■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ためらいの看護
ムダに年だけ食っている  せいか
ここ最近、同僚から相談を受けることが多いです。

「○○さんの支援方法を変えたいと思っているんですが…」
「△△さんの関わり方に行き詰ってて…」
等等

その都度適当に答えているんですが
私だってヒラの支援員です。
経験だってそんなに変わらないし
魔法の杖みたいな何かを持っている訳ではないのです。
 (そもそも私じゃなくて上司に相談して欲しい…  )

なので、こういう時は受け売りをすることが多いです。
私を育ててくれた上司や先輩の言葉とか
今まで読んだ本とか。


でもこの本を見つけて、少しラクになりました。

「ためらいの看護 臨床日誌から」
 (西川勝著 岩波書店)


私なりにこの本の感想を一言で述べると

「ずる~い」

となります。

私が福祉人として成長したら書きたいと思っていた内容を
私なんかよりもはるかに深く
とてつもなく面白く仕上げているじゃありませんか!


そんな本なので、同僚から相談を受けて答えに迷ったら
即座にコレを薦めています。


ともかく読んでもらうしかないのですが
ちょっとだけ(といっても長くなりますが)引用してみます。


「ケアに関して言えば、相手に関するデータを集め、ケアのさまざまな方法を勉強すれば十分にケアができるほどに、相手は簡単で透明な存在ではない、と覚悟することからケアを始める。居直りではなく、ある種の転回が必要になる。科学的思考は対象を細分化して説明可能にする仮説を生み出すが、人への理解には到達できない。理解の『対象』ということばに、すでに落とし穴がある。人は単純に観察される対象ではない。ケアの場面で、人は迫る顔をもっている。こちらへと向けられた顔は、分析や解釈をはねのける力があり、ケアのために見ているはずの自分がさまざまに揺さぶられ突き動かされる経験をする。こちらの理解など届きそうにない、目を閉じ、何も語ることのない人にこそ、強い呼びかけを感じる。相手を理解してからケアをするというのでは、一歩も動けはしないのだ」 (P105~106)


看護でも介護でも支援でも
対人援助に関わったことのある方なら
これを読んでキュン  となるのではないでしょうか。


当たり前ですが、だからといって勉強が不要な訳ではありません。
科学的な思考による仮説が無意味な訳でもありません。

だけど、我々の基本は一対一(じゃなくてもいいんですが)で
相手と向かい合うことにあります。
そして対象となる相手は利用者(もしくは患者)である前に
「人」そのものであるのです。

その「人」は、他人に理解してもらいたいと願う一方で
「そんなに簡単にわかってもらってたまるか」
という意地みたいなものも併せ持っているのです。
私と同じように。
 (だから私は偏屈だと言われるんですが…  )





ここで私が駄文を積み重ねても
この本の良さは伝わりません。

興味を持たれた方や対人援助に関わっている方には
是非おススメしたい一冊です。
 (全部いいんですが、「第5章 ケアの弾性」は果てしなく素晴らしいです!)

人気blogランキングへ 3連チャンなんて何ヶ月ぶりだろう…。ねぎらいのクリックをお願いします。

スポンサーサイト


本とか音楽とか | 22:10:57 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
とても吸引力のあるお話でした。

「正解」なんてものは何処にもなく
なんとかしようと足掻くその姿こそが、それにあたるのかな・・
なんてことを思いながら読ませていただきました。

連日更新、楽しませていただいてま~すe-370

2008-07-23 水 09:30:02 | URL | BOOH [編集]
私は幼児教育に携わったことがありますので、なんとなくわかります。
同じ手法が全ての人に通じる事はないんです。
相手の性格、育ってきた環境、そして取り巻く人々。
それらが複雑に絡み合って一人の人間性ができあがってるわけだから、それぞれ反応も違っていて当然ですよね。
相手とじっくり向かい合わないと、いい看護もいい育児もみえてこないんでしょうね。
・・・なんて、知ったようなこと言っちゃって、ちょっと恥ずかしいわ。(*^^*)

でも、テニスも同じですよね。
ストロークひとつとっても「Aさんは、スタンスを広めにして」とか「Bさんはオープンスタンスで横振りしやすいから、スタンス短めにしてクロース気味に」とか違ってますもんね。

丸坊主さん、テニスだけじゃなくて仕事も、中堅としてがんばってますね!v-218
2008-07-23 水 23:15:09 | URL | 和 [編集]
*BOOHさま

連日更新、早くも途切れる!

さて(笑)
この本はご指摘の通り
なんとかしようと足掻くこと
その場面から逃げない覚悟
そういったことの尊さや
そういったギリギリのやりとりから垣間見える
素晴らしい一瞬について
深く掘り下げてあります。

もし興味を持たれたら読んでみてください。
素敵な本です。


*和さま

ジャンルはなんであれ
人と人が面と向かって接する場面には
もの凄い力が宿っているように思います。

キレイなドラマではないかもしれないけど
ハッピーエンドになるとも限らないけど
そこには素晴らしい一瞬があるように思っています。

もし興味を持たれたら読んでみてください。
素敵な本です。
2008-07-25 金 22:21:10 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。