■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
自分の打球

ゆるゆるにしたことで
インパクトの情報が得やすくなった気がします。

ストロークでもボレーでも
もちろんサーブでも
一瞬のたわみを感じて放つ球が
自分の打球だと思っています。



それを感じるためには
腕ではなく
ラケットとストリングに仕事をしてもらわないといけません。


ゆるゆるストリングは外テニスでも意外と普通に使えて
修得状況はまあまあというところです。

最近はこすりあげて距離を制御するのではなく
厚く当てた球で制御できつつあります。
(難しいけど)





スイングにおける私の悪癖は数え上げたらキリがないのですが
いい球を打ちたくなって体を回してしまう
というのが代表的なものとしてあげられます。


2~3球いい打球が続くと
もっといい球を…と欲が出るのです。


無くなってはいませんが
ゆるゆるを使って早く気づけるようになりました。



そういえばかつて『弓と禅』という本をご紹介しました。
その本より

「悪い射に腹を立ててはならないということは
 あなたはもうとっくにご存じのはずです。
 善い射に喜ばないことを付け足しなさい。
 快と不快との間を右往左往することから
 あなたは離脱せねばなりません」


私にとってテニスとは
快と不快の間を右往左往することから離脱するための
修練の場にもなってます。

人気blogランキングへ 悟りへの道は果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・メンタル面 | 19:13:51 | Trackback(0) | Comments(0)
自分のスイング


ゆるゆるストリング(+デカ厚ラケ)でプレーし続けて
自分に変化が出てきました。


同じコートにうまい人がいると
今までは
『迷惑かけないようにしなきゃ』
とか
『いつもよりいいプレーをしないと相手に悪い』
とか考えて
当然上手くいく訳がなくて
勝手に崩れていく傾向がありました。

でもコレを使っていつもより球威を上げようとすると
ロクなことにはなりません。

すぐに結果に現れます。

ゆったりでものんびりでも
自分のスイングをするしかないのです。



私は自分のスイングをしよう

自然とそういう気にさせてくれます。





この間の練習会は参加者のみなさんのレベルが高くて
ついつい背伸びをしそうになったのですが
ラケットとストリングが教えてくれました。


格好をつけずに自分のスイングをしよう

人気blogランキングへ 試合でも使えるでしょうか。よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 13:34:05 | Trackback(0) | Comments(0)
新年早々、ですが

パッと見て、何も問題なく進んでいるように思える。
施設長をはじめ、周囲からの評価も高い。

でも『何か』のサインは出始めています。


些細なルーティンワークがおろそかになっている。
継続していることよりも新規のことを優先する。
チームワークの良さと仲の良さを混同している。



でもパッと見はいい感じで過ごせているのです。
すごくいい感じで過ごせているのです。

私にはその『いい感じ』具合が、その浮ついた感じが
得体のしれない『何か』から目をそらしているように思えて仕方ありません。



そういえば、テニスマスターT氏が言っていました。
「すごく調子がいいというのは、すごく調子が悪いのと同じ。
 試合中そう感じたなら、自分のプレーを普段のペースまで落とす。
 でも、それはすごく勇気がいる」


職場を覆っている『すごくいい感じ』を取り払って
普段のペースまで落とす勇気が自分にはあるだろうか。




あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新年早々、暗い文章で申し訳ありません。

職場においてなんとなく感じていたものが
年末年始の休みを挟んでも消えません。
単なる気のせいではなく、私の身体感覚がアラームを鳴らしていて
その原因が解決されていないからだと思っています。

単純に指摘するだけでは不十分です。
何よりもまず、私自身が動いて普段のペースを取り戻すべきです。

年明けの慌ただしさに流されなければいいのですが…。

人気blogランキングへ 新年の決意というにはどうしても暗さが取れませんが、よかったらクリックをお願いします。



福祉の仕事 | 14:14:47 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad