■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
やむを得ず…
今年のカゼ  は長引くみたいですね。
実は私もカゼ気味でして
もうかれこれ2週間以上も…。

仕事を休むほどではないのですが
なんとなく体調がすぐれなかったり
疲れやすかったり
セキや鼻水が続いたり。

みなさんも気をつけてくださいね。



さて、そんな最近のことですが
職場にて
違う部署ではあるのですが
同僚の女の子 (新卒の娘です) から相談を受けてしまいました。


資格試験に向けて勉強をしているけど
モチベーションが上がらない  そうです。

しかも今の仕事に関連すると言えばするのですが
別の分野と言えば別の分野の資格なので
試験を受けようとすることで転職を考えているのではないかと
勘ぐられたり  するのがイヤで
勉強をしていることを同僚に知られたくないそうです。



ふむふむ。



おじさんは一生懸命考えましたよ。



って言うか
恥ずかしながら私は諦めて  しまったんです。

社会福祉士という資格があるのですが
私は受験資格を持っているものの
数年連続で落ち  まして。
仕事も年々忙しくなってきますし
ぶっちゃけモチベーションも下がりきってしまって
ここ数年は受けていないんです。
もちろん勉強もしていません。
教科書は押入れの奥に封印して…。

正直に言って
今この資格を持っていたからといって
お給料が上がる訳ではありませんし
 (上がるのかな?実はよく知らない)
仕事の内容にも変わりはありません。
転職活動  の際には履歴書に書けますし
この業界内であればそれなりに役には立つでしょうけど。

でも試験勉強をしながら働いていた頃と
完全に諦めた今を比べてみると
何か、気持ちの上でのハリみたいなものが
違うように感じます。

一専門職としての覚悟  とでも言うのでしょうか。

試験勉強で学ぶ内容のほとんどは
実際の支援に直接役立つとは思えません。
資格を取ったからといって
すぐに立派な支援者になれる訳ではない。

だからと言って
「資格なんて意味はない」
とは言えないのです。

履歴書に書けるとか、お給料があがるとか
そういった実益ではない
もっと精神的なこと
この仕事を俯瞰的に眺める力というか。
なんと言うか、上手く表現できないのですが
そういう違いは確実にあると思っています。



資格を持っているに越したことはないとか
そういった一般論をこの娘に話したところで
あんまり意味はなさそうですし
 (言われなくてもわかっているでしょうしね)
落ちて諦めた私に言われても
説得力がない  でしょう。

なので、うまく表現できないながらも
上記の話をして
「仕事をしている以上
 勉強できない言い訳はいくらでもできるけど
 それでもなお、不十分であっても勉強して
 資格を取る努力を続けてほしい」
というようなことを伝えました。

もちろん自分が諦めてしまったことも話しましたよ。



どうやらその娘は
資格試験を受けることの意味とか
そういう事で迷ったり悩んだりしていたようです。

今の仕事だって忙しいし
遊ぶ時間だってもちろん欲しいし
そんな中で今の仕事に直接役立つとは思えない資格試験に
なんで頑張らなきゃならんのか。
しかもそういう話を周りにはできない。
一人で考え込んで悶々としていたのでしょう。

よくわかります。 



ホントに拙い私の話でしたが
どうやら勉強を続ける気持ちになれたみたいです。
たぶん私の話の内容というよりも
自分の状況を、利害関係のない人間と話をすることで
整理したかったのかもしれません。

なんにせよ、よかった。よかった 




・・・




んですが。


その娘から

女の子:「丸坊主さんも、またチャレンジしましょうよ!」

なんて言われてしまって。


偉そうにアドバイスなんかしちゃった手前

丸坊主:「えー。面倒くさ~い」

なんて言えるはずもなく。
さらに

女の子:「丸坊主さんも頑張っていると思えば、私も心強いですし!」

な~んて言われて  ついついニヤける哀しい30↑独身オヤジ。



かくして私も
勉強を始めることになってしまったのです。


といっても今年度の試験は締め切りが過ぎているので
私が受けるのは来年度なんですが。



しかしなんですなぁ。
学校を卒業して約10年。
教科書や参考書を見るだけで
拒否反応  が起こります。

でも言い訳の余地を少しでも無くそうと
最新の参考書と過去問題集を購入し
チマチマとページをめくっては
数秒に一回ため息をついています。


なんでこんなことになっちゃったんだろう。

人気blogランキングへ 若い娘に「ノー」と言えないからです。こんなオヤジですが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 21:56:37 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
> 若い娘に「ノー」と言えないからです。
ぷぷぷ。そりゃ大変です!
さらにプレッシャーかけちゃうと
「若い娘の手前、次は落ちるわけにはいかない」ですよね。(^m^)
オバサンも応援してますから、頑張ってください!v-217
2008-11-24 月 23:37:48 | URL | 和 [編集]
「いくつになっても、始めることに遅すぎることはない」

お勉強かぁ!いいですね。
若い人と接していると、いろんなところで刺激をもらえますね。

来年の合格・・・楽しみ(笑)
2008-11-26 水 23:15:51 | URL | てにまま [編集]
おぉ!
なんだかワクワクするお話ですね~
これが、取れなきゃクビ!みたいなのだと辛いけど
女の子と一緒にがんばって~なんて
うれしいプレッシャーじゃないですか(笑

ひとつ何かをがんばると、連鎖反応で
いろんな面が活性化してきそうな?
テニスにも私生活にも、もちろんお仕事にも
いい影響あるかも?

遠い空から、応援しておりますv-22
2008-12-15 月 15:24:19 | URL | BOOH [編集]
*和さま

今、激しく後悔しています(涙)。

でもまぁ、やるって決めたからには
やるしかないでしょう。

とりあえず頑張ってみます・・・。


*てにままさま

>始めることに遅すぎることはない

確かにその通りですが
やっぱりチト遅かったかなぁ。
な~んて言い訳を早くも口にしてしまいたくなる
そんなこの頃です(涙)。


*BOOHさま

いや、正直、なかなかキツいっす。
でも、今の仕事を客観視する助けにはなりそうです。

万が一受かったら
転職がしやすくなるという
心理的な余裕も生まれますし(笑)。
2008-12-22 月 23:57:55 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad