■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
弱法師
土日祝日に休めるのは久しぶりですが、こんな天気ではでかけるのもままならず、
家でひっそりと過ごしております。

あまりにヒマなので、棚から本をひっぱり出してみました。

「よろぼし」

と読むそうです。
中山可穂さんの短編集です。
半年くらい前に文庫も出たので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この小説は
「かなわなかった恋」
あるいは
「かないきらなかった恋」
が題材になっています。

オビには
「恋とは死に至る病である」
とあります。


恋とは、それがかなったものであれ、かなわなかったものであれ、
その人自身を大きく変えてしまう力を持っています。
良くも悪くも。

それでも私たちは恋することをやめられないし、
この小説は
「それでいいんだ!」
と強く訴えているように思えます。

恋する=生きる

そう断言できる人生っていいな、と思ったりするのであります。
疲れそうだけど。


良かったら読んでみてください。
全部いいけど、私は最後のお話が一番好きです。



一つだけ注意。

「電車の中では読まないこと」

単行本も持っているのに、駅の本屋で文庫版を発見。もちろん購入。
うっかり電車の中で読んでしまい、ところどころ涙腺が…。

車内で突然泣き出す30↑(しかも坊主頭)。 
さりげなく私の周りだけ空間ができていました。
気をつけましょう。




人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 12:46:54 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
さっそく探してみます♪
男性でも恋愛小説って、読まれるのですね。
(世間がせまくてスミマセン。
 うちのオットの愛読書は「鬼平犯科帳」です)

電車内で読むのならば
「言いまつがい」シリーズがおすすめですよ v-37
2007-06-10 日 18:31:38 | URL | BOOH [編集]
「言いまつがいシリーズ」
探してみます。

でも、車内で突然笑い出す30↑(しかも坊主頭)
も問題になりそうな気がします…。
2007-06-11 月 11:16:11 | URL | 丸坊主 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-06-13 水 16:26:50 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。