■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スパニッシュには、ちと早い
そもそも「立派なオールラウンダーになる」という
崇高な目的を達成するべく開設されたこのブログですが、
(そうだったっけ?  )
気がつけば妄想話や母親との格闘日記になっていました。



こんなことではいかん! (かな?)



実はちゃんとテニスもしてるんですよ。
大会近いし。

技術もままならない私レベルだと、試合形式だけじゃドンドン下手になってしまいます。
(スクールに入っている訳でもないし)
大会に向けて気合だけ十分な私は、試合前のこの時期に基礎練習ばかりやっています。


まずは私主催の「基礎練習だけやる練習会」。
なんだかんだで、もう3回目。
皆様ここの趣旨を理解してくれて、地味にまじめに基礎練習をやってくれます。
私の目標であるテニスマスターT氏も来てくれて、
球出し練習とサーブの打ちっぱなしをやりました。
目標とする人と一緒に練習できると気合の入り方が違いますね。
(もちろん参加してくれた皆様に感謝してます)

練習後はもちろんテニスマスターと飲み。
モチベーションがさらに高まります。
やっぱりテニスは最高! うぃ~。 


別の日には、シングルスのセオリーについてレッスンしてくれるという話に乗って、
某所での練習会に参加。
コートをおおざっぱに「バック側・真ん中・フォア側」に分けて、
さらに「甘い球・厳しい球」に分ける。
計6通りの相手の返球に対して、どういうショットを選択するのか。
皆さんにとっては当たり前なのかもしれません。
でも来た球をただ返す「行き当たりばったり  レベル」の私からすると、
かなり高度な内容でした。
目から鱗  が剥がれ落ちます。

今回のミソは「真ん中の甘い球は回りこんでフォアでアタック!」なのですが、
回り込んでのフォアってこういう使い方がセオリーなんだ~と
初めて理解したのであります。
なんとなくノリで打てそうだから回り込むんじゃダメなのね。やっぱ。


さらに別の日には、前にも参加させていただいた練習会
(ミニラリー同好会、という名前ではないが)にまた参加。
今回はそんなに長くミニラリーをしなかったけど、
2対1のストロークとか、アプローチからの展開とかいう実戦的な練習を2時間。
その後、地味な球出しを2時間。
みっちりやってきました。

ここでは40代(くらい?)の男性もいたのですが、
どうもかなりレベルの高い大会にたくさん出ているようです。
この方、球出し練習では「スパニッシュドリル」を希望。
僭越ながら私が球出しをさせていただきました。
話には聞いてましたが、生まれて初めて見るスパニッシュドリル。
しかしこれは…。
見てるだけで疲れそうです。 
シングルスに出る人はこういう練習をしないといけないんですね。
(  お前が今度出る試合は何だ?)
試合が近いことを言い訳にして(言い訳になってない)、
私は地味な球出し練習をさせてもらいました。
あんなドリルやったらきっと倒れます。


そんなこんなで試合前にジタバタしている訳です。
ところで皆さんは試合前、どういう調整をしてますか?

「こんなのやるといいよ!」

とかアドバイスいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。 



人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 21:36:17 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
調整というか・・・
何かで見たか読んだかしたのですが
日本人は、試合前ギリギリまで
「できないこと」の練習をしたがるけれど
海外の選手(アバウトですみません)は
「できること」の復習をいつもより多めにやるそうです。

もちろん「できないこと」の練習もするのですが、
比重をいつもより少なめにしておいて
最後は必ず「できること」をして気持ちよく終わる。
これでモチベーションを高めてゆくそうです。

ちなみにうちも今日、息子のシングルスが入っているので
昨日の練習は苦手なセカンドをひたすら打ったあと
最後は軽くラリー、息子のエースで終わりました。
(いつもは母のウィナーで〆)

あぁ美しきかな、母の愛。
2007-06-09 土 06:22:41 | URL | BOOH [編集]
アドバイスありがとうございます。
基本的に「できないこと」は嫌いな性分なので、
「いつも通りでオッケー」ってことでしょうか?
(たぶん違います)

すごく振り回されたり、厳しい状況を想定した練習って
嫌いだからやっていませんでした。
(スパニッシュドリルなんかまさにそうですね)
私がやるのは、手投げの球出しでフォームを確認したり、
教えてもらいたての回り込みフォアをやってみたり…。

「できること」というか「やりたいこと」だけなんです。
でも「やりたい練習」と「必要な練習」って
ズレてたりするんですよね。
気づかないように目を覆っているのですが。


それはさておき、
BOOH様のつめの垢を煎じてうちの母様に飲ませてやりたいと、
強く思いました。
1年分くらいは必要でしょう。
2007-06-09 土 21:55:57 | URL | 丸坊主 [編集]
試合前にやること??
妄想・・・v-352

高校の時まではそうだったな~
こんなボレーチャンスが来たら、こんな風にしたらかっこいいかな~とか。
試合終了の挨拶の仕方とか♪
それにしてもいいな~テニス。
体が老衰しているのであの若さには戻れないな~~v-510
よい試合ができるといいね、頑張ってください~!
2007-06-11 月 11:58:50 | URL | ぴー [編集]
ぴー様へ
妄想は十分なのさ。

でも
「こんな風にしたらかっこいいな」
とか実際のプレーでの妄想は足りなかったかも。

今度の妄想はそういう方向に広げてみようかしら。
そしたらそれは妄想でなく
「イメージトレーニング」
になるのかな?

かっこいい~!
そういう方面だけならトップアスリート並みだよ。
きっと。
2007-06-11 月 20:33:05 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。