■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まずは一段落
イヤでイヤで  しょうがない
人事考課の時期を
ようやく切り抜けることができそうです。


同僚との面談を終え
評価者会議で評価を確定したので
あとは
評価のフィードバックだけとなりました。

要するに決まった評価を
同僚に伝える作業です。

当たり前ですが
いい評価を得た人ばかりではないので
コレも気が重いといえば気が重い  のですが。



でもまぁ
一連の人事考課関係の仕事を潜り抜けて
骨身にしみて理解できたことがあります。


仕事の評価は感情をこめず

あくまでも機械的に!


改めて言うことでもないのですが
仕事の評価は仕事の上だけのものであって
その人の人格とは無縁なんですね。
学業の成績みたいなものですな。

柄にもなく評価者なんて立場に置かれて
頭に血がのぼってしまうと
ついつい忘れてしまうんですよね。

思い入れのある同僚には
特に感情で評価してしまいがちで。



そんな人事考課でしたが
ある種の面白さがあったのも
一方の事実でして。


普段黙っていることが多いのに
面談では驚くくらい饒舌な人がいたり
普段ヘラヘラしているように見える人が
仕事について深く考えていたり
同僚のよい点ばかりを取り上げる人や
逆に悪い点ばかりを取り上げる人がいて


・・・


自分にとっては自明なことでも
別の誰かにとっては必ずしもそうではない。
彼らの姿も
私から「意外で面白い」と見えただけで
彼らにしてみれば
私の方が不合理に見えたりするのでしょうね。


本来はその隙間を埋めるべく
言葉を尽くさなければならない立場にあるのでしょうが
私の力は不十分だったようです。


こういう後悔はいつものことですけどね。



それでもやっぱり
イヤなことや慣れないことは
体が受け付けないようで
体調を崩したものの仕事を休めるはずもなく
せっかくの土日も
寝たきりで過ごす日々でした。



一つ年をとって
いきなりコレだもんなぁ。

果たしてどんな一年になることやら。

人気blogランキングへ 明日はテニスできればいいなぁ。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 15:12:37 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ここまで
評価する自分をも客観的に眺めているところが
すごいなぁと思いました。

大変でしょうけれど、やりがいのある役だったようですね。
おだやかな文面が心地よかったです。

テニス、出来ましたか?笑
2009-03-22 日 09:13:31 | URL | BOOH [編集]
*BOOHさま

テニスできましたよ~。
暴風の中でしたが(涙)

それでもテニスマスターT氏はいたし
結構がっつりと
楽しくテニスができました。

あぁ。
平日も定時であがって
テニスができるような社会人になりたい…。
2009-03-22 日 19:58:45 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。