■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
こんなラケットだから?
WAVEXのAD2011というラケットを使っています。

118平方インチでスカッシュラケットみたいなフォルムの
珍しいラケットです。

そんなラケットだから…
という訳ではありませんが
初めてコートで会う方が私のラケットを見た時の反応って
気になってしまいます。


あくまでもざっくりで主観的で
科学的な証拠に基づかない印象でしかありませんが
私のラケットを見た反応については
こんな傾向があるように思えます。


初心者:
相手のラケットからプレースタイルやレベルを推し量るという習慣がない。
そもそも目が行かない。


中級者:
デカ厚ラケット=初心者、と思って軽く見る。


上級者:
一般的に見てこの年齢にはそぐわないデカ厚ラケットに
何か理由があるかもと疑問に思う。


ラケット好き(まれ):
滅多に見ない珍しさが気になって
つい質問してしまう。


ちなみに私は『ラケット好き(内気)』です。
珍しいラケットとか懐かしいラケットを使っている方を見ると
見せてほしいしラケット話をしたくなりますが
初対面だとなかなか言い出せない
的な。





初対面でプレーするときに
私のラケットを見て明らかに軽く見てくる方がいます。
(そりゃ見た目も弱そうだけど…)

確かに私はそんなにうまくないですが
さすがに初心者だと想定してプレーされると
相手は痛い目を見ると思います。

そういう方の実力はせいぜいが私程度なので
プレーしているうちに『あれっ?』みたいな感じになることが多いです。

意外と序盤はそのまま私ペースになったりして。


逆にうまい方や強い方は
ラケットを見た時点で『ん?』という感じになる方が多いです。

警戒、まではいかなくても
手の内を探るように慎重にプレーしてきます。


そもそも私のラケットに関係なく
上級者が私程度の中級者を相手にするときは
慎重に相手の力量を見極めようとする傾向があると思いますが。


ここにはなんだか大切なヒントがあるような気がしています。

人気blogランキングへ ラケット好きに悪い人はいない、かな?よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
ラケット関係 | 09:14:03 | Trackback(0) | Comments(0)
ひとりごと

詳細はほんの少しも書けないのですが…


可能な限り客観的に自分を見ようと努力した上で
私って、クレーム対応が得意なのかもしれない。
(決して好きではない)

得意、までは自惚れだとしても
クレーム対応でするべき事、注意するべき事を
それなりの深さで理解していて
かつ、それなりのレベルで実践できる
…ような気がしています。


そのコツをある程度明文化することはできますが
クレーム対応の実践の場においては
限られた情報で判断しなければならない要所がいくつかあって
その判断基準を明文化することはできない。

できたとしても目安程度です。



…?

>実践の場においては
限られた情報で判断しなければならない要所がいくつかあって
その判断基準を明文化することはできない。


って、そのまんま対人支援に当てはまるじゃないか。


ということは
支援のセンスがなくていつまで経っても下手っぴな私にだって
光はあるのかもしれない。

人気blogランキングへ ホントにただのひとりごとですいません…。よかったらクリックをお願いします。


福祉の仕事 | 19:57:13 | Trackback(0) | Comments(0)
同僚の目

同僚の目を意識するのは
危険なことなんだと思います。


先日、演技的なアピールが多い利用者さんが
ウォーキング活動中に突然ペースを落とし
足を引きずり
(若干わざとらしい)
しまいには足が痛いと座り込んでしまいました。


集団で歩いている中で彼が停まってしまうと
全員が停まってしまいます。

他の利用者さんも見なきゃいけないので
彼だけを戻すわけにはいかない。


正直結構迷ったんですが
決断だけは早い私なので
途中で戻っても差し支えない利用者さん数名選び
座り込んでしまった彼と一緒にして
私が連れ帰りました。

残った利用者さんは私抜きで十分見れるだろうと思って。





まず、座り込んでしまった彼を戻したことで
若干同僚から責められました。

『彼は適切な支援で歩ける人だと思います』
なんて言われて。

口には出さないまでも
『アピールに引っかかって戻しちゃったんだー』
的な視線もヒシヒシと…。

それが支援力の高い素敵な同僚からだったりするので
余計に落ち込みます。

さらに
『一緒に戻した利用者さんから活動の機会を奪っている』
と。
それは確かにその通りです。


それだけに
『だよねー。面目ない』
などと反省してみせたものの
頭の中では必死に自己正当化の理屈をこねくり回すのです。



ココには利用者さんの視点はありません。

同僚から見下されて落ち込む気持ちと
それを挽回したくて自己正当化している気持ち。
どちらも
『同僚からどう思われるか』
がメインになってしまっています。

よりよい利用者支援のためにという視点は
どこに行ってしまったのでしょうか?



ひとつだけ私のよいところは
ここまでのやりとりで自分が『同僚の目』だけを意識していると
自覚していることです。

なので
不毛な自己正当化の欲は捨てて
次回からどうしたらいいかを考えることにしました。


現場で一番年長と言ってもいい私でさえ
同僚の目から完全に自由でいることはとても難しいです。

実感としては不可能と言い切ってもいい。


いい支援をしたいのか
いい支援をしていると思われたいのか

簡単なことなんですが
実践にはかなりの覚悟が必要になります。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

福祉の仕事 | 23:33:32 | Trackback(0) | Comments(2)
超ユルに適したストリングは?

私の思いこみかもしれませんが
超ユルはストリングの性能低下に対してシビアな気がしています。

根拠はないのですが
超ユルで張ってもカチカチで張っても
ストリングが緩んでいく数値は変わらないのではないか
などと考えています。

仮に8P落ちるとして
60Pで張っていたら52P。
(約1割5分減)
28Pで張っていたら20P。
(約3割減)
みたいな感じで。


もしこの理屈通りなら
超ユルのほうが緩みを感じやすいとしても
納得できるような気がします。


で、ストリング選びに迷っているのです。

ナイロン?
ナチュラル?
それともポリ?

そういえばナチュラルとポリは試してないなぁ…。

人気blogランキングへ 迷いの時期は何回目でしょうか?よかったらクリックをお願いします。

ストリング関係 | 21:55:50 | Trackback(0) | Comments(0)
意志疎通支援
知的な障害を抱えている方々を支援しているわけです。

その中でも特に重度最重度と言われる方々が
利用者さんの8~9割を占めます。

私たちの支援自体はあくまでもツールでしかなく
目的はあくまでも
彼らが主体的に社会の中で生活すること
であります。

たぶん。





先日、人数合わせで行かされた研修で
鼻っ柱をぶたれたような気になりました。


○意志疎通支援なんて軽々しく口にしないでほしい

最低でも
①意志疎通支援計画を作る
②意志疎通支援責任者をたてる
③意志疎通支援会議を定期的に開催する
の3点全てを満たして初めて意志疎通支援のスタートラインに立ったと言うべき

という内容でした。


コレ以外にも

○福祉制度は進んできたけれども
親亡き後の保証なんて全然。
地域生活支援だって十分とは全然言えない。

福祉の仕事に就いている方々はどの程度自覚しているのだろうか。


というような話もあり
投げやりみたいな独特な口調と一緒に
強く印象に残りました。

この方も障害を抱えたお子さんがいらっしゃるそうで。





私は考え違いをしていたみたいです。

利用者さんの保護者からの不信感が消えない
などと嘆いていたのは
自分の視点だけでしかモノを見ないからであって
保護者側からすれば

意志疎通支援なんて偉そうなことを言ってるけど
どこまで突き詰めて考えているの?
自分らの自己満足なんじゃない?

と思うのは当然。

だって上記の①②③のどれも満たしてないんだから。

意志疎通支援の名のもとに
支援者の都合を混ぜていると言われたとして
反論するにしても何が証拠になるのか。



当然ですが
個別支援計画で言えば①②③全て満たしていますし
それ以上のこともしています。

が、基本的に個別支援計画は施設内での支援がメインです。
意志疎通支援的な内容は
入っている方と入っていない方がいて
入っている方もごく一部の内容にとどまっています。

意志疎通支援に特化した計画なんて
考えたこともありません。


恣意的に運用しているに過ぎない!
と言われて反論はできますが
『やってる』VS『やってない』
の不毛な水掛け論になるだけです。


しかも
元気に通えている間はみてくれるってことでしょ?

と言われたらグウの音も出ません。


ウチの施設に泊まれる設備はありませんし
その体制もない。

もちろん、どうにもならない緊急事態なら
なんとかするつもりですが
それは『ちゃんとした』泊まれる施設
(つまり入所施設)
に移るまでの一時的な対応でしかない。





この話
長くなりそうなので
続きは別の機会にします。

人気blogランキングへ ウチだけで全て満たせるわけではないのですが…。よかったらクリックをお願いします。

福祉の仕事 | 23:29:30 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad