■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大工よ、インドアコートの梁を高く上げよ
題名に意味はありません。
インドアコートでテニスレッスンを受けてきた
ってだけのことです。

天井はまあまあ高くて
特に不満はありませんでした。
やわらかい感じのハードコートで
快適にテニスができました。
インドアはこうであってほしいですね。



さて、またもやお久しぶりです。

体調不良が続いていた訳ではありませんが
考えのまとまらない日々が続いて
なんとなくブログから遠ざかっていました。


ところでテニスにおける私の一番の悩みは
フォアハンドストロークです。
それを克服するべく
「ああでもない」「こうでもない」
とジタバタしているところです。


そんな私でしたが、とうとう

グリップの変更

に挑戦することにしました。



多くの書物や上級者の話から言っても
「結局は長い間なじんだグリップが一番」
という意見が大勢を占めていることは
重々承知しております。

それでもやってみることにしました。



先日参加させていただいた某スクールのイベントレッスンで
コーチとシングルスをさせていただき
 (かる~くボコボコにされましたが  )
その上アドバイスをいただく機会がありました。

そこで
「シングルスでどういうプレーをしたいのか?」
と聞かれたので
「闇雲にフラットで叩いていた時期」
「闇雲にネットダッシュをしていた時期」
を経て今は
「ストロークである程度崩して、最終的に前に出て決めたい」
と答えました。

すると
「ストローク戦を前提にするならば今のフォアのグリップでは難しい」
とのアドバイスをくれたのです。


もちろんグリップをいじるリスクは強調されました。

でもいろいろ試してたいした成果が出てない以上
フォアハンド強化を求めるには
もっと大きな変化に挑戦しないといけないのではないか。

うまく表現できないのですが
その時、直感的にそう思ったんです。



ちなみに今までの私のフォアは
いわゆる「イースタングリップ」でして
球種としてはフラット系が打ちやすいとされています。
で今回挑戦するのが
いわゆる「ウエスタングリップ」。
ラケットを地面に置いて上からそのまま握った感じの持ち方です。


実際に試すと想像したほどの違和感はなかったのですが
腰からきちんと回さないとボールが飛んでいってくれません。
前のグリップだったら多少「手打ち」気味でもごまかせたのですが
ウエスタングリップだとそのへんがシビアになるようです。

早速そのコーチに見てもらうと
「もう少し厚くボールを捉えたい。20cmくらいボールを押す感じで」
とアドバイスをくれました。

そこでレッスンは終わってしまったので
あとはこの冬の間に
厚い握りのフォアを重点的に練習することにしました。


実は私、ラケットの場合と同じで
「ウエスタングリップなんてガンガン打てる人だけの持ち方だよ」
という先入観があったんです。
自分がそういうプレーヤーでないことを自覚していたので
自然と避けていました。

でも「ラジカルなんて上手い人が使うラケットだよ」
と思いつつも
使ってみると意外に使えたじゃないですか。
 (使えてるのか?)
だからきっと「ウエスタングリップ」も
意外にイケるはず(?)

たいした根拠もないのですが
そんな期待を持っています。


まぁ仮にこれで崩れたとしても
元々苦手なフォアハンドですから
失うものは少ない訳です。


まだまだ「どこに打つか」というよりも
「どう打つか」というレベルでしかありませんが
今までと違うフォアハンドが
なんだか楽しくてうれしいこの頃です。



この冬で自分のテニスは上がっているのだろうか?
もしかしたら下がっているのではないか?

そういう疑念にはフタをしてしまいましょう。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


スポンサーサイト


テニス・その他 | 15:59:24 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
直感いいかも!
わたしもグリップ変えてみてます。
奇遇ですねー!!

わたしの場合は両手打ちの手の上下を変えてみたんですが。

夏に厚いグリップにも挑戦しました。ウエスタンまではいかないかもですが。
そのとき「厚く持ってその場ボール付きをすると、すぐに慣れますよ」ってアドバイスされました。

ウエスタングリップでどうなったか、教えてくださいね。
2008-01-23 水 17:35:29 | URL | まる [編集]
グリップチェンジ
てにままも、たぶん厚い。。
たぶん、って、本人が全然自覚していなから(爆)

ドライブ、(スピン)とフォアスライスを交互に打ち分けてる、、、
ひょっとしてグリップチェンジを知らずにしているのか
これも、本人の自覚は全然ありませ~ん(恥)
2008-01-23 水 18:26:03 | URL | てにまま [編集]
グリップ改革ですね!
慣れないうちはかなり違和感感じるみたいですが、頑張ってください!
ちなみにわたしも薄い握りです。
そのせいか、スライスは打てますがドライブは難しいです。

丸坊主さんのストローク改革、順調に進んでいるようですね。
ワタシはまだ「インサイドアウト」で足踏み中です。(爆)
寒くて足は動かないし、トホホですよ~。
2008-01-23 水 21:38:18 | URL | 和 [編集]
お久しぶりです~♪
体調不良ではないとうかがって、安心しましたー

自分のテニスですもんね。
やりたいことやって失敗したなら、それは前進だと思います。
私は自分が「とりあえずやってみて、ダメなら次!」と消去法でタッタカいくほうなので
丸坊主さんの挑戦は、読んでいてとても気持ちがよいです e-68

ちなみに私もウエスタンですよー
2008-01-24 木 12:48:28 | URL | BOOH [編集]
*まるさま

そうなんです。
理屈より直感だったんです。

まだ変えたばっかりですが
ウエスタンにしてみて
高い球が打ちやすくなって
低い球が打ちにくくなりました。

いいんだか、わるいんだか(笑)。


*てにままさま

>ドライブ、(スピン)とフォアスライスを交互に打ち分けて

厚い握りのフォアでスライスは難しいです。
打ち分けられるのはすごいです。

しかも
>グリップチェンジを知らずにしているのか

てにままさまは「天才系」ですね。
頭でっかちの私からすると
ホントにうらやましいです。

頭で考えながらやると
時間がかかってしょうがないんですよねぇ。


*和さま

和さまは薄めの握りなんですね。

ただグリップを厚くしただけなのに
なんだかフォアに
男気が宿ったような気がします。

その前はコースを突いていく
オトナなイメージでやっていたんですが。

イメージだけが先行しているんでしょうか?


*BOOHさま

おおっ!BOOHさまもウエスタンでしたか。
じゃあウエスタン先輩ですね。

なんだかフォアの時だけ若返ったような気がします。

「こんだけかけりゃあ、どっかに入るだろうがぁ!!」

みたいな。
まぁ、コントロールがないだけなんですが(笑)。
2008-01-24 木 23:45:34 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。