■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
初優勝! その2
優勝なんて次にいつできるのか? そもそも次があるのか?
全くわからないのでもうちょっとこの話題でひっぱります。
ごめんなさい。


私はペアのKさんのおかげで楽チンでしたが、
それでも優勝するまでは険しい道でした。

「あなた初級じゃないじゃん!」と突っ込みいれたくなる方がたくさんいたり、
(言ってしまえばうちのリーダーHさん組も、ペアのKさんもそうですが)

日差しがまぶしいのにサングラスを忘れてたり、
(太陽が目に入るとその後のラリーは「心の目」で打つことになります)

会場に日陰がなくて焼けちゃったり、

待ち時間が長くて眠くなったり  、

途中から急に風が強く  なったり、

やっぱりフォアが打ち込めなかったり、

試合中ちょっとムカっ  としたことがあったり、

最後のポイントは完全にチキって  当てて返すしかできなかったり…。
(結局Kさんがフォローしてくれたけど)



「な~にが初級ごときで」とか言わないでください。
初級なりにいろいろあったんです。

それだけに嬉しい!
わーい。わーい。


嬉しさのあまり、目標であるテニスマスターT氏に優勝報告をしてしまいました。
そしたらT氏から


「たとえ初級とはいえ簡単には

優勝できない。

その場にいた十数チームの中で

一番強いという結果には

自信を持っていい」



との言葉をいただきました。
以前からこのT氏より


「なんでもいいから

一回優勝してほしい。

絶対見方が変わるから」



と言われていたのです。
それで草トーに出てはいたのですが、なかなか勝ちあがれず…。 
いや~、ここまで長かった。


ただ、初級の優勝で(参加は十数チーム)これだけ大変だったのだから、
レベルフリーで三百ドロー以上ある市民大会に準優勝したこのTさんは
本当に大変だったのだろうな~と気が遠くなったのです。
一つ山を登って嬉しいのですが、その山の小ささも知ったというか。

今は喜びをかみ締めることにして、
明日からはもうちょっと大きな山を目指そうと心に決めたのであります。
(来月の区民大会とか? 急にデカすぎるな)

道のりは果てしなく遠いのです…。
だからみんなハマっていくのでしょうね。



人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 00:44:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad