■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆるゆる効果

まだ超ゆるゆる(28P)を使っています。

自分の力で打とうとするとロクなことにならないから
ラケットとストリングに働いてもらうのです。


で、改めてT‐FLASH315や400iを使ってみると
球を捉えた感じが掴みやすくて
すごく使いやすかったです。

当然ストリングの硬さは全く違うのですが
フォアはヘッドを走らせる感覚が生かせるし
ボレーやスライスではラケットとストリングに任せる感覚が生かせます。

各ショットが簡単になったように感じました。



普通のラケット(テンション)と比べてみて実感しましたが
超ゆるゆるを使いこなすのは難しいです。

ただ返すだけなら楽ちんですが
このセッティングでラケットを振って打球をコントロールするには
きちんとヘッドを走らせないといけない。

押したらフカすし
スイングを緩めてもフカします。

それがいい練習になるみたいです。

人気blogランキングへ 新しいことに挑戦したい方は、是非。よかったらクリックをお願いします。



続きを読む >>
スポンサーサイト
テニス・技術面 | 18:13:32 | Trackback(0) | Comments(2)
米津玄師

もしかしたら有名な方なのかもしれませんが
私は最近までこの方を知りませんでした。


今聞いているのは『DIORAMA』というアルバムですが
清竜人級に中毒になってます。
(注:丸坊主換算です)



基本的には気持ちのよいピコピコポップスと言っていいんだと思いますが
要所要所で見せる音のユガみ?ヒズみ?ハズし?具合が素敵です。

きれいなメロディーの中に不安感みたいなものが混ざって
内省的?な歌詞の世界観も相まって
私の中の偏屈な部分を的確にヒットしてきます。



ボーカロイドに提供した曲で有名になった方らしいです。

そのせいかインターネット上に動画がたくさん出ています。

そのうちの一つでも見ていただければ
私の言わんとすることは伝わると思います。


昔から聞き慣れている過去の音楽もいいんですが
新しい音楽も素敵ですね。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 12:44:27 | Trackback(0) | Comments(0)
表現が難しい

118平方インチのラケットに28Pのストリング
そんな変態セッティングを試し続けて実感しました。

ラケットとストリングに働いてもらう。


正しいスイングをするのではなく
ラケットとストリングが働けるのがよいスイングである。

そういうことではないかと。
(力で持って行くとすぐフカすから…)



で、それを続けているうちに
自分が強いのか弱いのか
上手いのか下手なのか
勝つのか負けるのか
そういう諸々がどうでもいいことのように思えてきました。

どうでもいい
と書くと少しズレる気がしますし
実際どうでもいい訳ではないのですが。

やっぱり強く上手くなりたいし
試合にも勝ちたい。





相手から打たれた球をラケットとストリングに打ち返してもらう場合
最適な動線はきっと決まっている。
(たぶん)

その動線をラケットとストリングに伺う。
その声を聞き取れなければ結果(=ミスショット)に現れる。



そのおかげかどうかわかりませんが
コーチからは
『動きが柔らかくなった』
と言われました。

きっと方向性は間違ってないと思うのですが…。

人気blogランキングへ 試合でもやりきれるでしょうか。よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 08:06:47 | Trackback(0) | Comments(0)
ゆるゆる その後

今のところ
28Pの超ゆるテンションはすごくいいです。

手で弾くとボヨンボヨンいうし
打球音も私一人だけ異質です。

でも確かに感じる球の乗りが
自分の打球に対する安心感を与えてくれます。


一度面で捉えてから狙う方向に持って行く

そんな感じがします。


少しでも押してしまうとフカすんですが
叩いてフカす感じはなくて
むしろ43Pより飛びが抑えられてるように感じます。

…気のせいかもしれませんが。



少しでも押したらダメで
ヘッドを走らせる打ち方を強いられますが
精神的には

ラケットとストリングに働いてもらう

そんな感覚になります。


今のところ
とても楽しく使えています。

人気blogランキングへ もう戻れなくなるかも…。よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 20:09:16 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。