■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
おっさんヒラ社員の宿命か
今の職場の同僚はほとんどが20代。
新卒の子だったりすると22才だったりします。

若いって
ただソコにいるだけで輝いているもんなんですね。
 (遠い目  )


そんな環境だとイヤでも自分の老いを感じます。


「ええっ!若かったんですね!
 もうお子さんとか

 二人くらい いるのかと思ってました!」


実年齢を言うと大抵こんなことを言われます。

まぁね。
二人くらいいてもおかしくないっちゃあ
おかしくないんですが。



そんなオッサンくささのせいか
立場こそ彼らと同じヒラなのに
その扱われ方に微妙な差があるように感じます。
 (こういうヒガみがすでに年寄りくさい)



若者には丁寧な説明を欠かさない上司だって
「こいつには適当でも…」
みたいな
明らかに油断した感じを隠そうともしません。
まぁいいんんですがね 



先日も突然呼ばれまして
こんなやりとりがありました。

上司:「他の法人の人たちがいろいろ集まる部会があって
    ウチからは丸坊主さんにお願いすることにしたから」
丸坊主:「はぁ。それはどんな会なんでしょう?」
上:「んっとねぇ。なかなか楽しい集まりだよ。行けばわかるから」
丸:「はぁ。で何をしたらいいんでしょう?」
上:「とりあえず行ってきて。行けばわかるから」
丸:「はぁ」

「上司と部下の想定問答集」
というテキストがもしあったら
絶対間違い例にされるやり取りではないでしょうか?


ちなみに服装とか持っていく物の指定も
まるでなくって。
かといって気楽に行くと痛い目を見そうな
そんな匂いがプンプンしてきます。
なので押入れの奥にしまったスーツを引っ張り出し
めったに配ることの無い名刺をポケットに隠し
丸坊主なりに想定できる最もフォーマル  なイデタチで
向かったのであります。



実は初めて知ったんですが
法人の枠を超えて
福祉業界に携わっている人たちが研修をしたり勉強会をする
そんな会があるんです。
で、運営側としてその会を裏から支える一員に
任命された  ことを知った訳です。
行ってみて初めて。

あんまりじゃない?


どこぞの施設長さんやら主任さんやら
事務局長さんなんて方もいらして
場違いな感が否めません。
パッと見、お若そうで
 (と言っても私より年上に見えますが)
優しそうな方を捕まえて
いろいろ質問してみて
それでようやく状況が理解できました。

この方も主任さんでしたが。



これから月1回のペースで会合があり
年数回は研修を運営するみたいです。
ってか、つい最近も
泊りがけの研修のお手伝いをしてきました。
 (確かに楽しかったけど…)


なんだか大変そうですし
原則として2~3年はやらなきゃならないみたいです。

もつかしら?

人気blogランキングへ 現場の仕事だけでもいっぱいいっぱいなんですが
よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト


福祉の仕事 | 13:28:26 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
ぷぷぷ。
うちの職場にも丸坊主さんみたいな人がいました!
独身で30代半ばだったにもかかわらず、着任してきた当時「結婚してるよね?」「子供2人くらいいると思うよ」と、まさに同じ会話がかわされてました。
体格はいいんですが、物腰が柔らかくて落ち着いた「いいパパ」って感じの人なんですよ。
丸坊主さんもそんな感じなんでしょうねぇ。

> 法人の枠を超えて
福祉業界に携わっている人たちが研修をしたり勉強会をする
そんな会

なかなかそんなところに参加する機会、ないかもしれませんよ。
しない方がラクチンですが、裏事情を知るいい機会かも。
テニスも仕事も修行ですな。(^^)
がんばってください♪
2008-05-26 月 20:43:19 | URL | 和 [編集]
なんといいますか
私の中の丸坊主さんのイメージそのまんまというか(笑)
「どこにぽーんと放り出しても、自力で無難にこなしてくれる」
という信頼感を勝ち得ているのでしょうね。頼もしい!
それにしても、そんな面倒な役を振るのに

>行けばわかるから

すごい無茶ぶり(笑)
・・で、やっぱり結局なんとかしちゃった丸坊主さんに拍手~e-370
2008-05-27 火 09:05:13 | URL | BOOH [編集]
>任命されたことを知った訳です。行ってみて初めて。

確か丸坊主さん、学生時代にも監督にだまされて(?)
外国人も出るようなオープン戦に出てしまった事があったんじゃ^^;
「知らずに大舞台」の運命!?
でも出来る人にしかお役を振らないでしょうから頑張って下さいね~!!
2008-05-30 金 01:00:54 | URL | ららこ [編集]
*和さま

確かにこんな機会はなかなかありませんし
そういう機会を与えてくれたことに関しては
すごく感謝しています。
でも雑すぎですよね?

まぁいいんですが。

今まで出張という言葉とは無縁で過ごしてきましたが
これから2~3年は
年20回程度の出張(ほとんど近場ですが)
があるみたいです。

今は新鮮でうれしいんですが
そう遠くないうちに
面倒になってきそうな
そんな予感がします(笑)。


*BOOHさま

そうなんです。
無茶で雑なんですよ。

この間も研修があったんですが
この上司が教えてくれた場所と違ってて
うっかり遅刻してしまいました。
 (ギリギリで行った私も悪いんですが)

そんな研修ですが
この間のはなかなか素敵な内容でして
いつか機会を見つけて
記事にしたいと思っています。


*ららこさま

そういえばこういう感じに
なんとなく慣れてしまった自分が怖いです。

①自分を大きく見せようとしないこと
②その上でできる限りのことをすること

この二つを押さえておけば
大抵の場ではなんとかなるものです。

ただ単に
他人の評価を気にしなくなった≒厚かましくなった
だけなのかもしれませんが(笑)。
2008-06-02 月 21:41:55 | URL | 丸坊主 [編集]
>①自分を大きく見せようとしないこと
 ②その上でできる限りのことをすること

ああ、いい言葉ですねぇ~!
得てして虎皮を被った人が多いものです。
謙虚に生きる。。。これが大事?!
2008-06-02 月 22:43:31 | URL | てにまま [編集]
おっさんヒラ社員
オイラもでつ(汗)
なんか、肝心な時期に下手打ちまくった結果として(苦笑)
色々経験しつつ、仕事もまじめに頑張っていけば、
いつかきっと、いいことも。

出世にしても、結婚にしても、チャンスはどこにあるか
わかりません!
2008-06-12 木 23:20:05 | URL | 徹 [編集]
*てにままさま

レスが大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。

謙虚、ではなく
ただ単に厚かましくなっただけという
そんな気もします。

この1ヶ月間で
その傾向はさらに加速したように思えます…。

う~ん。
確かに厚かましくなったなぁ。
あんまり気にしてないけど。
 (そこが厚かましい)


*徹さま

レスが大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。

格好をつける訳ではなく
無責任な訳でもないんですが
今のところ出世はしたくないなぁと思っていまして。

向き不向きってあるじゃないですか。

ある程度上に行って
集団をまとめることにやりがいを感じる人と
現場に張り付いていることにやりがいを感じる人と
人それぞれな訳で
私は間違いなく後者かと。

でもなんとな~くですが
イヤな流れになってきてます。

私より年下の職員でも
人をまとめることが得意なら
上げてあげればいいのになぁ。

あっ、結婚のチャンスは
あきらめていませんよ(笑)。
 (笑えない?)
2008-06-29 日 19:55:28 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad