■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
区民大会ダブルス二日目

三回戦:2‐6

①相手の2ダボで15‐40。
私リターンでワングリップ前ポジションを試してみたけど、全く気にせずサーブを打ち抜かれて弾かれる。せっかくのチャンスを生かせず。0‐1。
②私のファーストサーブが全く入らず、守勢のまま落として、0‐2
③必死にやってたらギリギリでブレークに成功。1‐2。
④ペアさんがきっちりキープして、2‐2。
⑤『先に仕掛けなきゃ』という私の焦りが裏目に出て、2‐3。
⑥ここでも私のファーストサーブが入らず、2‐4。
⑦リターンミスが重なり、2‐5。
⑧ペアさんが作ってくれたやや甘い球を、私が無理矢理決めに行ってミス。2‐6。

という内容でした。


ダブルスにおいてどちらが悪いということはないのですが
今回に限って言えば
8~9割私のせい
で負けました…。


確かに相手は強かったし
終始余裕を持ってプレーしていました。

にしても
私が先にミスしないとか
ファーストサーブをきっちり入れるとか
決める/つなぐの選択を間違えないとか
今できることは精度良くやらないといけませんでした。

勝手に考えすぎて
空回りしていたところが悔やまれます。

ポイントを決めたいというのは
相手への恐怖の表れなのだそうです。

結局は逃げの姿勢ですね。


ペアさんには申し訳ないことをしましたが
コレを夏のシングルスに生かさなければなりません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
試合など | 17:50:25 | Trackback(0) | Comments(2)
WAVEX KM‐J108

いつも張りをお願いしているテニスショップは
中古ラケット販売が充実していて素敵です。

実本数はそれほどでもないのですが
品ぞろえの絶妙さと
やる気があるのか疑うくらいの値段設定が特徴で
ついつい長居してしまいます。


いつものように張りをお願いしたAD2011を引き取り
つらつらと中古ラケットコーナーを眺めていると
お店の方が
『これ出してるの気づいてました?』
と言うのです。


WAVEX KM‐J108

フェイス:108平方インチ
平均重量:290~300g
パターン:M16×C19
バランス:308~318mm


新品かつ激安だったので
即決してしまいました。
(WAVEXの輸入が取りやめになるとかならないとかいう話もあり…)


さらにWAVEXのフラッグシップモデルであるAD2002も
私の愛機AD2011の後継モデルN2011も
新品かつ激安で置いてあり
本気で鳥肌が立ちました。
(うっかりN2011も買ってしまいました)



使ってみると面の広さ(108平方インチ)の印象より振り抜きがよくて
AD2011よりもスイングの始動を遅くしないと
いい感じでヒットできません。

手元に球を引き込んでひっぱたく
現代風な?打ち方に適しているように感じました。


その割にはAD2011に似たしっとりとした打球感は健在で
古風な味付けもなされているようです。


私のメインラケットは変わらずAD2011ですが
いろいろいじってサブっぽく使えそうな予感がしています。
人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 19:04:58 | Trackback(0) | Comments(0)
区民大会ダブルス初日


というわけで
試合の様子を書き留めておくのです。


初戦:6‐1

この日はかなりしっかりと雨が降っていました。
それでもここの大会は強行するのです。

『丸坊主くん、ココではこれくらい、雨とは言わないんだよ』

たまたま会場で会った大会常連の知り合いは
こともなげにそう言いましたが…。



さて
おかげで球が水を吸ってバウンド後にかなり滑り
フラットスライス系を持ち球にしている私には有利
スピン系の方には不利なコート条件でした。


初戦は硬さがあったものの
コート条件の有利さとペアN氏の活躍で
快勝できました。



二回戦:6‐5 (6G先取のため)

雨やらなにやらで2時間近く待たされました。
一部記憶が曖昧ですが内容を書きます。

1ゲーム:私サーブ
 私サーブは二試合目も好調で、割と楽にキープ。1‐0。
2ゲーム:左利きの方サーブ
 左利きの方のキック気味なサーブにリターンが全く合わせられず、1‐1。
3ゲーム:ペアさんサーブ
 相手のいいリターンと私の凡ミスでペアさんサーブを落とし、1‐2。
4ゲーム:右利きの方サーブ
 相手のファーストボレーからいい展開を作られて、私の凡ミスも止まらず、1‐3。
5ゲーム:私サーブ
 私サーブ(+水を吸ったボール)は合わせにくいようで、いい感じでキープ。2‐3。
6ゲーム:左利きの方サーブ
 私とは逆に、球が水を吸って相手のキック気味サーブの威力が落ちてきました。
 リターンが合うようになり、3‐3。
7ゲーム:ペアさんサーブ
 ペアN氏が作ってくれたチャンボを私が痛恨のミス。落として3‐4。
8ゲーム:右利きの方サーブ
 展開から手堅くきっちりキープされ、3‐5。
9ゲーム:私サーブ
 いい加減私のサーブは通用しなくなりましたが、ペアN氏の好プレーが連発してキープ。4‐5。
10ゲーム:左利きの方サーブ
 全然返らないからバックでリターンするのを諦めて、強引に回り込んだり
 フォア側を空けたポジションにしたりしてみました。
 がんばったかいがあってブレーク。5‐5。
11ゲーム:ペアさんサーブ
 ペアN氏がきっちりキープして、6‐5。

という試合でした。


サーブ以外は基本的に足を引っ張りまくってしまいました。
本当にペアN氏ががんばってくれました。

私個人としては
1‐3になった所でイライラが最高潮になってまずい感じになった時に
そこから気持ちを崩さなかったのがよかったと思います。
次の私サーブでは冷静にプレーできたし。

あと、空回り気味で凡ミスを連発しましたが
自分が前衛の時は可能な限りチョロチョロ動いてみました。
ペアN氏が結果には目を向けず
『それでいいですよ』
と励ましてくれたから続けられたのですが。

攻撃的な前衛の動きはずーっと課題にしていたので
そこもよかったと思います。


さて、来週はシードとの対戦になります。

一週間で何ができるという訳でもありませんが
持っているモノを出し切れるよう
準備したいと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

試合など | 18:36:46 | Trackback(0) | Comments(2)
初日アップ!

いえぇぇぇぃぃ

初日アップ

いえぇぇぇぇぃぃ







失礼しました。


スクールで知り合ったテニス仲間のN氏が誘ってくれまして
区民大会ダブルスで出てきました。

で、初日アップしまして
ニヤニヤしているのです。

次の相手はシードですが。


うふふ

えへへ

あはは

がははははは


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 07:49:21 | Trackback(0) | Comments(2)
おやしらず

痛いんです。

『痛くないはず』と思いこんで
意志の力で引っ張ってきました。

が、
それにも限界がきまして…


私の場合
下の親知らずは深いところで真横に生えているらしく
いつかは取り除かなきゃいけないけど
一仕事になると言われていました。

で、右のは2年くらい前にやりました。

麻酔してたからその時はあまりいたくなかったし
(長くかかったけど)
術後も想像してたより痛くなかったです。

痛み止めももらったし。

他でやったことがないから比べられないけど
お医者さんが上手いのかも。


でもその次に行くのに躊躇してしまって
なんだかんだと先送りにしていたら
いつの間にか歯医者さんから足が遠のいてしまって…



えぇ、そうです。
すべて言い訳です。
100%私のせいです。

ココの歯医者さん、すごく優しいし。




でも痛くて仕方ないから
行ってきました。

怒られるかもなぁ
なんてビクビクしながら。

当時治療中の歯もあったし。
(↑最悪です)



怒られはしなかったんですが
親知らずの隣の歯は虫歯が進んでて
そちらを治療しないと抜くに抜けないそうです。

これからまた
しばらくの歯医者さん通いが始まります。

気が重くて仕方ありません…

人気blogランキングへ 歯は大事にしましょう。よかったらクリックをお願いします。

雑記 | 17:11:27 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad