■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世話ないですな
とりあえずお説教爆弾を投下してきました。

といっても叱り飛ばした訳ではありませんし
同僚も素直に聞き入れてくれて
想像以上に平和に終了しました。

客観的に言えば上々の出来、なのでしょう。


でも心は晴れません。



こういう表現をすると
すごくきれいな話に理解されたり
必要以上に謙虚な人間だと思われたりするので
誰にも話せずにいるのですが

本当にこれで良かったのか?

という疑いが自分の中で渦巻いてしまうのです。



小心者の私のことですから
表現については細心の注意を払っています。
話の内容もほぼ妥当なものと思われます。

でもその妥当って何だろうか?
100歩譲って私が正しかったとして
その正しいことを言う資格が
果たして私にあるのだろうか?



今回の件だけではありません。
例えば職場の会議でも発言することは多いんです。
気づいたことは黙っていられなくて。

で、その場では自信満々にしゃべることができるのですが
帰り道で気分のよかったためしがない。


私の発言は本当に職場のためになるものだったのだろうか?
仮にそうだったとして
私が発言することで返って逆の効果になっていないだろうか?
そんな発言をする資格はあっただろうか?
ヘタに口を出さず、自然の流れに任せるべきだったのではないか?
そもそも職場のためになるとはどういうことなのか?





特にウチの職場は若い方ばかりで
素直に私の意見に耳を傾けてくれる人が多いので
それだけに、ある一定の方向にみんなを導いてしまっているのではないかと
それも間違った、あるいは硬直した方向に持っていっているのではないかと
不安に駆られるのです。



今回の件に関して
手を出さずに様子を見るという選択肢もありました。
でも内容を考慮すると
少なくとも私の信義には反するものでした。

同僚のモチベーションを下げてしまう可能性のある行為は
出来る限り無くさなければならない。
同僚を大事にできない職場で
質の高い支援など実現できるはずがない。


でももっといい方法があったのではないか。
違うやり方があったのではないか。




ところで、何かを決断するということは
別の何かを捨てることと同義です。

今回の私の決断は
何を得て、何を捨てることになったのでしょうか。
そしてそれは妥当な判断だったのでしょうか。

そもそも妥当な判断って何だろうか?



こんな煮え切らない思いをするくらいなら
黙っておとなしく過ごせばいいものを
おバカだから黙ってられないのです。
で毎回クヨクヨするんです。

世話ないですな。


「みざる、いわざる、きかざる」
といった家康はやっぱりすごい。
「みて、いって、きいて」
しまう私は凡人の極みです。


スポンサーサイト


福祉の仕事 | 20:27:31 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
こんな言葉があります。

正しいと思う心の中に揺れ動くものがある。
今日、私は私の顔をしていただろうか。
大きな鏡に映す。
そして目をとじて考える。

ブログいつも見てます。
2008-07-30 水 00:37:23 | URL | 通りすがりのひと [編集]
*通りすがりの方

こんなどうしようもない記事にコメントをいただき
本当にありがとうございます。

かみ締めればかみ締めるほど
私に直接訴えてくる言葉です。

今のような揺れ動いている姿こそが
自分そのものなのではないか。
上手く言えませんが
実感としてはそんな感じがしています。
2008-07-30 水 21:06:30 | URL | 丸坊主 [編集]
人は、正しい事をした後でも
理由なくスツキリしていない時もあります。
どこかで迷っていたりとか。


正しくないとわかっている事をした後には
でもこれでいい。
と、どこか、強引にもっていったり。


わたしは思いますよ。
いつでも、自分の顔をしていればいいと。

やりとおした事が真実ですよ
テニスのプレーも(笑)
2008-07-31 木 01:58:30 | URL | 通りすがりのひと [編集]
こういった内容の話をすると
「そんな謙虚にならなくても…」
とか
「責任感が強いから…」
とかいう風に
キレイな話として捉えられてしまうんで
誰かに相談ってできませんでした。

暖かいコメントをいただき
気持ちはだいぶ整理されました。

ありがとうございました。
2008-08-02 土 08:10:51 | URL | 丸坊主 [編集]
こうして悩む事って、精神的に成長する前にあるような気がします。
本人としては辛いと思いますが、しっかり向き合ってる丸坊主さんは素敵ですよ!(^^)

実は私も、同じように悩んですごく自分に自信がなくなった時期がありました。
他の人はどうするのか、先輩達はどうしているのかに気をつけてみるようにしてみました。
案外勉強になりましたよ。
一人で煮詰まったら、外(他の人)にも目を向けるのもいいかと思います。

結局のところ、全ての人に100点満点の対応をすることはできないと思うんですよ。
でも、今の自分にできる精一杯の事が出来れば・・・今はそんな風に思えるようになりました。

丸坊主さん、青春とは悩む事ですよ!
こうして悩むのは若い証拠ですよ。v-392

2008-08-02 土 21:37:17 | URL | 和 [編集]
*和さま

コメントありがとうございます。

10年くらい前の自分は
「30くらいになったら悩みも減って
生きやすくなるんだろうか」
とか考えていたものですが
そう簡単にはいかんですね。

でもその悩みを
周りに見せにくくなったのは
年のせいではないでしょうか(苦笑)。
2008-08-10 日 19:42:39 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。