■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コムスン問題
今回はちょっとまじめに。
一応福祉の仕事に携わっている以上、この話題に触れない訳にはいかんのです。


私が勤めているのは障害者福祉の分野なので今のところ直接は関係ないのですが、
実は私、コムスンに限らず一般企業の福祉業界参入には期待しているんです。

最近でこそ「自己決定の尊重」とか「サービスの向上」とかが叫ばれていますが、
基本的にぬるい業界であると感じています。
そういう点では。
(もちろん一般企業に比べて厳しいと思える点もありますし、
それについて書きたいこともいっぱいあるのですが、
とりあえずそれは置いておいて)

そこに、日々お客との厳しいやり取りで鍛えられている一般企業が参入して

「お前たち!これが本当のサービスと言うのだ!」

と見せつけてくれることで、劇的に福祉が変わるのではないかと期待しているのです。
それだけに残念な思いでこのニュースを見ています。



現状がどの程度なのか報道からははっきり見えてこないのですが、
程度がどうであれ、コムスンのやったことを弁護するつもりはありません。


今回の不祥事と直接関係があるとは思えませんが、
介護保険を始めるにあたって
「利益も見込んでいいから一般企業も入ってきて」
と言っていたのが、
後になって急に介護報酬を変える(減らす)やり方。
ここにも大きな問題があるように思えるのです。
参入した側からすれば
「二階に上がって、はしごを外された」
感じがするのではないでしょうか?
(繰り返しますが、コムスンを弁護するつもりはありません。
 この事と今回の不祥事が直接関係しているとは私には思えません)

国の政策があっちフラフラこっちフラフラしていて、
そのフラフラについていけない所が落っこちる。
それによって業界が整理される。
そんな風に見えてしまうのです。
(福祉新聞によると、東京都内で赤字の民間特養ホームは3割に上るとされています)
私の前職は病院勤務だったのですが、
医療の世界も程度の差こそあれ似たようなものに見えました。
病院も潰れる時代です。


そこにはサービスを利用する側の視点が希薄です。


私は「いかに制度を維持していくか」という視点は優先されていいと考えています。
たとえ「冷たい」とか「利用者のことを考えていない」とか言われたとしても
ここは絶対忘れてはいけない。
ただ「何のための制度なのか」を忘れたら制度そのものの意味がない、とも思っています。


「福祉の制度(例えば介護保険法)は何のためにあるのだろう?」
「その制度を維持するために何が必要なんだろう?」


「介護保険法の目的なんて、法令文書に載ってるじゃん」
とかいうレベルではなく、
そもそもこの国の介護(福祉)はどうあるべきなのか?
現状がそれに追いついていないのであれば、何が足りないのか?
同様に、制度が現状で維持できないのであれば、
維持させるために何が必要なのか?

もう一度原点に立ち返って、考え直すきっかけになるのではないでしょうか?

そういう意味で、コムスン問題は「一企業の不祥事」にとどまらず、
高齢者福祉のあり方、
ひいては福祉全般のあり方をも問われる事件である。
私はそう思うのです。

そしてこの問いは、当然私自身にも向けられているのです。

スポンサーサイト


福祉の仕事 | 12:07:00 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
私の祖母も特養に入っています。
私達が介護を受ける側にまわるのも、すぐ先の未来です。
どうしてこの事に当事者意識が持てないのか・・・
2007-06-14 木 14:47:24 | URL | BOOH [編集]
偉そうなことを書いてしまいましたが、
私自身、どうすればよいのか
答えを出せずにいるのです。

「目の前の利用者さんによりよい援助を」

と言い切ることはできますが、
それだけで済ますのは逃げでもあります。

どうも報道の流れをみる限り
コムスンの業務を他社がわけっこして引き継いで
業界の再編という形で話が終わってしまいそうです。

それでも私はこの問いについて考え続けるでしょう。
何人かでもそういう人間がいれば
この事件を生かすことになるのだと信じています。
2007-06-14 木 19:22:46 | URL | 丸坊主 [編集]
新聞記事
私の書いた内容と重なる新聞記事を見つけました。

いつまで残っているのかわかりませんが、
自分のために張っておきます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/news/20070615ddm002070058000c.html
2007-06-16 土 09:35:27 | URL | 丸坊主 [編集]
新聞記事 追加
また見つけたので、自分のために張っておきます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/news/20070701ddm002070132000c.html
2007-07-02 月 22:36:51 | URL | 丸坊主 [編集]
新聞記事 再追加
また見つけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000005-maip-bus_all
2007-08-27 月 13:03:11 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。