■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
快勝!!
昨日は所属チームの団体戦  でした。

ダブルス4番手で  快勝 
 (6‐4/6‐3)

序盤、私のリターンが全く返らず1‐4になってしまい
いつも温厚なペアのSさんも
そろそろ怒りだすんじゃないかと
ヒヤヒヤ  しましたが
 (もちろんそんなことで怒るSさんではありませんが)
なんとかリターンが生き返り
リズムも戻って勝つことができました。

まぁ、このSさんの動きが今回も  キレキレ  で
不安定な私を支えて助けてくれたのが大きかったんですが。


Sさん、今回もご迷惑をおかけしました 


そんな試合で思ったことがあります。

相手ペアですがどちらの方も
ストローク・ボレーともに結構上手くて
足も速いからよく拾ってくるんですが
何故かポーチが少なく
サーブ&ボレーとか
リターンダッシュも少なくて
何本かストロークを打って前に出てくる方々でした。

たったそれだけのことなのに
こちらはプレッシャー  を感じない。


技術的に差はない
もしくは相手の方が上手かったかもしれないのに。


ということは
自分たちはその逆をすればいい。


この日の私なんか
序盤のリターンが全然ダメだったから
ガンガンにプレッシャーをかけてくれば
生き返るきっかけを見失ったかもしれない。


『とにかく前に出てセンターを押さえろ』

とチームではよく言われるんですが
反対の立場から見て
ようやくこの意味を理解しました。


頭での理解はしていたつもりなんですけど。







で、今日はテニス仲間のHさんたちと
1~2ヶ月に1度の恒例になっている
ダブルス祭りをしてきました。

このHさんは試合巧者な方で
いつもいい刺激をいただくんですが

『バックサイドでのフォアリターンの逆クロスがすごくいい』

とお褒めの言葉  をもらっちゃいました。


前の日のリターンがひどかったから
エラそうなことは言えないのですが
実は私、このショットにはこだわってまして。


自分がバックサイドからサーブを打つときは
8割くらいの確率でセンターを狙います。
 (実際に球が行くかは別  ですよ)

ここからストレートはまずないだろうから
前衛が動きやすいかなぁと思って。

動きやすい状況を作れれば
ちょっとでも甘くなったら決めてくれるかな~って。


なので自分のリターンで
逆クロスにきっちり打てたら
センターにサーブが入った時点で
相手前衛は動きかけることが多いだろうし
その分こちらの前衛が逆襲するチャンスが生まれる。

『決定力の無い前衛』

との汚名を着せられている私ですが
 (まぁその通り  なんですが)
自分が後ろにいる時は
少しでも前衛が動きやすい状況を作ることを
考えている訳です。

報われることが滅多にない
私の小さなこだわりを
理解してもらえたのがすごくうれしかったです。

人気blogランキングへ といってもSさんがキレキレだったのはSさんの実力ですが、よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


試合など | 21:16:59 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
貴重な体験
理論でわかっていることよりも、実戦で実感出来ることって、
貴重ですよね。
ある程度の技量があれば、攻撃的なテニスを仕掛けることも
出来るであろうに、相手ペアさんはオーソドックスなプレイだったんですね。

決定力・・・いとも簡単に決めちゃえる人が羨ましい今日この頃です。
速いだけじゃダメなんだよねぇ・・・う~ん
2009-09-06 日 22:24:53 | URL | 徹 [編集]
おめでとうございます!
いやー、今日は勝利の美酒によってくださいね。(笑)

> 自分が後ろにいる時は
> 少しでも前衛が動きやすい状況を作ることを
> 考えている訳です。

わかります。
そして、そういうふうに組み立てたのを前衛が素早く反応してくれると「よっしゃ!」って嬉しいんですよね。
ワタシも、ポーチに出てくれるパートナーの時には、自分のサーブはセンターかボディコースで思い切り回転かけて打ちます。
リターンで浮き球上げさせれば、ポーチで仕留めてもらえますもんね。
黙っていても、打った球でそれが通じればサイコーですよ。
2009-09-06 日 23:39:49 | URL | 和 [編集]
てにまま、バックサイからのサーブは半々ですね。。。
最近、ボディもいいかなと思って三分の一かしら(笑)

>ここからストレートはまずないだろうから

でも、ポーチをしたがる相手と立ち位置が後ろ目の相手には
クロス気味になる短めストレートをぶち込むことあります(笑)
あくまでも駆け引きですけれど^_^;

てにままもバックサイからの逆クロリターンは大好きですよ!
って、言うかフォアサイからの順クロに自信がない(爆)

2009-09-06 日 23:52:54 | URL | てにまま [編集]
私も和さんと同じく

>自分が後ろにいる時は 少しでも前衛が動きやすい状況を~

に、だよねー!て食いついちゃいました。笑
自分の組み立てに前衛がしっかり反応してくれたら
なんともいえない気持ちよさがありますよね。
これぞダブルスの醍醐味。

最後になりましたが、1-4からの挽回勝利!
おめでとうございま~すv-20
祝杯、おいしかったですか?
2009-09-12 土 12:38:54 | URL | BOOH [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad