■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
異文化を持つ同僚
昨年度の人事考課に関して
どうしても納得できない
と不満を表明している同僚がいます。

その職員の担当考課者に
私がなることになりました。

要するに押しつけられた訳で
それなりの困難が予想されます。

まっ、いいんですが。


人事考課とは
こういう職員になってもらいたい
という職場からのメッセージに過ぎず
それを受けるか受けないかは各自の選択に任されています。

そんなシンプルなことがなかなか伝わらないようです。

もちろん給料にも反映しますが
ウチの場合反映するのは僅かな部分でしかないし。



私には

メッセージ(評価)を伝える側が別の何かを優先して
もしくは
別の何かも評価と一緒に伝えようとして
結局何が一番伝えたいことなのかが
あいまいになってしまった。
だから『あうんの呼吸』が通用しない人に誤解されることになった。

という風に見えてしまうのです。



どうしても伝えたいメッセージがあるなら
別の何かは切り捨てるくらいの覚悟がないと
かえって危険だということです。

たとえその何かがまあまあ大事だったとしても
それは切り捨てないといけない。


まあまあ大事なことについては
伝えるのを諦めるか
改めて機会を作るしかありません。



一度で全てを解決させようと欲張ってしまう
そういうタイプの失敗例って
案外少なくないように感じます。

たまたま私のいる(あるいはいた)環境がそうだった
というだけかもしれませんが。



そんな訳で
つい最近初回面談を終えました。

とりあえずその場においては
人事考課の狙いや趣旨を理解してくれたようです。

といっても
時間をおいて混ぜっ返すのがこの職員の常套手段
という引き継ぎも受けているので
解決したとは考えていませんが。



公式に出される評価なんてどうだっていい
と思っている私とは
大きく異なった文化を持った職員という話です。
(出された評価に納得しないという選択肢を持っている時点で
私との距離はだいぶ遠い…)


最低月1の面談を行うことになっているので
異文化を持つ方との継続的な対話を通して
私にどんな境地が開けるのか
楽しみにしているところもあります。


ただ、他の同僚と違って
毎回の面談がかなりの真剣勝負になるので
疲れてしょうがないのが難点なのです。

人気blogランキングへ 他の同僚とも真剣に面談しなきゃいけませんが、よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
福祉の仕事 | 17:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
等価交換?続き

AKプロcx17で球乗り感が無くなった
と書きましたが
コレはデカい面(118平方インチ)に緩く張った(45P)ことと
私のスイングの遅さが原因かもしれません。

スイングスピードの速いハードヒッターや
もっと硬く張る方は
17でも球乗り感を得られるかもしれません。

先の記事では
17がダメな印象を与えてしまうかもしれないので
一応但し書きを加えることにしました。

あくまでも今の私には合わなかった
という話です。



基本的に緩く張ったナイロンで打球を操るのは難しいです。

手応えを感じる前に球が飛び出してしまい
安心感がないのです。

AKプロcx16は硬質感と飛ばなさが特徴なのでいいんですが
私が試したナイロンの中で
ユルく張ってここまで安心感があるのはコレだけです。
まぁ使えるかなと思えるのも
前に記事にしたバボラのRIPOSTくらいです。


それに比べてポリを緩く張ると
だいたいどれでもしっかりとした球乗り感があって安心できます。
ゲージの細いものを使えば
確かな引っかかりも感じます。

けど打球感が重すぎて手首や肘を痛めそうな気がします。

さらに打球が失速する(ような気がする)ので
捉えた感じに比べて相手への影響が少なく
自分有利のラリーになりにくい。

うまくいかないものです。
(以上は全て丸坊主主観です)



たぶん自分にはAKプロcx16が合ってるんでしょう。

でもどこかに理想的にピッタリくるストリングがあるはず
という思いは捨てきれないのです。


トニック+の太いのでも試してみようかしら?

人気blogランキングへ 終わらない旅のような気もしますが、よかったらクリックをお願いします。

ストリング関係 | 18:48:58 | Trackback(0) | Comments(2)
腹立たしい

自分で言うのもヘンですが
相当腹を立てています。

しかも今回は
結構持続力があります。


瞬間的にイラっとして

『ねーねー、聞いて。ひどくない?』

とグチって終わり
といういつものパターンとは明らかに違います。



理由は簡単。
同僚の仕事を否定された(と私が感じた)からです。

私自身にはたいした思想も理想もないくせに
いやそれだからこそ
同僚のすてきな試みは大事にしたいと思っているのです。


こうなるとやっかいです。

譲れる余地が無いから対立の構図は崩せないし
さらに私は石頭。

相手にだって受け入れる余地はないだろうし
ここから対話の可能性はあるのでしょうか。





モノの本によると
イラっとした時はアラームが鳴っているのだそうです。

今回はアラームが鳴り響いていて
私はそれを理解している。

しかしここからどうしたらいいか
わからなくて困っています。

ウソ。

わかってはいるのです。
わかりたくないだけで。

人気blogランキングへ 対応を誤ると最悪クビが飛びますが、よかったらクリックをお願いします。

福祉の仕事 | 07:45:47 | Trackback(0) | Comments(0)
等価交換? ~ストリング選びについて~

AKプロcx17を張ってみました。

16に比べると引っかかりがよくて
回転のかかりはいいように感じました。

が、弾きのよさが前に出てしまい
球の乗りが感じられない。

一度の乗せて運ぶような安心感がない。


この球乗り感はスライスやフラットの安心感に関わるため
スライス使いの私にとって大変重要なポイントになります。

話は変わりますが
ポリを緩く張るとこの球乗り感は抜群に良くなりますが
打球感が重くなりすぎて
手首や肘を痛めそうな気がしてしまいます。
(ついでに球が失速する気がして…)


ポリプラズマ123やAKプロcx17を試したのは
16を使ってみて
もう少し球の引っかかりがほしいと考えたからです。

で、引っかかりのよさは得られましたが
16で気に入っていた球乗り感を失ってしまう。


何かを得たらその分別の何かを失う。

『特に不満はないけど、もうちょっと○○だったら…』

くらいのストリングがちょうどいいのかもしれません。




これってラケットにも言えるかもしれませんね。

まっ、私にはAD2011があるからいいんですが。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 17:26:09 | Trackback(0) | Comments(0)
やはりポリは…

なんとなく気分で
久々にポリプラズマ123を張ってみました。
(40P)

悪くはないのですが
どうしても打球感が重い印象を受けてしまいます。

これはポリプラズマのせいではなく
でかい面のラケットにポリを緩く張ったせいでしょう。


ポリを使うとアウトの恐れが少なくなって
安心感があるのはいいんですが
単純に球威がなくなって球がベースライン内に落ちるだけ
という気がしてきました。


実は先日のシングルス練習試合で縦横ポリの方が結構いたんですが
フルスイング以外では球威がガクっと落ちる方が多い。

打球はコート内に収まるんですが
失速して落ちるので深く入ってもあまり怖くない。


私自身を振り返ってみても
フルスイングまでいかなくても芯で捉えたまあまあの打球が
簡単に返される印象が強いです。

相手の様子を見ても押し込まれた感がないし。


私レベルのスイングでは
ポリの性能を発揮させることは難しい。


そう考えて
しばらくポリを選択肢から外してみることにしました。

次こそAKプロcx17を試してみようと思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 19:35:18 | Trackback(0) | Comments(0)
修正力

4G先取のシングルス練習試合に行ってきました。

5試合?くらいして幸い全勝だったのですが
結果よりも大きな収穫がありました。


何試合目か忘れましたが
まあまあのキレで試合を作れていたバックのスライスでミスを連発し
そのせいで0‐2になってしまいました。

嫌な流れの3ゲーム目で
それまでと何が違うかいろいろ試して必死に考えて
姿勢の崩れがミスの原因だと発見しました。


そこから持ち直して逆転できたのですが
勝った結果よりも早い段階で修正できたことが
よかったと思っています。


4G先取だから
流れを取られると一気に持って行かれてしまいます。

モタモタしている余裕がないなかで
自分に何か悪い変化が起きていると感じ取ってその対策までとれたのは
私にとって非常に大きな事です。


最近特に意識しているのですが
練習試合でも勝ちにこだわってのぞんでいます。

本気で勝ちたいと思って試合をするから
うまく行かないときは本気でジタバタするわけです。

もし練習試合だから試合経験を積めればいい
とかって軽く考えていたら
きっとバックのスライスはこのままで
試合の後で
ミスしないように練習しよう
と考えて終わりにしてしまったでしょう。


各ショットで『攻撃』『操縦』『守備』を適切に選択できるよう意識していますが
試合、特にシングルスの試合では
相手の弱点に合わせたプレーや
自分の状態に合わせたプレーが求められます。

そのためには相手や自分の状況を正確に把握しないといけない。

今回に限ってはそれがいい形でできたかなぁと思います。


夏の大会に向けて
少しでもレベルアップしなければ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 15:17:43 | Trackback(0) | Comments(0)
創業者の思い

ウチの施設は設立から20年ちょっと経っています。

ウチの社会福祉法人は
設立してからもっともっと経っています。


前に
ウチの現場職員の思いが支援の場で形になりかけている
というようなことを書きましたが
改めてウチの法人設立時の資料を読み返すと
多くの部分で重なっていて
なんだか勇気づけられました。


創業者の思いを忘れた企業に未来はない

という話はよく聞かれますが
それは社会福祉法人でも同じだと思います。



身内の恥をさらすようですが
大変残念な話を。


数年前にウチの法人の○○周年記念パーティー的なものがあり
私も参加させてもらいました。

大きな会場を借りたとても大々的なモノでした。


その中で利用者有志の出し物として
合唱の披露がありました。

みなさんこの日のために練習してきたのでしょう。
外部からの来賓も多く
働いている私たちだけでなく
利用している彼ら自身のことを伝える
とてもいい出し物だと思いました。

…が

みんなあまり聞いていない。

聞いてないばかりか
方々で話し込んでいる姿まで


外部からたくさんの来賓を呼んでいるから
接待しないといけなかったんでしょう。
こういう席でないとなかなか会えない
久しぶりの顔もあったんでしょう。


にしてもヒドい。

5分少々の合唱さえ黙って聞けないのだろうか。

っていうか
私たちは誰を支援する集まりなのか
完全に忘れているとしか思えません。

○○周年という大きな節目となるこの式典を
ウチの創業者が見たらどう思うだろうか。

ついでに招待した来賓の方からはどのように見えたのだろうか。


法人組織の末端の存在ながら
恥ずかしくて帰りたくなりました。



それから数年。

期間限定とはいえ管理職の端くれになったので
あの時のバカどもを反面教師として
現場のみんなに恥ずかしくない背中を見せなければなりません。


魚は頭から腐る

のだそうです。
と言っても
私がいるのは腹、よく見てもエラ程度の場所ですが。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


福祉の仕事 | 20:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad