■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
無念…

夏の市民大会ですが…





DEFしました。


ヨメに急な仕事が入り
加えて子供が発熱。

子供が元気ならばーばに任せる選択肢もありましたが
こうなると打つ手ナシ。


シングルスだったのが不幸中の幸いと言えましょう。
(こういうことがあり得るから基本的にDは出ないのですが)



テニスの調子自体はまあまあなんですが
仕事は忙しいし
親知らずを抜いた跡は痛いし
体調もいまいち。

そんななかでの市民大会DEF…。

ツイてないことが続いています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
試合など | 12:15:52 | Trackback(0) | Comments(2)
言葉にするのは難しい…

先日、利用者さんと調理実習をしました。

みなさんの希望でパスタと唐揚げという
ハイカロリーなメニューになりました。
(たまの調理実習だし、まぁいっか)


で当日、パスタを茹でている隣のコンロで揚げ物をしたのですが
ある利用者さんが揚げ物に興味津々でフライパンの前から動かない…。


付き添っていた職員が
他の仕事をお願いしたり外の景色を勧めたり
なんとかしてそこから動かそうとしましたが
全然ダメでした。


下手に動かすとパニックになって暴れたりする可能性がある方なので
これ以上動かそうとするのはかえって危ないと判断して
私が彼を見守ることにしました。



こういう時、もちろん緊張するのですが
その緊張感を利用者さんに感じさせてはならない。


私の脳内では
…もしココでパニックになったら
腰を掴んで安全な所までタックル
すぐ奥にいい具合なイスとクッションがあるから
多少雑にいってもケガはしないはず…
というような最悪な状況をシュミレーションしています。

でも表情と声は穏やかさをキープして
彼に話しかけたりしています。

自分で言うのもナンですが
こういうのは結構できるんです。


丸顔でタレ目で口角が上がっているから
目を細めていれば穏やかに微笑んでいるように見えます。
(興味のない話やつまらない会議でよく使います)
(ヨメや支援力のある同僚にはバレます…)

精神科の相談員として4年間
患者さんやそのご家族とマンツーあるいは多数対一人で
シビアな内容の面談を繰り返してきたおかげか
相当追いつめられた状況でも穏やかな声で話すことができます。
(コレは身内にもまずバレない)

表情と声をコントロールできれば
支援者発信で利用者の方を不安定にすることはまずない。

当たり前のことなんですが
ナチュラルな声や表情で利用者さんに接してしまう支援者は
意外と多いように見えます。
ナチュラルというより
自分の声や表情を意識しないで利用者さんと関わっているのかもしれません。

かつての(今も?)自分を棚に上げて
えらそうな事は言えませんが。

今回もなかなか緊張する場面でしたが
自分の強みを遺憾なく発揮して
無事にその方を見守ることができました。

やれやれ。



言うまでもなく
利用者さんとの調理実習において
揚げ物と茹で物をすぐそばでやるという危険な状況を作った私たちが
問題外に間違っているのです。
当然、今後こういうことがないようにしなくてはいけません。

が、利用者さんと活動している中で
こういった危険な状況というのは時々やってきます。

それを事前に防ぐ努力とともに
その状況からなんとかして無傷で(あるいは最小限の被害で)抜け出す力というのも
私たちには求められていると思います。


そういうことを若い同僚たちに伝えたいのですが
うまく言語化できなくて困っています。

少人数だったらソコソコ伝えられると思うのですが
職場全体に公式に伝えようとするととたんに難しくなります。

上手く表現できないだけで
すごく大切なことのような気がするのですが…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


福祉の仕事 | 14:35:36 | Trackback(0) | Comments(0)
メモ

ベルリン警察の報道官の言葉

【イスラエルの戦い方を批判するのと
イスラエル人が負傷するのを望んで声を上げることは
全く別の問題だ。
そこは危険水域だ】


欧米ではイスラエルの動きと連動するように
反ユダヤ運動が強まっているそうです。

で、この報道官は行きすぎた運動に自制を求めているわけですが
この発言が持つバランス感覚とでもいうべきモノに
強く惹かれたのでメモに残します。


批判や主張することは認めても
越えてはいけない一線というものは
どうしたって存在するわけです。



話は変わりますが
イスラエルの文字を入れ替えれば
今の私たちにも使えてしまいそうだと思ったのは
きっと私だけではないでしょう。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

雑記 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
病み上がりテニス

扁桃腺に何らかのウィルスが付いて炎症を起こした
とのことで
高熱で3~4日寝込んでしまいました。

蓄え続けた下っ腹がかなり無くなり
立ってるだけでもフラフラ。


リハビリがてら軽くスクールへ、と行ってみたら
スパルタコーチのコマに生徒が私を含めて2名。
しかももう1名は
たまに見かける上級者の男性。


最悪です。


お互い夏の市民大会にシングルスで出るということで
いきなりシングルスのミニゲーム

そこから課題修正のレッスン

シングルス
という内容でした。

普段なら素直に喜べる贅沢メニューですが
さすがに今回はキツかったです。


レッスン序盤で足がつりかけるし
尋常じゃないくらい汗が出るし
なのに生徒2名だから気を抜く時間もない。

『バテる』の向こう側を見たような気がしました。



そんな中だからこそ
再確認したことがあります。

低い姿勢を意識すると
上体を前にかがめるだけになりがち。

正しくは股関節を折って
上体は起こしておく。


疲れたときこそ姿勢を正さないといけません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・その他 | 08:35:17 | Trackback(0) | Comments(2)
なぜ個人レッスンがよかったのか

先日個人レッスンを受けまして
コツの断片を集めていただけの状態から
それらを体系的に整理して
ショットに対する認知を上げてもらったように感じました。

私が集めていたコツの断片はそれぞれに正しいモノではありましたが
状況によっては相反するモノもあったため
バラバラな状態ではうまく使いこなすことができなかった。

知識的に教わったことはそれほど多くなかったのですが
体系化してコツを使用する効率が上がったことで
自分の動きの信頼感は格段に高まりました。


で、気づいたのですが
知識的に教わったことに目新しいモノはなく
今までスクールで教わってきたことと
ほとんど同じ内容でした。

それなのに自分に起こった変化は全然違う。

2時間の個人レッスンが数年間のグループレッスンに勝ってしまった。


もちろんスクール他での蓄積があってのことではありますが
同じようにスクールでのレッスンを続けていて
このような結果が出たとは考えにくい。

もう何年も通っている訳ですから。



この差はいったいどこにあるのか。

頭でっかちだから考えるわけです。



個人レッスンとグループレッスンの違いは
形式として見れば単純に
1対1と1対多数
の差でしかありません。

ただ、今回私が受けた個人レッスンでは

①事前に見てもらいたいポイントを明確にコーチに伝えていた
②初対面の私の課題を10分程度のアップで見抜くことができ
 私の追加の質問にも答えることができるコーチだった
③少なくともこの2時間は自分を空にして
コーチの意見を受け入れるつもりで参加した

という所がグループレッスンと違っていました。
 (一応③はスクールでも意識しているつもりですが)


グループレッスンではある程度レッスンの内容が決まっているので
①の実行は不可能ではないけれど限界がある。
①ができない以上、②の力量を持つコーチであっても
私へのアドバイスは断片的にならざるを得ない。

さらにグループレッスンでは
私ばかりが質問して他の方の時間を浪費させる訳にもいかないので
コーチのアドバイスを腹に落ちるまで突き詰めることができない。

個人レッスンの場合はこの逆になります。
ただ、1対1の時間になるからこそ
③を意識しないと不毛な時間にしてしまいかねない。



丸坊主の結論としては
個人レッスンを生かすには条件があって
それを満たしていなければ
グループレッスンよりもたくさん球が打てる
くらいの違いしかなくなる可能性がある。

グループレッスンには限界があるため
その限界を理解して主体的に取り組まないと
与えられたレッスンをこなすだけになってしまう。

ということになります。

結局はどちらであれレッスンを受ける側の主体性が大事なんですが
求められる主体性の種類が少し違う。



今通っているスクールは
自分にとって都合のいい所がたくさんあります。
なのでそれを生かしつつ
定期的に個人レッスンを受けて
課題を明確にする作業を並行する。

それが今の私にとって
現実的かつ効率的な取り組み方なのだと考えています。

人気blogランキングへ 結局個人的なメモになってしまいましたが、よかったらクリックをお願いします。


テニス・その他 | 00:16:33 | Trackback(0) | Comments(0)
センスの有無 つづき
前記事に関連して。


『腕は無いものと思って振ってください』

『腕は頑張り屋さんだけど、その分すぐ周りのことを忘れる』





この話を対人支援に置き換えたとしたら
『腕』は何を意味するのだろう。

と考えてみたら
つながりがあるように思えて
おもしろく感じました。


無いと思って支援した方がいいモノ。
頑張り屋さんだけど、すぐ周りのことを忘れてしまうモノ。


支援者の願望?
支援者の倫理観?
利用者さんへの思い?
支援者であるという構え?

自分自身?
まさか。




論理的に全くつながりのない二つのモノ (体の使い方の技術/対人支援の技術) から
たまたま重なるワードを拾って
無理矢理つながりを作って
複雑な問題を読み解こうとしているだけなのでしょうか。

人気blogランキングへ 剣術とテニスは体の使い方という共通点がありますが…。よかったらクリックをお願いします。


福祉の仕事 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
センスの有無
バガボンド37巻はとても印象深い内容でした。
 (読みました?)

『腕は無いものと思って振ってください』

『腕は頑張り屋さんだけど、その分すぐ周りのことを忘れる』

って言葉、よかったですね。


さて、フォアハンドが振れないという私の課題は
永遠に続くものと思われましたが
先日の個人レッスンから光が差しはじめています。


いろいろ教わって
言葉にできるものはほぼメモにしましたが
結局は冒頭の言葉と同じことを言っているのではないかと感じました。
 (もう少し言えば、スクールのコーチも同じことを言っていたのかも)
 (個人レッスンを受けてみて、グループレッスンの限界を感じました…)


そういえば個人レッスンのコーチが
こんなことを言っていました。


大きく振るときは10キロのダンベルを振るように
(追い込まれたりして苦しいときなど)
小さく振るときは軽いモノを振るように


重さや軽さをイメージすることは大切ですが
それよりも大切なのは
重さを感じる、あるいは軽さを感じるための
体の使い方なんだと思います。

要するに技術の話なんだと私は理解しました。


技術である以上
下手な人間でもソレを向上させることは不可能ではない。

センスの有無だけで済ませるのは
センスの無い人間の言い訳でしかない。



私にはフォアハンドを打つセンスがありません。
 (フォアに限った話ではない…)
けれど、技術の問題である以上
ソレを向上させる道は必ずある。

その道が見つけられてないだけで。





私には対人支援を行うセンスがありません。
けれど、技術の問題である以上
ソレを向上させる道は必ずある。

その道が見つけられてないだけで。

人気blogランキングへ なんだか繋がってきたような…。よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
天皇論~象徴天皇制度と日本の来歴

天皇論~象徴天皇制度と日本の来歴
坂本多加雄著
文春学藝ライブラリー


私個人の思想信条はさておき
『天皇陛下、万歳』的な本ではないのでご安心を。

天皇について、というよりも憲法論や国家論を通して
この国のよりよい『来歴』を作る試み
であると私は読みました。
(間違っていたら責任は丸坊主にあります)

一回読み通して
今二周目に入っているところです。



疑問に思うことについて私なりにいろんな本にあたって
そこからのつながりでこの本にたどり着きました。

戦後からのこの国の歩みが
ある部分ですごく歪んでいる
もしくは偏っているように感じて
でも何がどう歪んだり偏ったりしているのか
はっきり掴めないでいました。

そんな疑問の多くがこの一冊で解説されたような
そんな気がしています。

現行の日本国憲法を軽いもの
押しつけられたもの
と考えている方がいらしたら
一度読んでみるといいんじゃないかと思います。



冒頭の
相互理解が必ずしも平和をもたらすわけではない話
『選択する自己』から『物語る自己』の話
自分自身が納得して語り他者にも受け入れられるような『筋』の話
から、私の心は鷲掴みにされました。


それ以降の論も私を掴んで離さず
この先の未来を主体的に歩めるような『来歴』のあり方を
提示してくれています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 08:37:54 | Trackback(0) | Comments(0)
個人レッスン

前から気になっていたコーチの
個人レッスンを受けに行きました。

まぁ、それなりのお値段はしましたが
十分満足な内容でした。

しっかりしたコーチなら
というのは大前提ですが
本気で何かを得ようとするなら
個人レッスンに勝るものはないのではないか。

そんな風に感じました。


と言っても
定期的に受けられるような財力は私にはないので
教えてもらったことを普段の練習で意識して
たまに個人レッスンを受けて再確認する
というやり方になるでしょうけど。


今回は夏の市民大会に向けて
フォアハンドを集中的に練習しました。

長年の懸案事項である私のフォアハンド
今度こそ改善されるでしょうか?

人気blogランキングへ 個人的な手応えは十分なんですが…。よかったらクリックをお願いします。


テニス・その他 | 16:01:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad