■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
タフなのか厚かましいのか
みなさん、こんにちは。

今月中にすごい量の引継ぎと
これまたものすごい量の資料作成を命ぜられている
丸坊主です。

文章の打ちすぎで右腕がしびれてきました。
次のテニスに影響しなきゃいいけど。

でもブログの更新はしちゃうんですが 



作成する資料の多さが理由ではありませんが
 (そりゃそうですな)
今回の異動、一度は反対したんです。


でも次の施設はほとんど新規立ち上げに近い状態で

施設長:「この困難な所に丸坊主さんの経験が求められてるんですよ」

な~んて言われて受けることにしました。
乗せられやすいO型の気質、そのままですな。
 (まぁ固辞したところで業務命令だから逆らえないんですが  )




新規立ち上げ…。




そういえば私の経歴には

新規立ち上げ

という言葉が要所要所でついて回ります。



例えば大学のテニス部。

「テニス部を作ろう!」

と言い出したのは先輩方でしたが
たまたま近くにいた私もお供に加わりまして
先輩方には及びませんが
それなりに大変な思いをしました。

団体戦でコートレフェリーなんてやらされた日にゃあ
 (なぜか私に多く回ってきたような…)
数日前から胃痛に悩まされます。
体育会経験が圧倒的に乏しい我がテニス部。
 (だって新規なんだもん  )
当日のコートでは不手際を連発。
コートレフェリーである私は相手校の苦情受付係として

丸坊主:「誠に申し訳ありません  」

を繰り返していました。

もう自分の試合どころの話じゃないよ。
 (やってなくても勝敗は変わらないだろうけどさ)



部活はドタバタしたままで卒業。

精神科の相談員として社会人の第一歩を踏み出したはずが
新しく作られる「生活訓練施設」の
立ち上げメンバーにされてしまいます。

丸:「まぁヒラ社員だし、一年目だし」

なんてのんきに構えていたら大誤算。
配属されたのは畑違いの課から来た施設長と
私と同期の女の子。
素人同然の我ら3人で
新しい施設を軌道に乗せるのがミッションでした…。


って

できるかい!



話し出すと長くなるんで(泣くかもしれないんで)省略しますが
ものすごく大変な日々を送ることになりました。

ホントにツラかったなぁ。


その後病院の相談員に戻ったりなんやかやがあって転職し
今の法人に採用されます。

そして配属されたのが今の職場。
知的障害を抱える方々が生活する
グループホーム・ケアホームという所でして
ここでも新規立ち上げの一員として
ピカピカな  建物  と
めくるめくドタバタの日々が
私に降ってきたのであります。

そんなこんなで早6年。

ようやく落ち着いてきたと思ったら
またもや(ほぼ)立ち上げの施設…。



ここで重要なのは
私個人が開拓精神に満ち溢れている訳ではなく
私の意思とは別に
いわば巻き込まれるように
新規立ち上げに関わっていることです。


個人としての私は
「安定」とか「平穏」とかを
求めるタイプだと思うんですが。



ところで
ここまで新規立ち上げを繰り返すと
自分なりの「立ち上げ論」みたいなものができます。

立ち上げに際して一番大切なこと
それは…



 降りかかるドタバタに

        耐え続けること
 


これに尽きます。



「もっと準備に時間をかければこんなことには…」

なんてことが実際にたくさん出てくるんですが
そこまで周到な準備を経て行われる事業なんて
ほとんどありません。

それにどれだけ準備を重ねても
実際に動き出せば必ず想定外のことが起こります。
それもたくさん。


どこからか求められる
 (他者からか、あるいは自らのイメージの中からか)
「100%の仕事」というものが仮にあったとして
この混乱期には
必死に頑張ってもせいぜい50~60%程度のことしかできません。

もちろん達成感なんて得られませんし
それはダメダメ社会人の私にとってさえ
かなりツラい  日々になります。

文句を言おうと思ったらいくらでも言う所があります。
投げ出そうと思っても仕方がないのかもしれませんし
実際に辞めてしまう仲間もいました。



でもその時期を耐え抜くことで
見えてくることがあります。



自らがイメージする、あるいは他者から求められる
「100%の仕事」というものが
本当に唯一絶対の100%なのだろうか。
至らない今の我々が行う
このドタバタした現状こそが
「全く別の次元の100%なんだ」って
言うことも可能なんじゃないだろうか。


言葉にするとそれだけなんですが
 (しかもうまく表現しきれていませんが)
そういったことを、体を通して
自らの皮膚感覚として理解できる。
というか理解させられるのです。



これを、ブレない軸を持ち
「タフになった」
と見るか
素直に反省する心を失い
「厚かましくなった」
と見るか
評価は分かれるところですが 



3月以降、間違いなく大変なことになりますが
 (2月の時点で十分大変ですが…)
こんな私ですから 
きっとそれなりにやり遂げられるんじゃないか。

な~んて思ったりしています。

人気blogランキングへ 「厚かましくなった」のほうが強い気がしますが、よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


福祉の仕事 | 01:18:34 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
> 文章の打ちすぎで右腕がしびれてきました。

おおっ!それはすごい!
自慢じゃないけど、ゲームのやりすぎでテニス肘を悪化させかけたことはありますよ!(爆)

何かを新規に立ち上げるのって、パワーがいりますよね。
そして、なかなかそういう場面には巡り合わないもんだと思いますよ。
そういう意味では、丸坊主さんラッキー♪
かなり経験値高めてますよ。
異動先でもバリバリ活躍しちゃってくださいね!
2008-02-08 金 21:09:02 | URL | 和 [編集]
タフで厚かましい人、いいですよねー
(プラス客観性がないと困りますが・・)

私も今年はジュニアのレッスンクラスをひとつ立ち上げました。
それでさんざん苦労しつくしたおかげで、今までの自分が周りの人達にどれほどお世話になっていたのかを痛感させられました。
ありがたいなぁーーとつくづく。

お仕事となると、そのタイヘンさは私の想像のおよぶところではないでしょうが・・
丸坊主さん、ふんばれますように!
2008-02-08 金 21:31:43 | URL | BOOH [編集]
*和さま

ゲームを肘にキますよね。
昔ですが、私にも覚えがあります(笑)。

>なかなかそういう場面には巡り合わない

そうですよね。
「オレ、やるやる!」
みたいなタイプならわかるんですが
この、森の小動物みたいなメンタルの私が
なんでこんなに巻き込まれてしまうのか。

安定した平和な毎日は
いつになったら訪れるのだろうか…。


*BOOHさま

関係ありませんが
テニスの上手い人には
タフで厚かましい性格が多いような…。

プレーには憧れるんですが
ああはなりたくないなぁと
思ってしまいます(笑)。

彼らに比べたら私なんてもう
人畜無害そのものですよ。

>ジュニアのレッスンクラスをひとつ立ち上げました

それは素晴らしい!
でも大変そうですね(笑)。
そういうのを立ち上げると
普通に参加できることがどれだけありがたいか
痛感しますよね。
2008-02-09 土 13:06:59 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad