■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奪う!
まるで懺悔の時間  みたいですが
私のプレースタイルは
「とりあえずつないで凌いでなんとかする」
という一言に集約されます。
 (その割に足は速くないんですが…)

正直、週末社会人の趣味テニスという枠のなかでは
これだけでソコソコ勝ててしまいます。
しかしあるレベルを超えた方々に対しては
格好のエジキ  になるのです。

取りこぼしが少ない変わりに
金星もない。



まるで私の人生そのものではないか! 



人生のほうはともかく
やはり趣味の世界くらいは
男らしくポイントを
奪いに行きたいものです。

かといって
「全部ハードヒット  」
なんていう方向には
いけそうもありません。



そこでテニスマスターT氏からの言葉を
思い起こしたのです。

<プレーのレベル>

第一段階:ミスをしない。バランスを崩さない。

第二段階:ミスをさせる。バランスを崩させる。

第三段階:オープンコートを作る。




相手は私に対して
「ミスをさせよう。バランスを崩させよう」
と強烈な球を打ってきたり
ダブルスだと前衛がチョロチョロ動いて気を引いたり
いろいろやってくる訳です。
そんななかでまずは自分から
「ミスをしない。バランスを崩さない」
ことができないといけない。


T氏自身は
「おそらく第一段階はクリアした」
と話していました。
で今T氏は
試合で第二段階を実行し
練習では第三段階に挑戦している
と言っていました。


今の私は
試合で第一段階を実行しているレベルです。
となると
第一段階のクリアを目指すのと並行して
練習において第二段階に挑戦すればいい。



では「ミスをさせる。バランスを崩させる」プレーとは
どういったものなのか?


私のプレースタイルやショットの種類は
T氏とは違っています。
だからT氏をそのまま真似してみても
あまり意味はありません。







実は生まれて初めてなんですが
電車通勤って悪くない  ですね。

混んでるからなかなか本も読めないし
やる事といったら音楽を聴くくらい。

だからついついこんなことばかり
考えてしまうのです。


新しい職場はまだまだ忙しくて
平日にテニスをする余裕はないのですが
イメージトレーニングだけは
以前よりも充実している気がします。

人気blogランキングへ プレーに反映しているかは不明ですが、よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 10:55:12 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
>「ミスをさせる。バランスを崩させる」プレーとは
どういったものなのか

それは「意外性」以外のなにものでもないと!
セオリー通りにやっていては、いくらオープンコートを作っても
(今はオムニが多いし)あっという間に、そこは塞がれてしまいます。

溜めて打つ、あるいは顔をコースに向けない!
肩でコースを隠すという言い方もしますね^^
相手にコースを予測させないことが重要だと思う!

もっと単純に、強打で打ち抜くって手は、、、
危険ですし、
てにままには無理ですから♡(o→ܫ←o)♥♦
2008-04-05 土 19:35:16 | URL | てにまま [編集]
テニスマスターT氏のいわれる三段階は、うちのコーチからもいわれてます。
そして、相手にミスをさせるためには、強打より「コースだ」というのがうちのコーチの教えです。
少しでいいから(ラケット1本分くらいでOK)相手を左右に動かす、生きた球(回転のかかった球)を打つ、相手が嫌がるところに打つ等等・・・。
特に今は、打ったボールの質をいわれますね~。
パンパン当てるだけの球は、速い球でもタイミングがあえば相手のチャンスボールになっちゃうそうです。
うーん、難しいです~。(-_-;)
2008-04-05 土 21:49:52 | URL | 和 [編集]
和さんのコメントより・・
>少しでいいから(ラケット1本分くらいでOK)
これはイメージしやすいですね!いただき(笑)

ボールの質は、私もよく言われております。
最近はきれいな卵の軌道を描いていないとお褒めの言葉をいただけません・・
確かに百戦錬磨のおばさま方は、速いフラットボール、大好きですもんねー
相手の力を利用してあっさりカウンターとってきますもんね。

電車通勤、妄想自転車と似たような感覚なのでしょうか。
その楽しさ、わかる気がします。
2008-04-07 月 09:03:33 | URL | BOOH [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-04-18 金 21:57:04 | | [編集]
*てにままさま

ご心配ありがとうございます。
うれしかったです。

さて、コメントをいただいた「意外性」ですが
これは私の不得意なところ。
 (私生活でもそうなんですが…)

セオリー通りである程度までは通用しちゃうんですよね。
でもそれ以上の方々には
かえってやりやすいみたいで。

これからは
「予測できない男」
を目指してみます!
 (できるかなぁ?)


*和さま

コントロールはもちろんですが
ボールの質は大事ですよね。

フォアのグリップを変えて
ボールの質は上がってきましたが
まだまだコントロールが…。
 (あとバックハンドはどうしよう…)

大会までに間に合うのかな?


*BOOHさま

>少しでいいから(ラケット1本分くらいでOK)

これはホントにイメージしやすくて
いい言葉ですよね。
私もいただくことにしました。

ご指摘の通り
通勤電車と妄想自転車は
まったく同じ感覚です。
でも短いとはいえラッシュはつらいっす…。
2008-04-20 日 00:14:55 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。