■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガマン、ガマン
テニス中、自分を責めることが多いんです。
ミスをすれば
「バカたれ!  」
だの
「アホぅ!  」
だの。


練習でも試合でも結構うるさい  んです。



でもこの間の団体戦で
強い方々のプレーを見ていたら
みなさん、ミスをしても淡々としていました。

それがまた、いかにも強そうだなぁという
 オーラ  になっているんですよね。



なので、パクることにしました。



前記事で
「自分のプレーに自信を持てないのなら
 コートに立つべきではない」
というテニスマスターT氏の言葉を書きました。

でも正直、自信を持てるほど上手くはないです。

だけどもちろんコートには立っていたい。


それだったらはったりでも
自信があるフリをするしかないじゃないですか。



ミスしてもいちいちこだわらずに
次のプレーに気持ちを向ける。
ミスしてポイントを失っても
全然取り返せる態度でいる。


そのために
表立って自分を責めるのを止めようと思ったのです。
そういう苛立ちを周りに表明してみても
何にもなりませんしね。


それを意識してから
ちょっとですがいい流れ  になってきている気がします。



ものの本によりますと
ダブルスで、ミスしてペアに謝るのも
止めたほうがいいとのことなんですが
それはチト難しいかな。

謝らんでも平気なくらい気心の知れたペアと
日常的に組めている訳でもないですし。
っていうかそんなペアいないし。


(学生時代に組んでいたM先輩だったらできるけど
 今はとても組める状況じゃないしなぁ)



プレー中に自分を責めるのは
もはやクセになってしまっていて
完全に止められている訳ではないのですが
区民大会も近いし
団体戦の2回戦もあるし
弱気なままで試合を迎える訳にはいきませんからね。

グッと我慢、我慢 

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 18:39:16 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
>それだったらはったりでも
>自信があるフリをするしかない

強そうに見せることも作戦の一つですね^^
そして自分をマインドコントロールするのも必要なことかも?

強いと思い込むこと・・・(なかなかできませんけれど)
ミスしても「たまたまだよ!」という素振りの人は
確かに強そうに見えるなぁ!

2008-09-21 日 20:01:29 | URL | てにまま [編集]
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
2008-09-28 日 14:35:26 | URL | サトシ [編集]
うちのコーチにも
「失敗ショットうっちゃっても、『今のも計算のうちさ』みたいに何でもなかったように演じることも大事」
って前に言われました。
そうすることで、相手がだんだん焦ってきたりする事もあるらしいです。
「勝つときも淡々と勝ってくること。負けるときも淡々と負けてくること。」って言われてます。

そういわれても、つい熱くなっちゃうんですけどね。(^^;)
2008-09-28 日 20:15:37 | URL | 和 [編集]
うまくいかない時、私は
つとめて他の人のゲームを見るようにしているのですが
(煮詰まっちゃうタイプなので、防止策として。笑)
そうすると皆さん、けっこうミスしてらっしゃるんですよね。実際のところ。

でも坊主さんのおっしゃるとおり、強い人はミスの後が違う。
悔やむんじゃなくて、データの一部としてとらえているというか。
あれでこうなるなら、次はこうね、みたいな感じで、さらっと。
これはホント、見習わなきゃなぁ・・と思います。

でも、逆にとてもお上手なのにペアを和ませるために
「ミスっちゃった、ゴメンネ」と言える人も。
どちらも魅力的だわー。道は長い。
2008-09-29 月 13:14:38 | URL | BOOH [編集]
*てにままさま

そうなんです。
実際に強ければ何も問題ないのですが
私程度ですとはったりをかますしかなくて…。

でも少しずついい方向になっている気がします。


*和さま

やっぱり試合になると頭に血が上ってしまって…。

でもちょっと意識するだけで
いい方向に向かっている気になれます。


*BOOHさま

>データの一部

そうですよねぇ。
かつて記事にしたテニス本「インナーテニス」にも
そのような記載がありました。

でもまだ表面上のはったりをかますので精一杯で
データとして冷静に分析できるまでにはなっていませんが。

道のりは長いですね。
2008-10-06 月 14:13:31 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。