■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私のせいではありません  ふたたび
本ブログをいつも応援してくださるてにままさま
「試合の記事は人気があって鉄板ですよ」
っていうものだから
 (ウソ  そうはいってない)
試合巧者のHさんと組んで出た
今日の草トーの記事を書くことにします。


 (  モノには限度ってものがありますが)


まぁ、いい  ですよね。


こちらも長文になっていますので
ご注意ください。



1~2ヶ月に1度くらい
定期的にダブルス祭りを開催していて
いつも私を呼んでくださるテニス仲間のHさんは
試合巧者でいつも何かたくらんでいる  感じがして
 (いい意味ですよ)
対戦すると非常にやりにくい方です。

そんなHさんからお誘い  があり
ダブルスを組んで草トーに出てしまいました。

我々を含めて5組参加だったので
総当りで4試合「6ゲーム先取・ノーアド」でやりました。


結論としては1勝3敗という惨敗  だったんですが
初めて組んだにしては
ずいぶんとしっくりくるチームで
継続して組めたらそれなりにいいチームになるのでは
そんな感じがしました。


初戦:5-6
サーブが強くて攻撃的なサウスポーと
スタンダードなテニスをする右利きという
バランスの取れたいいチームでした。
 (ちなみに3勝1敗、ゲーム差でおしくも2位)
ちょっとやっただけで明らかに格上とわかる相手でしたが
どういう訳かこちらもいいプレーが連発しました。
一時は5-4までいったんですが
次のリターンゲームを一発に頼りすぎて5-5。
その後のサービスを攻撃的にブレークされて  終わりました。

2戦目:2-6
二人とも背が高めでどちらもガン詰めしてきて
ボレー・スマッシュが上手い
ダブルス慣れしているチームでした。
 (3勝1敗、ゲーム差で優勝でした)
確かに強かったけど
あまりにトントンとポイントを取られすぎ  ました。
相手の好きなペースでプレーし続けてしまったことと
私がサーブでリキみすぎたのが反省点でした。
ロブなりストレートアタックなり
ちょっと違ったことをしなきゃいけない相手でした。

3戦目:4-6
体育会にいそうなつなぎのテニスで
変なミスはせず、守備的なロブが上手いチームでした。
 (1勝3敗、だったかな?)
太陽がまぶしいところにロブという
相手の作戦にすっぽりとハマり
スマッシュミスを連発。
Hさんの足を引っ張って  しまいました。
相手の作戦がわかっていたのだから
その対策を考えなければいけなかったのに
なんとなくそのままプレーしてしまいました。

4戦目:6-3
片方はフォアの豪打
もう片方はスタンダードなスタイル
そんな大学生チームでした。
 (2勝2敗ながらも優勝ペアには勝ったそうです)
フォア豪打の方がリターンの時に
すご~く後ろの  ポジションだったので
サイドに緩くて浅いスライスサーブ
時々センターに速めのサーブで
だいぶ豪打を封印できました。
こちらが早めに前を取って
ボレーを深く送って時々浅い球にすると
浮いてくるのでそれをアタック。
いい感じで二人を分断できました。


・・・


惨敗していて言うことではありませんが
Hさんとのダブルスはとてもプレーしやすかったです。

とりあえず私がセンターにサーブを入れると
前衛のHさんがなんとかしてくれる。
時々サイドに打ってみても
きちんとストレートをケアしてくれる。
リターンはお互いさぐりさぐりでしたが
Hさんがフォア、私がバックというのが
いいみたいでした。
Hさんはバックの逆クロスが得意で
私はフォアの逆クロスが好きなので。
 (何故か1・2戦は逆で試していました)

私が前衛の時に相手リターンの邪魔をして
ボレーやスマッシュをアングルに送れるようになり
バックハンドの順クロスの精度を上げられたら
目立った穴の無いいいチームになりそうな予感がします。
 (そんな日は来るのか  なぁ?)


幸いHさんはサーブの調子が悪かったことを
申し訳なく思って  くれていて
頼めばまた組んでくれそう  でした。

惨敗ではあったんですが
これからのダブルスが楽しくなりそうな
そんないい試合でした。

人気blogランキングへ 負けておいてなんですが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 22:06:49 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
鉄板!?!
いやはや、鉄板とは言ってませんが、、、(笑)
試合の記事は楽しいですよ!(書くほうもね^^)

>何故か1・2戦は逆で試していました

練習会では試合の最中でもサイドを交代するのもアリ!
もちろん相手チームへのお断りは必須ですが
でも本チャンで試すのは珍しいかも?

勝敗よりも、終わってみて『楽しかった』と思えたなら、
きっといいペアになっていきますねぇ(^_-)-☆

試合をジャンジャンこなして、ペアリングに磨きをかけてくださいな!
2009-09-21 月 00:36:17 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

>書くほうもね^^

そうなんですよ~
楽しいんですよ~、書いてて。

個人的なテニス日記には書いてたんですが
自分しか見ないから一言メモ的になっていて
あまりに一言すぎて
後になって読み返しても
全然思い出せなくなってたり・・・
 (意味ないですな)

その点、記事にすると
多少は体裁を気にするんで
きちんと思い出せますね。


>本チャンで試すのは珍しいかも

ホントに不思議なんですが
1戦目と2戦目は
なんとなく自分がフォア側に入っていたんです。

3戦目になってようやく
「サイド、どうしましょうか?」
って。

緊張してたのかなぁ?
2009-09-23 水 09:43:18 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。