■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
試打2:EX O3 レベル ・ RQiSツアーXL MP ・ プロゾーン
引き続き試打ラケットの感想など。


プリンスのEX O3 レベル (105inのほう)

本ブログにも時々登場してくる
偏屈店長に勧められたラケットです。

使ってみるとO3の評判通り、振り抜きが大変よろしい。
スイートスポットも広い印象を受けました。
取り回しも軽快と言って良く
ボレーやスマッシュでもストレスなく使用できました。
 (どちらかといえば縦振り系のショットのほうがいい感じだったかなぁ)

でも縦長のフェイスに愛着が持てなかったのと
ガットの力は感じられても
ラケットの弾き感をあまり感じなかったこと
さらに使っている最中に肘が痛くなったこともあり
選択肢からは外れました。

ラケット自体がもうちょっと重ければ
使う上での安心感みたいなものが増えたのかなぁとも思います。


ヨネックスのRQiSツアーXL MP

コレも偏屈店長のおススメ。

店長の言う通り、ラケット自体が柔らかいというか
シャフトのしなりを感じるというか
そんな印象は受けました。
それでも弾きも悪くはなく
ガッチリ打ち込む人でも、合わせるタイプの人でも
許容してくれる器の大きさみたいなものを感じました。

でもほんのすこ~し打球感が重い印象で…。

たぶんシリアスにプレーしている方から見れば
しっかり感  として評価されるんでしょうが
私にはチト厳しいかなぁ。

すごく惜しいところまで来ているのですが
「このラケットでなきゃ!」
みたいな天啓を得られず…。

一応補欠として
ギリ選択肢に入るかなぁという感じでした。


トーアのプロゾーン

コレは私が所属するチームの監督が使っているラケットです。

監督が言うように、肘には優しい感じがしました。
フレームの中身が詰まっている感じ、とでも言うのでしょうか。
しっかり感があって、アウトを気にせず振り回せるラケットだと思いました。

ただ打球感が重いというか
単純に飛ばないというか…。

RQiSよりもさらに「しっかり感」が強まった感じで
私にはただただ
「難しい…」
という感想しか持てませんでした。

振り抜きやバランス、重さなどに一切不満は無く
というか、むしろ希望通りのスペックだったので
使用前の段階では最有力候補でした。

でもこの「しっかり感」では
私のテニスエルボー対策には向かず…。
候補からは外れるかなぁという感じでした。




・・・




まとめてみてわかったことですが
どうやら私は
フレームに「スカスカ感」のあるラケットが好きなようです。


わかります?


逆に言うと、フレームの詰まった感じ
上記ラケットで言う④とか⑤とか
もしくは「しっかり感」とでもいうのでしょうか。
 (初代のプロビームみたいな、って言ってもわかる人は少ないだろうなぁ)

ああいう本格派はダメみたいです、私。


それよりは厚ラケとかで感じる
フレームの中が空洞でスカスカ  な感じ。
ラケット自体の弾き感とでもいうのでしょうか。
そういうのがしっくりくるみたいです。


だからMGラジカルも合わなかったんだろうなぁ。


かといっていわゆる厚ラケでは軽すぎてダメ。
もしかしてノーマルなピュアドラで感じた不安感は
重さの問題もあったのかもしれません。


そう考えると
それなりにフレームが厚く、重量もあるピュアドラRは
私にとって直球ド真ん中  のラケットなのかもしれません。


ちなみにピュアドラRの重さを測ると
ガット等込みで340g弱。
奇しくも先々代ラケットのメタリックス6 (改造版) と
ほぼ同じでした。

もちろんピュアドラRのほうがしっかり感がありますし
叩いてフカす不安はありません。



現時点で決めるとすれば
最有力はピュアドラR
補欠としてRQiS
もしくはピュアドラ (に重りを貼ってしまおうかと)
という感じです。

でも私にとってはシーズンオフですし
しばらくは試打の期間にして
じっくり考えてもいいかなぁと思っています。



繰り返しにはなるんですが
ピュアドラRって、見た目がほとんどピュアドラと同じなんで
その辺がちょっと…。

どこのコートに行っても必ず「ピュアドラ使い」がいるんで
イヤなんですよね~。
カブるのが。

プロが契約外のラケットを使う時みたく
ラケットを真っ黒に塗っちゃおうかしら。


偏屈  というよりも
もはや自意識過剰  の領域ですな。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 14:08:59 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
>ガット等込みで340g弱

やはり丸坊主さんも男性だったのね(笑)
てにままの使っているラケットは合計で300ほどです。
それでも周りの女性陣には
「重いの使ってるねぇ」と言われるの(ノc_,・;)ハア・・・

厚ラケを男性が使って、
一瞬でフレームが折れたのを目撃したことがありますよ。

てにままもこの冬は
じっくりと新しいラケットを選ぶつもりです。
2008-11-10 月 00:45:54 | URL | てにまま [編集]
丸坊主さんに刺激されて、スポーツオー〇リティに試打探しにいきましたが、「試打あり」ラケットが少なすぎて断念。
ヨネックスとバボラを試したかったわぁ・・・。
2008-11-14 金 22:01:35 | URL | 和 [編集]
*てにままさま

偏屈店長によると
同じラケットなら重いほうが
振動吸収に優れているそうです。

まぁ、扱いきれるかどうかは
別問題ですが(笑)。

ところでどうやら
てにままさまも新しいラケットを決められたようで。
お互い、新しいラケットで
大きく飛躍できるといいですね。


*和さま

どれだけ情報があっても
ラケットは試打をしないと決められないですからね~。

幸い、通勤で新宿を通過するので
試打が充実したお店があって
大変助かりました。

加えて、知り合いからも借りれたので
かなり充実した試打期間になったと思います。

ありがたいことです。
2008-11-16 日 19:47:34 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。