■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チルデンのベターテニス
私はテニスに関して、ある程度理屈がわかった上で動きたいタイプです。
ある友人は「頭でっかち」と言い、ある先輩は「運動センスが無い」と言います。
誰に何と言われても理屈を求める私は、本屋に行くとまずテニス関係の棚を見に行きます。

そこで見つけてしまいました!
ずっと求めていた、まさにこの本。


「チルデンのベター・テニス」


この本は一見地味です。
絶版になっているのか定かではありませんが、初版は1972年で、私はこれを古本屋で見つけました。
書かれたのはウッドラケットの時代ですし、技術解説も正直古い。
ここでは「いいショットを打つ」よりも「その場におけるいいショットを選択する」ことを訴えています。
最近の名著であるギルバートの「ウイニングアグリー」も内容は似ていますが、それよりも「テニスプレイヤーとしてのあり方」に力点が置かれている印象です。
「ウイニングアグリー」を読んで、「確かにいい本だけど、何かしっくりこない」と感じた方には是非読んでいただきたい本です。

全国の「頭でっかち」で「運動センスの無い」テニスプレイヤーのみなさん!
他にも素敵なテニス本があったら教えてください(笑)。

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト


本とか音楽とか | 11:12:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。