■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
もはや怠惰なのかも
前記事の続き。


もしかしたらこういう考え方って
福祉の仕事に特有のものなのかもしれません。


働いたことがないのでわかりませんが
いわゆる一般企業ですと
「100%の仕事」というのが厳然と定められていて
それ以外の価値観なんかは
企業の存続を揺るがしかねない
ただの甘えになってしまうのかもしれません。


もっと言えば
福祉の仕事が正解のない(見えにくい)
ものであるという特性に甘えて
私が勝手に
自己正当化をしているだけなのかもしれません。


どんな業界であろうが
客観的に見える形での「100%の仕事」を追い求め
達成しなければならないのかもしれません。







結果が見えにくいこの業界にも
成果主義といいますか
年功序列を越える試みとしての
新しい人事考課が導入され始めています。

その流れ自体に意義を唱えるつもりはありません。
むしろ歓迎すべきことと考えています。


でも私自身は
この先、評価基準がどう変わっても
あんまり気になりません。

そういう物を念頭に入れつつも
そういう物に振り回されてはいけない
そんな風に思えて仕方ないのです。

これもまた怠惰な私の
自己正当化に過ぎないのかもしれませんが。




例えばテニスに置き換えてみます。

恥ずかしながら、こんなへっぽこな私とて
「試合に勝つ」
ことを目標にしています。

勝つために練習をしているし
筋トレをやったり
ランニングをやったり
 (こちらはサボり気味ですが…)
新しいラケットに変えたのも
もちろん試合に勝ちたいからです。


でも「試合に勝つ」以外の価値観
テニスマスターの言う
自分にとっての「正しいテニス」を求めること。
それがなければ試合に勝っても
よろこびがないのだろうとも思っています。



もちろん一人のプロとして給与が発生する仕事
真剣に取り組んでいるとはいえ
ただの趣味であるテニスとを
同じレベルで考えることに無理があるのは承知しています。


それでも私は自分にとっての
「あるべき福祉」というものを探していきたい
それを
「客観的に見える形での成果」
よりも優先したい


う~ん。
少し違うなぁ。


「成果」 → テニスでいう「勝利」
を求めつつも、自分にとっての
「あるべき福祉」 → 「正しいテニス」
を求めていきたい。

かつて記事にした
「救済を越えた支援とはどういうものなのか?」
といった疑問等に答えを出したい。

そういうことなんだと思う訳です。


成果以外の価値観(「あるべき福祉」)求めることによって
成果だけでも
成果以外の価値だけでもない
どちらか一方に左右されない
ブレない自分ができるんじゃないかと。

そうなれば
成果の出ない厳しい時期であっても
必要以上のダメージを受けることなく
希望を持って働き続けることができるのではないか。

成果の出る楽しい時期であっても
浮かれずに働き続けることができるのではないか。







実は今回の異動、結構ショックでして
柄にも無く
働く意味なんてことに
思いをはせてしまいました。

うまく表現しきれない記事でしたが
おかげで私の頭の中は
だいぶ整理がつきました。

お付き合いいただいた方には
読みにくい記事で
ホントにすいませんでした。

たぶん次くらいからは
テニス関係の記事に戻るんじゃないかと思います。


しかしまぁ
仕事関係の話題はどうも
重くなりがちでいけませんなぁ 


スポンサーサイト


福祉の仕事 | 12:44:57 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
頑張って!
前記事とあわせて読んで、、
丸坊主さんが紳士だって、いや真摯だって伝わりましたよww

使命、達成、成果・・・気持ちの上で、それらは報酬と無関係に存在してほしい。それらをひとかけらも感じることのできない職場にいる人たちは、報酬だけに固執して、出来るだけ少ない労力で出来るだけ多い報酬を!と画策するのでしょう。夢を抱くことができる人だからこそ、丸坊主さんは大きな企画を頼まれるのでしょうね。信頼され、それに応えてきたこと、それは胸を張っていいことです(*´∀`)

「神は、その試練に耐えられる人にその試練を与える」

頑張って、進んでください( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪

2008-02-09 土 13:30:12 | URL | てにまま [編集]
仕事とかに対する心のありかたって
こんにちは。
現在、いろいろお悩みのようで、共感するところもあり、呼んだ後とても考えてしまいました。

こういうコメントをすると軽率ななのかもしれませんが、今与えられた仕事をするという世界で、少し遊びをもたれたらよいのかなと思いました。
テニスも、仕事も、与えられたゴール(試合に勝つ、プラン通り業務をこなす)にそって何かをしなければいけないことは間違いないですよね。

そこまで達成してみてから、自分の本当にやりたいことを遂行する。
ってのはいかがでしょうか?

テニスでも一発ハードヒットしてみたりとか、福祉でもやりたいことをやってみるとかってのは、自分に与えられた仕事をこなして始めて行動に移せることだと思います。
逆をいえば、ある程度きっちりやれば、その先は自由だと思うのです。
プラスアルファをできるひとは与えられた仕事を100と考えるひとよりも、もっと強く、優しくなれると思います。

テニスがメンタルなら、仕事は心の優しさが、最終的に大事なのではないかと、最近思います。

支離滅裂かもしれませんが、お許しください。
2008-02-09 土 22:28:57 | URL | ひき [編集]
*てにままさま

こんな記事にコメントをいただき
ありがとうございます。

意に沿わぬ異動話に心が揺れてしまって
「なんで働いてるんだろう」
とかいろいろ考えてしまいました。

つたないながら文章にしてみて
暖かいコメントもいただけて
ようやく頭が整理された感じがします。

断れないものである以上
向かっていって頑張るだけっす。

ありがとうございます。


*ひきさま

こんな記事にコメントをいただき
ありがとうございます。

「与えられた仕事をこなしてから…」

という所に衝撃を受けました。

グダグダ文句を言う前に
するべきことをしなきゃいけません。

社会人になったばかりの頃、
たとえ小さな一灯であっても
この国の福祉を照らしていくんだ!
って仲間と語り合ったことを
思い出しました。
 (お恥ずかしい限りですが)

自分のやりたい事、なんて以前に
するべきことに一生懸命取り組む。

たった10年程度の経験で
勘違いをしていたのかもしれません。

目が覚めました。
ありがとうございます。
2008-02-10 日 20:06:33 | URL | 丸坊主 [編集]
うんうん、福祉ってきりがないって言うか、「ここまでで完成!」っていう明確な区切りがないですよね。
でも、やっぱり社会からは必要とされている仕事だと思いますよ。
本当は何か達成感や手ごたえがあれば、その仕事に携わる人達もやる気や意欲をもちやすいんでしょうけどね。
モチベーションを維持するのが大変です。
ここのブログから、丸坊主さんの真摯で真面目(&お茶目)な仕事っぷりが感じられます。みなさんからも信頼されてるみたいだし。
大変だけど(ここで時々愚痴りながら(^^))長く続けていって欲しいです。

テニスも確かに同じですよね。
「プロ目指してるわけじゃなかろうに・・・」っていわれちゃえばそれまでだけど、自分で納得いくまで突き進みたいです。

なんか無責任な言い方かもしれないですが・・・あとは本人しだいですよ!
迷いながらでも前へ進みましょ♪
2008-02-10 日 20:35:50 | URL | 和 [編集]
*和さま

こんな記事にコメントをいただき
ありがとうございます。

>本当は何か達成感や手ごたえがあれば

確かに「やったぜ!」的なよろこびは少ないかもしれません。

それなら
延々と繰り返される日々の中で
自らのモチベーションとなるものは何なのか?

と、しばらく考えていたことがあります。
頭でっかちなもので(笑)。

人様に公表できるほどまとまってはいないので
もう少しまとめてから記事にしようと思っています。
また重くなってしまいそうですが。

>迷いながらでも前へ進みましょ

今回の異動については
思うところがいろいろあるんですが
とやかく言っても仕方ありません。
とりあえずやるべきことに向かっていくだけっす。

ありがとうございます。
2008-02-10 日 21:20:16 | URL | 丸坊主 [編集]
ガンバっす
新規事業、軌道に乗るまで色々苦労がありそうですね。
まぁ、行けと言われたら、行くしかないのが勤め人の辛いところ。
どんなところに行っても頑張って下さいね。
とりあえず、歯医者は行っておこうw
2008-02-11 月 12:11:03 | URL | 徹 [編集]
私のようないいかげんな人間には到底こなせないであろうお仕事を
これほどまでに真摯に推考そして遂行しておられる丸坊主さんに敬礼。

何といってよいものか・・ただ、私は
「自分は悩みなんてないの。何でもよいほうに考えちゃうの」
なんていう人は苦手です。いや、ちょっとは悩もうよ!とツッこみたくなります。

丸坊主さんのところに、こうやってたくさんの人が集ってこられるのは
あなたのその悩みまくっている姿にみなさん共感してる部分が大きいのでは?
かくいう私も、ですが。

なんだか支離滅裂でスミマセン。
要するに、応援してますよ、と。それだけ。

文字にすると、考えが整理できていいですよね e-365
(↑これで??)
2008-02-11 月 13:57:02 | URL | BOOH [編集]
乗り切れますとも!
丸坊主さんも転機の時期なんですね。
沢山の新規事業を乗り越えてきた丸坊主さん、その経験が
なによりの財産ですね!
私の少なからずの経験からでしか言えませんが
どんなに良い方向に進もうとしても批判はつきもの。
100点100%は無いんですから。でも怠惰・妥協じゃないと思いますよ。
仕事でも趣味でも人から任されるってスゴイこと!
皆応援してますよ~~^^/
2008-02-14 木 12:43:16 | URL | ららこ [編集]
*徹さま

コメントありがとうございます。

確かに行けといわれたら行くしかないんですよね~。
でも頑張ります!

歯医者のほうはまだ…。
気合いで治します!(笑)


*BOOHさま

コメントありがとうございます。

自分の考えを文章にし
それに対して
みなさまからコメントをいただき
だいぶ頭が整理されました。

なんとかやっていけそうです。
ありがとうございます。


*ららこさま

コメントありがとうございます。

ららこさまにも大きな転機があったようで。
気が合いますね(笑)。

お互い頑張っていきましょう!
2008-02-19 火 17:33:50 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。