■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上司っぽい出来事
今週はホントに大変でした 

日曜日からず~っと体調が悪く  て
お休みをいただきたいくらいだったのですが
月・火は重要な話し合いが入っていたため
無理やり出勤 

水・木は
例の運営委員 の仕事がたてこみ
やはり無理やり出勤 

金曜で力尽きたものの
職員数が少ない日だったので
遅刻させてもらうのが精一杯で
かなり無理やり出勤 


そんなんだから
金曜こそ定時であがろうと画策していたのに
定時を過ぎた頃
私と同じ班の若手くんから
恐ろしい報告を受けてしまったのです。



・・・



結局2時間以上の足止め  を食いました。
 (何故もっと早く言わん  )



詳細は書けないのですが
その若手くんが
どのような観点から考えてもあり得ない行動
をとってしまい
一緒に上司に報告 (っていうか謝罪) に行こうと思ったら
すでに上司が帰宅。
 (早い。早いよ、O主任!)

土日の休みを挟んでしまうため
その行動の何がまずかったのか
どういう行動が適切だったのか
私が説明をせざるを得なくなってしまったのです。



ったく。
ホントに、もう 



しかもこの若手くんは
何が悪かったのか理解してないばかりか
むしろいい事をしたと考えていたので
事の道理を一番最初から説明しなければなりませんでした。

職場という組織の話や
支援員として利用者本人やご家族と関わるとは
どういうことであるか、等等
当たり前すぎるからこそ
一から説明するのが難しい話を
してきた訳なんです。

体調悪かった  のに。



これまでにもいろいろやってくれている
この若手くん。
私と同じ班だし
しかも ヒラなのに リーダーなんて役割を
押し付けられているので
正直、私にとって手のかかる子です。


でもそんな彼は嫌いじゃなくて
むしろ
「また面白いこと  やりやがって」
と楽しんでいる一面もありまして。



この子は利用者やご家族に対する想いがとても強いのですが
社会人としての常識に疎いもんだから
 (まぁ、私に言われたくはない  でしょうが)
結果として時々暴走  してしまうんです。

今回のことも、行動の出発点に限って言えば
利用者とそのご家族のことを
本気で心配する強い想いからのことだったんです。

その想いの部分に関しては
他の人にない長所なんだと私は考えています。

なのでお説教しつつも
内心ではニヤリとしてしまうのです。



まぁ、なんにしても
今回はずいぶん長く話し合いましたし
その中で彼の言葉もたくさん聞けたので
きっとわかってくれたんだと思っています。

もちろんわかったからといって
すぐに彼の行動が改善されることはないでしょう。
私自身のこれまでを振り返ってみれば
それは明らかです。

わかっているのにできない
あるいはやってしまった後になって
「あぁ、そうだった  」
と気づく。

そんなことを繰り返して
ようやく行動が変わっていくものです。


きっとこれからも同じような話を
彼にすることになるんでしょう。

でも今回の話し合いが
彼の想いの強さを
いい方向に促す分岐点になればいいなぁ
と目を細めて  みたりするのです。

面倒くさい  けどね。



・・・



しかしなぁ。

来週早々には上司に報告しなければなりません。
報告っていうか、完全に謝罪  です。

立場的に仕方ないといえば
仕方ないんですが
私も一緒に謝らなくてはいけません。

ってことは
体調が戻らなくても
月曜は休めない  じゃん。


はぁ~。
いつまで続くことやら。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 20:40:33 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
相手のる仕事
なかなか、自分の都合だけでは休んだり出来ないのがツライとこですね。
介護の世界って、微妙な問題を色々抱えていたりするから、
やっていいこと、悪いことの区別がむづかしそうですね。
ウチのカミさんも、結婚する前は丸坊主さんと同じ仕事をしてたんですよw
2009-06-14 日 00:52:36 | URL | 徹 [編集]
*徹さま

奥様も同じ業界の方だったんですね。
なかなか、難しいところもある仕事でして。

この仕事において
利用者やご家族を想う気持ちは
大切なんですが
仕事である以上
その想いだけで動かれると
チト困ったことになったり
することがあります。

まぁ、昨日上司に謝りに行きましたし
わかってくれたと信じたいところです。
2009-06-16 火 22:44:05 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。