■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私のせいではありません
本ブログをいつも応援してくださるBOOHさま
シードと当たった区民大会の詳細を
ど~しても知りたいとおっしゃるので
(ウソ  そこまでは言ってない)
対シード戦の流れを記事にすることにしました。


 社交辞令って言葉を知らんのかね?)


ほとんどの方 (全員?) にとって 
ど~でもいい話でしょうけど
個人的な趣味のブログだから
いい  ですよね 

長文になっていますので
ご注意ください。



というわけで。


試合前のトスで選択権を取ったので
リターンを選びました。

第一ゲーム:
当初のプラン通り
『ちょっとでもチャンスがあれば攻撃』
をしました。
最初のゲームのせいか相手サーブのスピードは速くなかったので
リターンから打っていき  前をとりました。
30‐40のチャンスが来たけど結局そこから取りきれず 
アプローチが少し甘いとローボレーを打たされ
その次をオープンコートに送られキープされる。
0‐1

第二ゲーム:
相手はストローク主体のプレーでしたが
速めで低い軌道の球だったので比較的合わせやすく
アプローチ~ネットに移りやすかった。
ノーアドまでもつれたけど
最後にいい1stサーブが入り  なんとかキープ。
1‐1

第三ゲーム:
攻めはしたけど無謀な  ダッシュが数回。
きっちりパスを抜かれ  ました。
キープされ1‐2

第四ゲーム:
1stサーブがコースよく入り割とラクに  キープ。
2‐2
この試合を通じて
1stサーブはそこそこ効果があったように感じました。

第五ゲーム:
相手はストローク主体に変わりなかったものの
ムーンボールを中心に高い軌道の球に切り替えてきました。
切り替え直後のせいかまだ深くは来なかったので
思いきって打ち込んだんですが
打ち込んだフォアのボール2~3個分オーバーが2本。
攻めきれなかったと見るかしのがれたと見るか
どちらにせよキープされて2‐3

第六ゲーム:
1stサーブに対しては100%ブロックリターンに切り替えてきました。
返ってくるやや浅めの球をむりやり打って
成功と失敗 (切り返しを食らう  ) が半々。
ノーアドをダブルフォルトで落とし (最低  ですな) 
2‐4

第七ゲーム:
相手のムーンボールが深く入り攻撃する隙  がない。
もう少し高い軌道なら
ロングボレーでカットするつもりでしたが
打ち込めず、でもカットもできない
ちょうどいい球を確率よく送られました。
隙をうかがいつつストロークで応戦したものの
その中途半端さがポジションに現れ
逆に振り回される  ことに。
キープされ2‐5

第八ゲーム:
サービスゲームだったので攻めの姿勢  は維持しました。
かなりギリギリながらもここは攻めきって  キープ。
3‐5

第九ゲーム:
いいサーブもあってトントンと30‐0  に。
ちょっとは抵抗し30‐30に戻したものの
深さとコースのストロークに押され
きっちりとキープされる。
3‐6 試合終了 


そんな試合  でした。


一番の悔いは
最初のゲームをブレークしきれなかったことです。
試合をやっていく中で固まってきた作戦があって
セカンドサーブはぐ~っと前にポジションを取る
とか
フォアの逆クロスとバックのストレートスライスが攻撃の軸になる
とか
そういったものをこの時点からはっきりさせていたら
ちょっとは変わったのではないかと。

あと、第六ゲームはほぼ100%ブロックリターンだったので
サーブ&ボレーを試せばよかったのに
それに気づかなかったことも悔やまれます。

さらに、相手がムーンボール主体に変えて
いい球が来ているときは
こちらもつなぎ合うプレーに変えるべきだったとか…。


思い出せば思い出すほど
悔いばかりが  残ります…。

無念 

人気blogランキングへ とりあえず団体戦と勤務地の区民大会に気持ちを切り替えます。よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


試合など | 21:09:12 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
ある意味凄い!
なかなかシングルスの試合で、そこまで内容を記憶しているとは!

やはり、シードの人だけあって試合巧者さんですね。
相手に、ある程度やりたいことをやらせつつゲームはきっちり取る。

トスで選択権を握って、リターンはないかな~
と、思いました。。。
相手が格上なら、サーブで、どげんとせにゃならんっす。
2009-09-17 木 22:43:36 | URL | 徹 [編集]
>個人的な趣味のブログだから いい  ですよね 

もちろん!いいですよっ(笑)
てにままも、試合の内容をよく書いていました^^
それはそれで、楽しみにしてくれているロム専さんがいるのですw

徹さんの
>トスで選択権を握って、リターンはないかな~

ありますよねぇ~?!
相手のサービスの立ち上がりの悪さの期待と
自分のストロークの安定を求めて。。。

リターンをとる人は女子ダブルスでも(シングルスは特に)結構いますよ^^
2009-09-18 金 19:53:14 | URL | てにまま [編集]
*徹さま

>トスで選択権を握って、リターンはないかな~

基本的に私
シングルスではリターンを取っています。
どちらかというと
サーブよりリターンの方が得意でして。

でも格上との試合だから
サーブを取って
最初からガンガン行くのもアリだったかなぁ。


*てにままさま

>もちろん!いいですよっ(笑)

こんなコメントをいただいたものだから
調子に乗ってまた書いてしまいました。
しかもてにままさまのせいにして(笑)。

ごめんなさい。


>ありますよねぇ~?!

そうですよね。アリですよね。

でも最近
「ダブルスはサーブから行こうよ」
と言われています。

まぁ、そうですよねぇ・・・。
2009-09-20 日 22:18:35 | URL | 丸坊主 [編集]
社交辞令なもんかーーv-19
ありがとうございます!
貪り読みました!笑

やっぱり丸坊主さん、覚えてるんだ。すごい。すごすぎ。
こういう 流れのつかめるレポ、大好物です。
これからの試合は全てこれで行って欲しいわ。
てかもっと緻密でもよいくらい。笑
1ポイント毎のラリーの中身まで知りたい気分。
今度はこれぞというポイントでぜひ、試してみてくださいな。
あなたなら出来るはずv-91


2009-09-21 月 20:53:29 | URL | BOOH [編集]
*BOOHさま

さすがに1ポイントごとは覚えていませんが
ゲームの流れや
大事なポイントとかは
試合後にメモっています。

でも今までは自分しか見ないと思って
一言メモ的になっていて
後で見返して全然思い出せない
なんてこともありまして。
 (意味ないです)

記事にすると
いくらかは体裁を気にするので(笑)
これからは自分のためにも
試合の後に
こんな記事を書きたいと思います。
2009-09-23 水 09:50:39 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。