■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
T‐FLASHの打ち比べ

近くのテニスショップに2モデル前の285が売っていたので
(人の顔が書いてあるヤツ)
思わず買っちゃいました。

ちなみにこのあいだ買った315は1モデル前のモノです。


早速いじって315と重さを近づけると
意外と違和感なく併用できてラッキーでした。


285は315に比べてしなりを感じにくくて中厚感タップリな打球感でした。
飛びは285のほうがいいと思います。



両方ともシングルスの練習試合で使ってみましたが
思ったより使えました。


しかし315は振り切ってナンボ、のラケットのようです。
疲れが見えてた後半には厳しさを感じました。

重たい分振り出しさえすれば
あとはラケットが何とかしてくれます。

その時はラケットに球が張り付くような感じがして
安心してコントロールできる気がします。

が、疲れてきて準備が遅れて
手打ちとか押し出すような打ち方になると
適当に弾いてしまう感じで
いきなり制御できなくなってしまいます。

守備に回っても
きちんと捉えるとそれなりの球質を維持して相手に返せますが
適当に帳尻を合わせようとすると打ち頃な死んだ球になってしまいます。


重くしたとはいえ285は多少雑にいっても
フォローしてくれる範囲が広いです。



とりあえず市民大会は来年の夏なので
それまでに1日最大3試合
このラケットを使い続けられる体力を課題にしようかと思います。

人気blogランキングへ 割とすぐ2011に戻りそうな気もしますが…。よかったらクリックをお願いします。



スポンサーサイト
ラケット関係 | 19:33:04 | Trackback(0) | Comments(0)
ぶつける?
基本的にダブルスは練習会くらいでしかやらないから
いいと言えばいいんですが
先日、練習会で

小細工に走りすぎ!
チャンスボールは相手にぶつける気持ちで!
 (相手が格上なら特に)

と指摘されました。


私、コレができないんです。

練習以外でダブルスをしないのは
コレも理由なんです。


その点シングルスはバッチバチに打ち込んでも
相手に当たるなんてことはまずない。

安心して振り回せます。

元々振り回すタイプのプレーじゃないけど…。



今回受けた指摘の趣旨はわかります。

本当に強い人とは
必要なら相手にぶつける選択もできる人なのでしょう。

そういう心構えとか覚悟とか
腹をくくるモノがないと
強くなれないのかもしれません。

結局は1ポイントに対する執着心なんだろうと。


『そんなことしなきゃならないくらいなら
 弱くても負けてもいいや』

というスタンスを指摘されたんだと思います。

確かに私、少なからずそういうところがあるし。



といっても
私ごときのヘッポコスイングでは
ぶつけてケガさせるような剛球は打てませんから
心配する必要はないんですけどね。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・メンタル面 | 10:43:20 | Trackback(0) | Comments(2)
清竜人

完全にハマっています。

音楽好きな同僚にも勧めているくらいです。
(今のところ迷惑がられてはいないみたいです)



私はニワカなので全てのアルバムを聴いた訳ではないのですが
透明感満載でポップな『PHILOSOPHY』
実験作と表現するにはあまりにも衝(笑)撃的な『MUSIC』
センスが溢れすぎてもはや方向性という概念すら無くなった『WORK』
どれもお気に入りです。

本当にこの一ヶ月くらいは彼の音楽しか聴いていません。


そんな彼はアイドルグループ?を結成したらしく
11月にシングルを出すそうです。
(センターは自分、女性メンバーは全て自分の妻という設定だそうで…)


最終的に何を目指したいのか凡人の私には想像もつきませんが
すごく楽しそうなことはわかります。

音楽ファンの間では有名な人らしいんですが
一般に広く認知されているとは言えないと思うので
今のうちに押さえておくと通ぶれるかもしれませんよ。

人気blogランキングへ すでに有名な方だったらごめんなさい。よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 14:43:54 | Trackback(0) | Comments(0)
確変終了?
オラオラ系へのイメチェンはまだ続いています。

もちろんテニスの話です。


幸い周りの方に嫌われることもなく
目立って精度が落ちることはなく
意外といい感じです。
 (自分で思ってるだけかも)


が、先日のテニスでは
フォアの球威を高めたい気持ちが先走りして
打ち込んだ時に力が伝わりきらないことが
たびたび見られました。

今までが確変中だっただけで
その確変が終わりかけている
そんな気がしています。

こういうのは今まで何度も経験しています。



フォアの調子が良くなって
色気を出してバックやサーブのスイングをいじって
それが上手くいきだすとフォアが崩れていく。

何度も繰り返してきました。


でも心のどこかでは単なるループではなくて
螺旋階段的に登っているんじゃないかという
希望を捨てきれません。

だからテニスを続けていられるのかもしれませんね。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・その他 | 19:45:29 | Trackback(0) | Comments(0)
過ぎたるはなお及ばざるがごとし


いじくり回したT‐FLASH315ですが
アタマが軽くなって振り回しやすくなりました。

で、シングルス練習会ではフォアが絶好調。


だけど
制御しきれないまま結果だけがすごくいい
という感じだったので
少しだけトップを重くしました。



自分で制御できているなかで結果がいいのと
制御しきれないのに結果がいいのは
明確に分けなければなりません。

今回については
このまま使い続けるとロクなことにならないパターンだと感じました。

今までたくさん痛い目をみてますから。



それはともかく
元グリをレザーに巻き替えて
フレームのしなやかさを感じやすくなりました。

早く外テニスで確かめたいものです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 15:09:36 | Trackback(0) | Comments(0)
T‐FLASH315のつづき

なんかグリップの感触が合わない。
と思ったら、それもそのはず。

元グリがレザーじゃなかったんで巻き替えました。


しっくりきたのはいいんですが
重さやバランスが変わってしまいました。

素振りをしてみるとどこか懐かしい感じが…



これ

2000RIMツアーじゃね?



巻き替えてからは素振りしかしてないので何とも言えませんが
スライスで捉えたときの粘り感なんかは
現代版2000RIMツアーと言えなくもないような…。



なんか
すごく遠回りして振り出しに戻ったような
そんな気がしています。

早くコートで確認したいものです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 09:40:24 | Trackback(0) | Comments(0)
T‐FLASH315ステップフレックス(2011版)
またいつもの悪いクセです。

脳内イメージをオラオラ系にしているので
それにふさわしいモノを持たないと



という訳で
持ってみると重量感がありますが
トップは軽めでブンブン振り回せます。

取り回しはらくちんです。
(私はトップに重みを感じたいので鉛テープを少し貼りました)

フレーム自体の重量感さえクリアできれば
あまり力のない方でも使えるような気がします。


力を抜いてフレームの重さに任せて振ると
いい感じで球に伸びが出ます。

そして飛びはかなりいいと思います。

私はAKプロcx16を45Pで張っているので
余計に飛びの良さを感じるのかもしれませんが
個人的にはAD2011より飛ぶんじゃないかと思っています。

たぶん私は張りませんが
ポリと相性がいいラケットなのかもしれません。



意外だったのが
球が乗る感覚を得やすくて
スライスやボレーが打ちやすかったです。

個人的にはスライスが生命線なのでありがたいです。


いいことばかり書きましたが気になる点も。

飛びがいいことの裏返しなのですが
パワーの制御が難しいです。

ポリを張れば多少は改善されるでしょうが
できれば使いたくないので
なんとか慣れていかないといけません。


あと、私はあまり気になりませんが
打球感は爽快とはほど遠いです。

粘りのある打球感、と言えばそうですが
このへんは好き嫌いかハッキリ分かれそうな気がします。



今後印象が変わるかもしれませんが
・打球が伸びる
・飛びがよい
・スライスが打ちやすい
といった特性は
攻撃する際に力を発揮してくれそうです。

守備に回ったときにどうなるかは
試合で使わないと判断できませんが。

人気blogランキングへ メイン使用となるか?よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 18:27:02 | Trackback(0) | Comments(0)
興味ない

球威を上げたいのです。

スイングもいじっていますが
打っていく球の範囲を広げるよう意識しています。


なので練習では
『ちょっと雑?無謀?』
というくらいの球まで打ってみたりしています。

相手に悪いかなぁと後ろめたく感じたりするのですが
意外と何とも思われてないみたいです。


私が思うほど、他人は私に興味がない

とは大切な真実の一つですが
どうやらテニスでも共通みたいです。



そういえば
『今日の調子は最悪だったなー』
なんて思っても
一緒にやってた人に聞くとそうでもなかったりする。

調子の悪さが目立たないくらいレベルがあがったのかな?
と思ったりしていたのですが
たぶん(間違いなく)勘違い。

私が思うほど、興味を持って見ていないだけ…



だって、私がそうじゃない。

私一人で精一杯じゃない。



と言うわけで、最近は後ろめたさも忘れて
オラオラ系のイメージでプレーしています。

脳内では相当激しくしてるのですが
どの程度変わっていることやら…。

人気blogランキングへ そのうちお誘いがかからなくなるかもしれませんが…。よかったらクリックをお願いします。

テニス・その他 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad