジャーに興味を持ってしまいましたが…。よかったらクリックをお願いします。

子育て | 17:46:11 | Trackback(0) | Comments(2)
やっぱり張りたてはいい

すっかり気に入ってしまった
AKプロCX16
ですが
3ヵ月くらいで切れました。

週1程度でこの期間だから
耐久性は普通といったところでしょうか。


さすがに切れる直前には
打った感じと球の出方に違和感がありましたが
その直前までは緩み等の性能劣化をほとんど感じませんでした。

元々緩めの張りが好きで冬期だったこともあり
43Pで張りましたが
それでも飛びは抑えめで硬めの打球感でした。
(私のいい加減な主観ですが)


もうだいぶ暖かくなったので
今回は45Pで張りました。

硬くしたせいか張りたてのせいか
若干弾きのよさが前に出ている感じがしましたが
やはり張りたては気持ちがいいですね。

気持ちがよくてついつい振り回してしまいました。



練習量は増やせないのに
夏には懲りずに市民大会に出るつもりでいます。

まだ試合まで時間があるので
サブラケットで17ゲージのほうを試してみたいと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ストリング関係 | 18:43:59 | Trackback(0) | Comments(0)
シンプルなこと
もうだいぶ経ってしまいましたが
新年度を迎えて新しい利用者さんが入ったので
入所式をしました。

ウチの入所式は結構しっかりとした式で
職員は全員スーツ着用で
紅白幕を出したり
役所や町会の方をお呼びしたり
利用者のみなさんによる出し物があったりして
割と盛りだくさんです。

それだけに担当職員は大変そうですが。


そんな入所式が終わり
まじめな担当職員くんが

アレが足りなかったコレがだめだった

などとへこんでいたので

『ご本人は立派に挨拶できてニコニコしてたし
お母さんなんかすごく喜んで泣いてたよ』

と伝えてみたら
らうつむきがちだった担当くんの目が輝いて
すごく喜んでくれました。

自分の苦労が報われた気がしたのだと思います。



結局はシンプルなことなんだと思います。

人事考課だの勤務評定だの
そういうのは二次的なものでしかなく
私たちは利用される方々のために働いているんです。

私たちを評価するのはまず利用者さんたちである。

それさえブレなければ
誰がどんな評価をつけようが関係ないのです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

続きを読む >>
福祉の仕事 | 13:24:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ケアの本質
『ケアの本質』
ミルトン・メイヤロフ著/田村真・向野宣之訳
ゆみる出版


ブックオフで見つけてしまいました。

対人支援に限定せず
何かに専心する人全てに当てはまる内容になってます。


抽象的な記載が多い分
私が支援の現場で考えたことがフォローされているように感じました。

抽象的なだけに
読みにくさを感じる方もいるかもしれませんが
自分の持つ実例を思い浮かべると
理解しやすくなると思います。


私などとは比べようもないくらい偉大な方なんでしょうが
場所や時代を超えたところで
自分の理解者がいるように感じられて
読んでいてうれしくなる本でした。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 21:42:05 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。