■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
受かりました!
もはや年間の恒例行事
試験を受けることだけが目標となっていた社会福祉士ですが

受かりました~


わーい。




試験対策はほぼやっていません。

こういう発言はやらしく見えますが本当です。

運が良かったのはもちろんありますが
仕事やそれ以外で学びを積み重ねたことが大きいと思ってます。

科目別の点数に如実に現れています。


自分が仕事で携わった分野
何らかの興味を持って調べていた科目は
8~9割取れている。
一方でそうでない分野は…。

社会福祉士は
合計得点が合格点を上回っていても
0点の科目があれば不合格になってしまいます。

幸い0点科目はありませんでしたが
(あったら不合格です)
明らかに点数の低い科目がいくつかあったので
これから学び直さないといけません。



合格通知が届いて数日は浮かれてましたが
今は自分の理解にムラがあるという事実に
怖さを感じるようになりました。

満点だろうがムラがあろうが
取れた資格に変わりはありません。

逆に言うと
資格を取ってしまった以上
どの分野も理解していると思われてしまいます。


受かってからの勉強が大事
という当たり前のことを実感した次第です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
福祉の仕事 | 07:56:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad