■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
無念・・・
先日、団体戦の2回戦があったのですが
自分が出たダブルスは
5-7/4-6
で負けて  しまいました。


チームとしても負けて  しまいました。


1stセットから2ndセットの中盤まで
調子が悪いながらもサーブをキープし
リターンもそこそこ返っていたのですが
2ndセットの中盤からリターンが返らなくなり
しかも4-4で迎えた自分のサービスゲームを
簡単に落としてしまい
試合の終盤を壊してしまいました。


自分が崩れたときの引き出しの少なさや
いろいろ試してみようとする頭の柔軟性の欠如を
大事な試合の大事な場面で
露呈してしまった感じがします。



その点、組んでくれたS氏や相手のダブルスは
ガマン比べの時に
するべきことをきっちりとしていたように思います。



技術面での課題としては
自分が前衛の時の動き
センターを押さえるポジショニング
があまりできなかったことがあげられます。


これは以前からの課題でして
多くの方々に指摘されていまして
練習の時なんかは
案外いい動きができるようになったのですが
やはり本番のプレッシャーの中では
メッキは剥がれて  しまうのですね。



とりあえず今月末に区民大会があるので
そちらに向けて気持ちを切り替えてはいますが
団体戦は秋にもありますし
高い確率でダブルスでの参加になるので
ダブルスの課題もなんとかしなければ
いけません。



う~ん。
どうしたものか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 20:45:13 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
お疲れ様でした!
惜しい結果でしたね。
でも、課題がみえてきたことは次につながりますよね。
ファイト!

> センターを押さえるポジショニング

これは難しいですよね。
どうしてもサイドケアしたくなっちゃいますもん。
こちらから打った球と相手が打つポジションや構えから予測する・・・って言われますけど、それがなかなか。(^^;)
今月末の区民大会までに、一歩でも前進できるようがんばってくださいね!
2009-05-17 日 20:04:56 | URL | 和 [編集]
*和さま

>どうしてもサイドケアしたくなっちゃいますもん

そうなんですよ。
あとロブケアにも意識がいってしまって。
ついつい守備的なポジショニングをとってしまって
ペアの方の負担を増やしてしまうんです。

まぁ、次はシングルスだし
気持ちを切り替えて頑張るだけっす。
2009-05-17 日 21:53:51 | URL | 丸坊主 [編集]
>センターを押さえるポジショニング

センターセオリーとよく言われますね^^
それは攻めるときにも守るときにもセンターを有効に使う。。。
そういう意味だと思ってます。

てにままの攻めはセンターへ深く打っておいてワイド!このパターンが多い^^
でも、そのセンターを前衛に手出しされると、後がありません(笑)
特に相手フォア側にサウスポーやバックボレーが得意な人がいるとOUT^_^;

自分の守りでも同じようにできていればいいのだけれどねぇ(--〆)


2009-05-17 日 23:04:07 | URL | てにまま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad