■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
う~ん
通い始めたスクール内での
イベント的な団体戦に出ました。

同じクラスの方からお誘いを  いただき
せっかくの機会なので
参加させていただいちゃいました。

ありがたい  ことです。


どういう訳か所属しているクラスでは
そこそこ上手い人
という認知をされていたんです。私。

そんなメッキはこの日の試合で
完全に剥がれて  しまいました。

ある意味バブルとでも呼ぶべき状態だったので
早いうちに訂正していただいて
よかった  んですけど。



そんなことはともかく
この団体戦で思ったことがありまして。


ダブルス3試合で勝敗を決めるのですが
男ダブ・女ダブ・ミックスの指定は無く
チームに1人女性がいればいいという
規定があるだけでした。

しかしまぁ
これはいかがな  ものでしょう?


別にミックスはキライじゃないし
むしろ男ダブとは違った面白さを感じているのですが
こちらが男ダブでミックスや女ダブを相手にするのは
さすがにやりにくい。
 (逆ならまだしも)

こちらが男ダブなら相手も男ダブであってほしいし
こちらがミックスなら相手もミックスであってほしい。

単純に
1試合目は男ダブ、2試合目は女ダブ、3試合目はミックス
と決めてしまって
その上で重複参加を可能にすれば
1チームを最小で男性2名、女性2名で作れるし
試合も変に気を使わずにやれるだろうに。



そんなやりにくさとは別の話ですが
そういう規定だから
男性4人に女性1人というチームもありました。
みんなで和気あいあいとやっている所はいいんですが
女性1人が浮いて  しまっている所もあったんです。

その女性は
一日を通してムスっとしてプレーしているように見えましたし
 (元々そういう方なのかもしれませんが)
そんな彼女をチーム内でフォローしている様子も見られない。


試合である以上
内輪イベント的な試合であっても
勝ちを目指して  参加してほしい。
だから顔見知りに限定せず上手そうな人を寄せ集めたとしても
全く問題はない。

でもこのチームは
それ以前のもっと大切な何かを
見失っている  ように思えて仕方ないのです。


とりまとめた人の問題でもあるでしょうし
声をかけられただけとはいえ
参加した人にも問題があるように思えます。
チーム内でちょっと声をかけたりするのは
誰でもできますからね。
 (ここに同じクラスの人もいた  けど)

他チームのことながら
見ていて心が寒くなる感じがしました。



もちろんそこ以外のチームは
チームとして試合にのぞんでいたし。
全体的に見ると
内輪イベント的な暖かさ  がありました。


こういうのもたまにはいいものです。



・・・
  


えっ、ウチ?

そりゃ、まぁ
メッキが剥がれた  くらいですから
結果は察していただく  方向で・・・。

人気blogランキングへ でもみんなで楽しく真剣に戦ったんで、よかったらクリックをお願いします。



試合中、ペアや相手にボールを渡すときに
ゴルフのパターみたく  ラケットで転がしたり
声もかけず顔も見ずにポイっと投げる  人って
これまでにどういう環境でテニスをしてきたのでしょうか?

心の寒くなるチームにいたものすごく上手い男性が
一日を通してそんな感じだったんで
びっくりしました。

確かにものすごく上手かったけど全然尊敬できないし
 (威圧感を出したいのか、試合中もずっとムスっとしてました)
仮に一緒にテニスをする機会があったとしても
積極的にお断り  したいところです。
 (まぁ、私ごときが呼ばれることなんてない  でしょうけど)


対戦相手も含めて
一緒にプレーする人たちに
テニスの楽しさを伝えてこそ本物

テニスマスターT氏の
言葉の重みを再認識した次第です。


・・・


えっ、私?


そりゃ、一声かけてから
満面の笑み  で渡してますよ。

気持ち悪がられますが
何か?
スポンサーサイト
テニス・その他 | 09:35:00 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
変な大会ですねw
普通、同じ条件で対戦しないと意味にような・・・
男子ダブルスvs女子ダブルスなんてやりづらそう・・・
本気出して打ち込んでもダメ
負けたらもっとダメ

団体戦は、弱くても和気藹々なのがいいですよね☆
2009-09-23 水 22:35:26 | URL | 徹 [編集]
隣町に100歳大会というのがあって、年齢合計が男2人なら100歳以上、女Dは80歳以上、MIXは90歳以上、でエントリーできるの。トーナメントで、男Dvs女Dになったり、区別がないのです(~_~;)男Dなら50歳と50歳・・・まだまだパワフルでしょ!女Dなんてチョイチョイとやられてしまいます!あれこそ不都合な試合だと思う。

昔々、(主催者に勧められて)MIXの試合に女Dでエントリーしたことがありました。そのときはゲームごとに1ポイントのハンデをくれて、15-0からスタートでした。あっという間にSFまで勝ち進んで、、、そこからは、流石に強い男性にやられちゃった(笑)

団体戦って、ドローの組み合わせの駆け引きで勝敗が変わったりするでしょ?!相手の女性の人数やその前の試合に誰が出たか、休んでいたのは誰か、、、ドローに頭を使いますよね。。。それも楽しみの一つかなぁ!
2009-09-24 木 00:36:46 | URL | てにまま [編集]
*徹さま

そうなんですよ~。
本気を出さずに勝てるほど
飛びぬけた技量を持っている訳ではないので…。

でもウチのチームは和気あいあいとしてたから
まぁ、いいかな。


*てにままさま

100歳大会でも
男ダブ・女ダブ・ミックスの
種目分けは必要ですよねぇ。

>ドローの組み合わせの駆け引きで

ウチのチームは和気あいあいとしていたので
相手がどうこうよりも
バランスよくみんなが組めるように
それだけを考えていました。

楽しかったけど
コレじゃあ勝てる訳ないですな(笑)。
2009-09-27 日 19:52:57 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。