■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いたた
これからは
もっと自分から振っていかないといけない  なぁ
と思いまして
練習でブンブン振り回していたら
調子を崩し  ました。

仕方がないので
以前使っていたマル改RAVEを引っ張り出して
気分を変えています。


ピュアドラR (旧モデル) に比べると20グラムくらい軽いんで
頭の方にチト鉛テープを貼って
『振った感』を強めてみると
なかなかいい感じになりました。


ついでに調子の波が大きいサーブも
所属チームの大黒柱である超ハードヒッターS氏の監修で
フォームの改造に取り組んでいます。


どちらもそれなりに順調なんですが
どういう訳か
右手薬指の
第一関節の内側の皮
 (中指と接するほう)
が剥けて  しまいました。


普通、剥けるか  ねぇ。
こんな場所。


おまけに右手中指のど真ん中
ちょうど指紋の中心の円あたりの皮も
水ぶくれっぽくなって
今にも剥けそう  です。



ラケットを変えたせいなのか
フォームを変えたせいなのか
振り回すようになったせいなのか。

人気blogランキングへ 全くもって不思議なんですが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 23:21:55 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
豆ができたり、皮が剥けたり、って
たぶん握りすぎ・・・でしょ?!
『脱力』してインパクトだけ力を入れる、
でいいのに、
最初っから最後まで強く握っているのでは?

だから、
>調子を崩し
たんですよ(笑)

点で捕えず、線をイメージして、、、
ああ、洒落たこと言ってますm(__)m
どっかの受け売りですから、あしからずww


2009-10-15 木 00:09:22 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

あー。
握りすぎてます、基本的に。

でも今までもそうだったのに
なんで急になったのかしら?

まぁ、もう治ったからいいんですけど。

不思議です。
2009-10-17 土 19:39:28 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。